白髪よ、止まれ!シャンプーで頭皮環境を改善すべし!

img01-300x200
Pocket

「いつか白髪が生えてくるのは、当たり前」「白髪が生えたら、もう止められない」

自分の白髪頭、諦めてしまっていませんか?

出始める年齢や原因は、人それぞれですが、日頃の行いでも改善できること、ご存知ですか?

頭皮と白髪の関係を理解して、日々の生活を振り返ってみてください!

今日から実行、明日から改善!

1 白髪と頭皮の関係

1-1 髪の毛は、頭皮が支えているのだ!

頭皮

まずは、「髪の毛」というものを、理解しましょう。

髪の毛の主な主成分はタンパク質です。

毛根の毛細血管から運ばれてきた栄養素を元に、髪の毛は成長します。

そして、髪の毛には寿命があり、男性は2~6年女性は4~6年のサイクルで生え変わります。

このヘアサイクルを支えているのが、頭皮です。

頭皮は、皮膚の一部ですが、他の部位に比べて、大変デリケートな造りになっています。

どんなに髪の毛をケアしても、頭皮が充分に支えてあげないと、髪の毛は維持できません。

頭皮の健全なくして、髪の毛がヘアサイクルを全うすることは出来ません。

健全な髪の毛を保つためには、頭皮ケアが必須となります。

1-2 白髪は、頭皮の不健康が原因なのだ!

白髪

白髪を語る上で外せないのが、「メラノサイト」と「メラニン色素」の2つです。

髪の毛は、メラノサイトがメラニン色素を生成することで、色が付きます。

しかしメラノサイトは、頭皮が不健康だと、その活動が衰えてしまいます。

メラノサイトが機能しないという事は、メラニン色素が生成されず、結果、白髪となってしまいます。

頭皮の不健康とは、ずばり血行不良です。

髪の毛は、頭皮の毛細血管から栄養素を摂取し、成長します。

メラノサイトもまた、栄養素を元にメラニン色素を生成します。

頭皮の血行を良くすることが、白髪を防ぐための第一歩なのです。

1-3 頭皮の不健康は、身体の不健康なのだ!

不健康

頭皮の健康は、日常生活によって保たれています。

第一に、髪の毛とメラノサイトに上質な栄養素を届けるためには、食事が大切です。

偏った食事や、塩分過多な外食糖分の過剰摂取は、血液の質を落とす原因であり、結果白髪や抜け毛などのトラブルに繋がります。

また、先に述べた血行不良は、運動不足体の冷えなどによって引き起こされます。

睡眠不足過度なストレスも、頭皮に負担が掛かり、血行不良の原因と言われています。

頭皮も身体の一部だという事を、忘れないでください。

白髪を防ぐためには、心身の健康を心がけましょう。

 

2 頭皮とシャンプーの関係

2-1 髪の毛の汚れは、お湯で落とせるのだ!

お湯

髪の毛の汚れは、ホコリなど、外から影響を受けるものが主です。

この汚れは、お湯で簡単に落とすことが出来ます。

シャンプーの洗浄機能は、お湯では落とし切れないものに取っておきたいですよね。

効率よく洗髪するためには、効率よく汚れを落とすことが大切です。

2-2 頭皮汚れの洗い残しは、白髪の元だ!

頭皮汚れ

頭皮の血行不良は、白髪の原因になることは、先に述べました。

頭皮の血流が悪くなると、栄養が行き渡らなくなり、メラノサイトの機能が低下するからです。

運動不足や睡眠不足のほかにも、頭皮の血行不良を引き起こす原因があります。

それが、頭皮汚れの洗い残しです。

毛穴に汚れが詰まった状態が続くと、古い皮脂汚れが残ってしまいます。

頭皮に皮脂汚れが残ることは、頭皮の新陳代謝を阻害することになります。

それが血流を悪くし、メラノサイトの機能低下・白髪へと繋がっているのです。

2-3 シャンプーの洗い残しは、頭皮トラブルの元だ!

洗い残し

皮脂汚れは、わりとポピュラーなキーワードであり、多くの人が気に掛ける事でもあります。

それに特化したシャンプーも多く販売されています。

しかしどんなに良いシャンプーで皮脂汚れを徹底的に落とそうとも、そのシャンプーが徹底的に洗い流されなければ、頭皮にとっては無意味です。

皮脂汚れでなくても、毛穴にシャンプーが残れば毛穴が詰まる原因となります。

それによって引き起こされる頭皮トラブルは、様々です。

フケや痒みは、頭皮トラブルの代表格と言えるでしょう。

また、残ったシャンプーと汗や皮脂が混ざって、ニオイの元となることもあります。

シャンプーはすすぎが要と心得ましょう。

2-4 頭皮トラブルは、シャンプーで解決できるのだ!

