ヘアカラーの色見本ってなに?基本を知ってキレイになろう!

ヘアカラー色見本
Pocket

美容師さんに自分のイメージをきちんと伝えたはずなのに、染まった髪色がイメージと違う・・・

こんな経験ありませんか?

もちろん美容師さんは相談にのってくれて丁寧に説明してくれますが、なりたい髪色は自分で正確なイメージをもったうえで、きちんと伝えなければなれません。

カラーの基本を知れば、なりたい自分にもっと近づけます!

カラーの種類や見え方の特徴をつかんで、もっとキレイになっちゃいましょう!

 

1 色見本ってなんだろう?

ヘアカラーの色見本とは・・・

ヘアカラー色見本

ヘアサロンで美容師さんにヘアカラーの相談をすると持ってきてくれるあれです。いろんな色の毛束が貼ってある図鑑のようなもの。

色見本は、色の種類と明るさが一目でわかる一覧表です。

カラーの特徴が分かると美容師さんに伝えやすく、染めた後の色の変化のイメージもつきやすくなります。

「こんなはずじゃなかった・・・」がなくなるように、基本の色を理解してみましょう。

 

1-1 カラーバリエーション

カラーにもバリエーションがあります

まずは、代表的な色の種類を見てみましょう。

カラーバリエーションの写真は、全て左側が黒髪を染めたもの、右側が白髪を染めたものです。

 

1-1-1 ナチュラル

natural

「ブリーチだけ」に近いナチュラルは色味を入れず自然に明るくする色です。

ヘアカラーの色見本によっては、ナチュラルにもっと細かいカテゴリーがあったりと様々なバリエーションがあるのもナチュラルの特徴です。

ナチュラルはどんな人にも似合う自然な印象の髪色ですし、レベルによるバリエーションが幅広いので、自分に合ったものが見つけやすいカラーです。

 

1-1-2 アッシュ

ash

アッシュとは、グレーまたはグレーかかった色味のことを指す明るめの色です。

日本人の髪は赤味が多いと言われているのですが、アッシュは赤味を抑える効果があり、アッシュを混ぜることで色素が薄く見えて外国人のような雰囲気を出せます。

>>こちらの記事がオススメ:見た目年齢-10歳を実現!?その理由と白髪カラー厳選4色

 

1-1-3 マット

mat

マットとは、本来光沢を出さないことを挿しますが、ヘアカラーではグリーンがかった色味全体も当てはまります。

髪の持つ赤みを消すためにグリーンが入っており、色の種類としては暗めな部類に入ります。

 

1-1-4 ベージュ

beige

明るい茶色を指しますが、髪の色味を押さえるために少し青色が入っています。

 

1-1-5 カッパー

kappa

カッパ―は、銅のような赤味を前に押し出すように赤を多めに入れた目を引くブラウンです。

赤味が多い日本人の髪にはカッパーは定着しやすく、退色がしにくい色です。

さらに、カッパーの赤銅色は髪にツヤを出す色なので、顔の色が白く見える効果もあります。

 

1-1-6 ピンク

pink

ブラウンに薄くピンクが入っていて、ふんわりとしたやさしい髪質が作れます。

 

1-2 レベル(トーン) 髪の明るさ

トーンで色味が違って見えます

出典:http://blog.m-ssk-colorlist.main.jp/?day=20150312

レベルとは明るさを示す数値です。数字が小さいほど暗くなり、数字が大きくなるほど明るくなります。

「レベル」と「トーン」では、厳密には意味が違いますが一般的に同じ意味の使われ方をしています。

レベルは、1レベルから20レベルまであります。日本人の黒髪の平均レベルは4~5レベルですから、日本人の髪の場合は5~15レベルまであれば、ほぼ対応できます。

Level scale

出典:http://ameblo.jp/hanamori-sofia/entry-11952752437.html

●4~5レベル

日本人の平均レベル数

●9レベル

このあたりから赤みが出てきます

●11レベル

11レベルを超えると赤みがオレンジ気味になります。

●11~12レベル

かなり明るめの色になります。

ベージュ系やアッシュ系などで透明感を出したい方におすすめです。

●13レベル~

13レベルを超えると、ヘアカラーで出せる最大の明るさに近づいていきます。

とにかく明るくしたい方や外国人風の髪色にしたい方に好まれるようです。

 

2 色見本どおりの髪色にならないのはなぜ?

