知って得する!白髪染めとヘアカラーの違いとは?

DI_IMG_5788_TP_V
Pocket

白髪が生え始めたけど白髪染めとヘアカラー、どちらを使えばいいのかなと思ったことはありませんか?

今回は白髪染めとヘアカラーの違いから切り替えのタイミング、白髪染めの種類など細かくご紹介いたします。

髪染めの違いをおさえて、白髪に負けない綺麗な髪を手に入れましょう。

 

1 白髪染めとヘアカラーの違い 

スーパーやドラッグストアなどで見かけるカラーリング剤。白髪染め用とヘアカラー用に分かれていますよね。どちらも同じ髪を染めるものですが、多分ほとんどの人がその違いについて知らないと思います。

白髪染めとヘアカラーは一体何が違うのでしょうか?違いを知って自分に合ったものを使っていきましょう。

1-1 白髪染め

メリット

・白髪に対して強い染毛力がある

・黒髪にも色味が入るため白髪を染めても違和感が出にくい

デメリット

・薬剤によっては繰り返し使うためヘアカラーより髪が傷むことがある

 

白髪染めもヘアカラーの一種です。そのため、基本となる成分自体はヘアカラー用のものと同じです。

しかし白髪を染めるために作られている白髪染めと黒髪を染めるために作られているヘアカラーは別のものと考えたほうがいいです。なぜならどちらも同じ髪の毛を染めるものですが、白髪と黒髪を染めるのでは髪の毛を染める仕組みが違うためです。

白髪染めは色素のない白髪にも色を付けるため、白髪に対して色を入れる染色の薬剤が多く含まれています。また白髪に色を入れて目立たなくすることができるだけではなく、黒いままの髪の毛にも同じ色味を入れることができるので違和感のない自然な見た目にすることができるのです。

白髪染めもヘアカラーと同様に頭皮や髪の毛にも負担をかけてしまいます。一時中断ができる黒髪用のヘアカラーと違って白髪染めの場合、白髪を目立たせないようにするため繰り返し使用するので、その点、ヘアカラーよりも髪が傷みやすいと言えるかもしれません。

1-2 ヘアカラー (オシャレ染め)

メリット

・白髪染めより色の種類が多い

・脱色剤が多いものは明るく染まる

デメリット

・白髪に対して染毛力が弱い

・明るい色ほど髪が傷む

 

ヘアカラーは黒髪用のため、明るい色にするほど脱色を行うブリーチ剤が多く含まれております。髪の表面のキューティクルを開いて色を抜いた後、髪の内部に染料を入れていきます。

髪の色素を分解して染色を行うため発色が良く、色も落ちにくいのが特徴です。髪色は約1~3ヶ月持続するといわれています。より明るい色に染めようとするほどブリーチ力が強くなり、その分髪へのダメージも大きくなっていきます。

一方で白髪染めにくらべ、様々な色味を選ぶことができるのも特徴です。

オシャレ染めとは白髪染めと対比して言われる言葉です。以前は、白髪染めは暗い色しかなかったので白髪を隠すのではなくオシャレで染めることを、オシャレ染めと呼んでいました。

現在では白髪を明るく染めることもできるようになり、オシャレ染めと白髪染めの差があまりなくなってきているので、一般的にはあまり使われなくなりました。しかし、カラー薬剤は今でも白髪染めとオシャレ染めがあり、仕上がりの色が同じ明るさだとしても白髪が染まるものと染まらないものとに分かれています。

オシャレ染め

出典:http://www.meros.co.jp/index.html

2 切り替えのタイミングは?

違いは分かったけど、結局どちらにすればいいのでしょうか?それはあなた自身の髪の状態によって違ってきます。次は一般的に切り替えるタイミングについてご紹介したいと思います。

2-1 全体の30%が白髪になったら

白髪率

出典:http://orange.ap.teacup.com/quattrohair/3195.html

白髪の割合が30%だとしても、全体の見た目では白髪が多く見えてしまうのです。美容室でも白髪の割合が30%になると白髪染めの薬剤に切り替えるようです。

2-2 10%未満なら明るくして誤魔化す

もし白髪の割合が10%未満であれば、通常のヘアカラーの中で明るい色を選び、白髪を目立たせなくすることをおすすめします。なぜ目立たなくさせるのかというと、金髪の人に白髪が生えていても分かりにくいのと同じで、黒の中に白が混じるよりも明るい茶色の中に白が混じる方が目立ないのです。ただし白髪染めで気に入った色がある、またはしっかり染めて隠したいとお考えの方は早めに白髪染めに切り替えても構わないと思います。

2-3 髪をかきあげて白いところが多くなったら

髪をかきあげて

出典:http://ameblo.jp/kanzakimegumi/entry-11788339326.html

ヘアカラーでは染まりきらないので白髪染めを選んでいただきたいです。外側だけではなく内側にも白髪が目立つ場合、ヘアカラーで染めても白髪だけ浮いてしまい違和感が出てきてしまいます。ぜひ白髪染めに切り替えましょう。

2-4 数本なら根元から切る

目に見える範囲に数本の場合は全体を染めてしまうよりも白髪を根元から切ることをおすすめします。頭皮のトラブルにつながるため、抜くのは絶対にNGです。ピンポイントで白髪を切ってしまいましょう。

3 白髪染めの種類について

白髪染めに変えようと思っても白髪染めには様々な種類があるので、どれにすればよいのか困りますよね。そこで白髪染めの種類についてご紹介させていただきます。

3-1 クリームタイプ

クリームタイプ

出典:http://merry5656.blog.so-net.ne.jp/2012-10-29

クリームタイプの白髪染めは小分けができ、部分染めに適しています。液ダレしにくく、狙った部分に塗りやすいので、伸びてきた根元の白髪や気になる部分の白髪をしっかり染めたい方におすすめです。

3-2 乳液・ジェルタイプ

素早くなじむ乳液・液状ジェルタイプの白髪染めは髪全体にのばしやすいのでスピーディーに塗ることができます。全体的に白髪のある方や黒髪に隠れた白髪までムラなく染めたい方におすすめです。

3-3 泡タイプ

泡タイプ

出典:http://shiraga-beauty.seesaa.net/

泡タイプ、別名フォームタイプの白髪染めはスタイリング剤感覚で髪に塗りやすいその手軽さが魅力です。ムラになることもなく、目で確認しづらい後頭部や生え際もきれいに仕上げることができます。

3-4 粉末タイプ

粉末タイプの白髪染めは水に溶くだけで簡単に使うことができます。アンモニアを使わないので、ヘアカラー特有のツンとしたニオイがありません。また、小分けが可能で、部分染め・全体染めのどちらも使用できます。

3-5 ヘアマニキュア

ヘアマニキュアはヘアカラーのように髪の毛の色素を脱色して白髪を内部から染めるのではなく、表面に染料を浸透させることで染めていきます。髪表面に染料を付着させるため、髪内部へのダメージはありません。色が落ちるまで2~3週間とヘアカラーほどの持続性はありませんが、自然な色に仕上がりで、パッチテストも必要ありません。

3-6 カラートリートメント

トリートメント

出典:http://beauty-professionals.net/2966.html

普段のトリートメント感覚で使用できるのが特徴です。トリートメント成分と一緒に染料が入っているので、傷んだ髪のダメージを和らげながら優しく白髪を染めることができます。しかし、ヘアカラーやヘアマニキュアより染める力が弱いので、数回使い続けて徐々に染めていきます。髪や頭皮に優しく白髪を染めたい、自然に染めていきたいという方にはおすすめです。

4 おすすめの白髪染めカラートリートメント3選

最近、白髪染めの中でも注目を集めているはトリートメントタイプの白髪染めです。ネットショッピングの上位にはヘアカラートリートメントがよく入っていますよね。やはり白髪は抑えつつも、髪のダメージが気になる方は多いみたいです。では、そんな人気のカラートリートメントの中からおすすめ商品をご紹介いたします。

4-1 フラガール カラートリートメント リッチ

フラガールカラートリートメントリッチ

出典:http://www.cosme.net/product/product_id/10091941/top

フラガール カラートリートメント リッチは、とんがりチューブで気になる生え際の白髪に直接アプローチできる白髪ケア商品です。チューブとコームが立てられる付属のスタンドホルダーがついてくるため、汚れにくくて使いやすいです。徐々に白髪を染めながら、加水分解コンキオリン(真珠成分)、シア脂、マカデミアナッツ油などの成分が髪をしっとりまとまりやすくしてくれます。他にもリンゴ果実培養細胞エキス、レイシ柄エキス、メントール、バニリルブチル、ショウガ根エキスなど頭皮の血行を良くする成分が含まれています。使ってみると天然のアロマの香りで癒されます。

内容量:170g
定価:3,456円(税込)
商品の販売サイトはこちら

 