室内で見たときと室外で見たときで髪色が違うと思ったことはないですか?

光の種類や、その他にもさまざまな要因で染まり方や見え方が違ってきます。

 

2-1 髪質

髪の質感は人それぞれです。髪の色を同じレベルに染めたとしても、髪の毛が細い人の方が太い人よりも明らかに明るく見えます。

髪質がやわらかい人と固い人でも、浸透しやすさが違うのでやわらかい髪質の人の方が明るくなります。

後姿

出典:http://www.womannews.jp/beauty_fashion/22084/

 

2-2 光

光の種類によっても見え方が違います。

1日のうち、どの光の下に長くいるか、どんな時にキレイに見えたいかを考えても良いですね。

 

2-2-1 蛍光灯

蛍光灯

蛍光灯だとグリーンの成分が多いので、赤みが抑えられます。

蛍光灯の光の下に長い時間いる方へのおすすめは、寒色系のカラーやマッシュ、マットなどです。髪の質感が引き立って見えます。

2-2-2 自然光

オフィス屋外

太陽の光の下では比較的イメージ通りの色に見えます。ただし室内よりも明るく見えるため、派手に映ることもあります。

自然光は強い日差しで髪色を明るく見せます。

昼間の自然光は均一な全波長を含む光なので最もイメージ通りの髪色に見えるでしょう。

2-2-3 白熱灯

白熱灯

カフェなど落ち着いた雰囲気の場所は白熱灯のような温かい光を使用している場所が多いですね。

白熱灯は黄色の成分が多い光なので赤味が強くなり暖色の色味がよく見えます。

蛍光灯よりも自然光に近い状態で髪色が見えますが、黄色加減によっては赤味がより強調されることもあります。

 

 

3 自分に似合うヘアカラーの探し方

チューリップ

無難な茶色や雑誌のモデルの髪色に染めてしまっていませんか?

髪の毛は顔に一番近いところにあるので、見た目の印象に大きな影響を与えます。

本当に自分に似合うカラーを探してみましょう。

 

3-1 自分のパーソナルカラーを知る

パーソナルカラーの追加

出典:http://www.felice-color.com/what_personal/what_personal.shtml

パーソナルカラーとは、あなたの眼や肌、唇の色などを引き立てる色です。

イエローベースかブルーベースか、ソフトな印象かハードな印象かで春・夏・秋・冬の4つのカラータイプに分類されます。

 

3-1-1 春

パーソナルカラー 春

出典:http://www.kakimoto-arms.com/haircolor/personal_color/spring.html

・肌の色 クリーム系で透明感のある肌の人が多い。

・目の色 瞳が明るい茶色できらきらしたガラス玉のような印象の人が多い。

・イメージ 華やか。軽快で親しみやすい。柔らかい。

・似合う色 イエローベースの色・はっきりとした暖色・透明感のある色

・ヘアカラー 明るめでクリアな色味のヘアカラー。サーモンピンク・ゴールドブラウン・オリーブブラウン・チェスナットブラウン。

 

3-1-2 夏

パーソナルカラー 夏

出典:http://www.kakimoto-arms.com/haircolor/personal_color/summer.html

・肌の色 色白で頬にピンク系の赤みをもつ人が多い。

・目の色 こげ茶でソフトな印象。白目と黒目のコントラストは弱く、やわらかい印象。

・イメージ エレガント。優しくソフトな感じ。

・似合う色 ブルーベースの色・明るいパステルカラー・グレイッシュで上品な色。

・ヘアカラー 明るめでソフトな印象のヘアカラー。ピンクベージュ・ラベンダー・ローズブラウン・ライトアッシュブラウン。

 

 

3-1-3 秋

パーソナルカラー 秋

出典:http://www.kakimoto-arms.com/haircolor/personal_color/autmun.html

・肌の色 オークル系でマットな感じの肌。

・目の色 茶とグリーンが混ざったような深い色の瞳が特徴。

・イメージ 洗練された理知的な印象。落ち着いた印象。

・似合う色 ゴールドベースの色・深みのある色や彩度の低い色。

・ヘアカラー 深みのある落ち着いた色味のヘアカラー。マットブラウン・カッパーブラウン・マロンブラウン・チョコレートブラウン。

 

3-1-4 冬

パーソナルカラー 冬

出典:http://www.kakimoto-arms.com/haircolor/personal_color/winter.html

・肌の色 ピンク系〜オークル系まで幅広い。

・目の色 瞳が黒くコントラストが強い。

・イメージ きりりとしたドラマティックな印象。クール、おしゃれな印象。

・似合う色 ブルーベースの色。はっきりした鮮やかな色。

・ヘアカラー コントラストの強いカラーなど個性的なヘアカラー。パープル・ワインレッド・バイオレット・アッシュブラウン。

 

4 新社会人必見!職場で許されるヘアカラー

レベルで印象が違います

出典:http://haircolor.asia

日本人の黒髪の平均レベルは4~5レベルですが、もともと明るい髪質の方なら6レベルくらいの黒髪の人は日本人にもいます。

ヘアカラーの基準は企業によって違いますが、大まかにまとめると企業に所属している方は8レベルまでに留めた方が良いようです。

 

4-1 6レベルを採用基準にしている企業

6

6レベルはカラーをしているのか、していないのかわからないくらいの明るさです。

6レベルを採用基準にしている企業では、よほど地毛が黒い人でなければ、ヘアカラーはあきらめたほうが良いかもしれません。

・6レベルを採用基準にしている企業 : 金融関係や航空会社などの「安心、安全、信頼」などのイメージを重視している企業など

髪色で安心を与えます

出典:http://tabizine.jp/2016/01/05/53016/

 

4-2 7レベルを採用基準にしている企業

7

7レベルはカラーをしているのはわかりますが、かなりナチュラルな明るさで、華やかさや派手さはありません。しかしその分上品で、どの年代からも好感を持たれます。

・7レベルを採用基準にしている企業 : ホテル業界、病院など人と接することが多い企業など

病院などでこのトーンです

 

4-3 8レベルを採用基準にしている企業

8

8レベルは7レベルに比べると上品さは薄まりますが、華やかさや明るさのイメージが強まります。

・8レベルを採用基準にしている企業 : デパートなどの接客業、大手通信会社など

明るい印象になります

出典:http://blog.kitamura.jp/23/4757/2013/05/4359221.html

 

5 まとめ

ヘアカラーの特徴を分かっていると、より具体的にイメージしやすくなると思います。

雑誌の切り抜きを持ってヘアサロンに行っても、美容師さんはあなたの会社がどのレベルまで受け入れるか分かりません。

「室内では大丈夫だったけれど、日が差したらすごく派手に見えてしまった!」なんて失敗は心配しなくてもよくなりますね。

ヘアカラーの基本を知っていれば、髪色も自由自在です!

Pocket

関連する記事

ヘアカラーの色見本ってなに?基本を知ってキレイになろう!

ヘアカラーの色見本ってなに?基本を知ってキレイになろう!

2,323 views

コスパも最強!おウチでヘアカラー市販品ランキングベスト5

コスパも最強!おウチでヘアカラー市販品ランキングベスト5

1,034 views

人気のヘアカラーを大調査!「あなたに似合う」カラーとは?

人気のヘアカラーを大調査!「あなたに似合う」カラーとは?

535 views

髪おもいの脱色をしよう!~脱色前の心得と脱色後ケア方法~

髪おもいの脱色をしよう!~脱色前の心得と脱色後ケア方法~

204 views

悩んでいるあなたにオススメしたいヘアカラーランキング

悩んでいるあなたにオススメしたいヘアカラーランキング

195 views

SNSでもご購読できます。