4-2 レフィーネ ヘッドスパ トリートメントカラー

レフィーネヘッドスパトリートメントカラー

出典:http://www.cosme.net/product/product_id/10103053/top

白髪染めにヘッドスパとしての効果がプラスされているのが魅力です。レフィーネ ヘッドスパ トリートメントカラーには、加水分解ケラチン・加水分解コラーゲン成分が新しく配合され、髪の補修効果が期待できます。ヘッドスパと名前に付くだけに、ムラサキ根エキス、ウコン根茎エキス、メントール、センブリエキス、オタネニンジン根エキスなどの育毛成分は多めに含まれているのも特徴です。染めながらハリ・コシのある髪と清浄な頭皮をつくっていきます。ポンプにレフィルを入れるタイプのため経済的で使いやすいのが特徴です。

内容量:300g
定価:3,600円(税込)
商品の販売サイトはこちら

 

4-3 LPLP(ルプルプ)ヘアカラートリートメント

ルプルプ

出典:http://www.cosme.net/product/product_id/10034681/top

ルプルプの最大の特徴はガゴメ昆布から採れる特殊なフコイダンを配合しているところです。手荒れが治るほどの優れた保湿力をもつガゴメ昆布のフコイダンは、免疫力の向上・育毛効果など今話題の成分です。フコイダンだけではなく尿素、クチナシ果実エキス、ヒアルロン酸Naなど保湿成分が多く含まれています。また髪だけではなく頭皮もしっとりと潤います。さらに無添加・低アルコールなので、素手でも白髪染めすることができます。白髪染めに見えないシンプルでオシャレなパッケージでお風呂場にあっても違和感がありません。

内容量:200g
定価:3,240円(税込)
商品の販売サイトはこちら

 

5 白髪染めの色ってどんなものがある?

最近では白髪染めの色も様々なバリエーションが出てきました。人気の色にはどのようなものがあるのでしょうか?

白髪染めバリエーション

出典:http://store.shopping.yahoo.co.jp/bisousinka/ford-lc-n-150.html

 

5-1 ブラウン系

ブラウン

ブラウン系は品のある落ち着いた感じに染まります。定番はダークブラウンです。地味になりがちな黒髪と派手になりがちな明るい色の間のちょうどよいバランスの色が人気みたいです。ナチュラルさを保ちつつ、健康的であか抜けた感じがでます。明るめのブラウンも人気で、明るく軽やかな印象になります。

5-2 ブラック

ブラック

ブラックは肌の色と髪の毛の色のコントラストがはっきりしているため肌の美しさを際立ててくれます。黒髪はナチュラル感・艶感があります。そして日本人本来の自然な色があっているからという意見もあり、その点から清楚なイメージも強いです。

5-3 ピンク系

ピンク

ピンク系のカラーは、やわらかな女性らしい印象になります。肌本来の健康的な赤味を強調して、血色をよく見せてくれるので肌も艶のあるきれいな肌に見せてくれます。ピンク系カラーは美肌効果だけでなく、髪のツヤ感を出やすいため髪も綺麗に見えます。

5-4 アッシュ系

アッシュ

日本人の髪は、もともと赤やオレンジ味のブラウンの色素をもっているため、赤やオレンジ味を打ち消すために補色の関係にある青や青紫系の色素が必要になります。そのため日本ではアッシュ系のカラーは青や青紫の色素を持つカラー剤のことを指しています。

アッシュ系のカラーにすると透明感が出て、爽やかでクールな印象になります。髪の毛に透明感をもたせることで、顔全体にも透明感があるように見えるので赤ら顔の人におすすめです。

色の選び方について詳しく知りたい人はこちら↓

「ヘアカラーの色見本ってなに?基本を知ってキレイになろう!」

 

6 まとめ

白髪染めとヘアカラーの違い、切り替えのタイミング、白髪染めの種類などご紹介しました。

悩んでいた方は、参考になりましたでしょうか?やはり一番は違いを知って自分に合ったものを選ぶことです。自分に合った髪染めでキレイを目指しましょう!!

 

Pocket

関連する記事

ヘアカラーの色見本ってなに?基本を知ってキレイになろう!

ヘアカラーの色見本ってなに?基本を知ってキレイになろう!

2,674 views

コスパも最強!おウチでヘアカラー市販品ランキングベスト5

コスパも最強!おウチでヘアカラー市販品ランキングベスト5

1,189 views

人気のヘアカラーを大調査!「あなたに似合う」カラーとは?

人気のヘアカラーを大調査!「あなたに似合う」カラーとは?

603 views

悩んでいるあなたにオススメしたいヘアカラーランキング

悩んでいるあなたにオススメしたいヘアカラーランキング

228 views

市販でも傷まない!髪を傷めずキレイに染めるコツ教えます

市販でも傷まない!髪を傷めずキレイに染めるコツ教えます

228 views

SNSでもご購読できます。