2-4-1 CA101シャンプー

CA101シャンプー

出典:https://www.ca101.net/

260ml ¥2,800(税抜)
500mlリフィル ¥4,500(税抜)
送料 ¥5,000(税抜)以上購入で無料
定期販売 なし
その他特典 会員限定クーポン/会員ランク別割引/メルマガ

多くの女性が抱えている、「薄毛」「抜け毛」「ボリューム」の悩み。

これらを、毎日の髪&頭皮ケアでサポートしてくれます。

泥や炭などの天然成分と、特許取得の液体酵素が頭皮の汚れと古い角質を取り除きます。

また、36種類の植物エキスが、頭皮に潤いを与えてくれます。

購入はこちら ⇒ https://www.ca101.net/haircare/shampoo/

2-4-2 ウーマシャンプー プレミアム

ウーマシャンプー プレミアム

出典:http://www.u-ma.co.jp/

300ml ¥3,800(税抜)
700mlリフィル ¥7,400(税抜)
送料 ¥5,000(税抜)以上購入で無料
定期販売 なし
その他特典 返金保証

生活習慣や食生活の乱れ、ストレスは、頭皮に悪影響を及ぼします。

この悪環境を解決してくれるのが、このシャンプーです。

頭皮がベタベタする方や、フケ・痒みが気になる方におススメです。

購入はこちら ⇒ http://cart.u-ma.co.jp/category/30

2-4-3 haru 黒髪スカルププロ

haru 黒髪スカルププロ

出典:http://www.haru-shop.jp/

400ml ¥3,600(税抜)
3本セット ¥8,100(税抜)
送料 初回無料
定期販売 あり
その他特典 返金保証/初回限定プレゼント付

「抜け毛」「薄毛」だけでなく「白髪」にも効果を発揮するのが、このシャンプー。

ヘマチンという成分が、メラノサイトとメラニン色素にアプローチ。

白髪の原因となるメラノサイトの機能が衰えるのを防いでくれます。

また、コンディショナー・トリートメントいらずな、オールインワンタイプです。

購入はこちら ⇒ http://www.haru-shop.jp/

 

3 頭皮のためのシャンプー方法

3-1 ブラッシング

ブラッシング

髪を濡らす前に、丁寧に髪をとかしましょう。

これは、髪の毛に付いたホコリを落としたり、頭皮の皮脂汚れを浮かせる役目があります。

毛穴に付着した皮脂汚れは、自分の手によるマッサージだけでは簡単には落とせません。

シャンプーの時に汚れを落としやすくするために、下準備が大切です。

ポイントは、「髪を濡らす前」です。

髪を濡らした後は、汚れが頭皮と髪の毛にくっついてしまい、取れにくくなってしまいます。

3-2 予洗い

最初の予洗いで、髪の毛の汚れは十分に落とすことが出来ます。

充分な時間を確保しましょう。目安は「2分~3分」です。

また、髪の毛ばかりに気を取られ、頭皮が乾いたままになってしまう点が、よくある失敗です。

頭皮の皮膚は、他の部位に比べて薄いので、38℃前後のぬるめのお湯がおすすめです。

ブラッシングで浮かせた皮脂汚れを浮かせるようなイメージで洗うことが大切です。

シャンプーがより効果を発揮できるよう、頭皮を十分に濡らしておきましょう。

3-3 シャンプー

シャンプー

シャンプーをする上でのポイントは「」と「マッサージ」です。

洗浄力の強弱に関わらず、シャンプーの原液は、頭皮にとっては刺激的なものです。

その刺激を少しでも和らげるためには、必ず泡立ててから頭皮に付けることが大切です。

また泡の方が、皮脂汚れと絡みやすく、効率よく洗うことが出来ます。

そして白髪対策の血行促進のためには、マッサージが非常に有効です。

頭皮を動かすようなイメージ指の腹を使ってマッサージしましょう。

汚れを取ろうと必死になると、爪を立ててしまう場合がありますが、絶対NGです!

頭皮が傷つき、炎症を起こしたり、更なる痒みやフケに繋がってしまいます。

3-4 すすぎ

頭皮トラブルは、すすぎが原因となっていることが多いと言われています。

皮脂汚れの洗い残しはありませんか?シャンプーの洗い残しはありませんか?

この2つを念頭に、すすぎの時間は2分~3分は確保してください。

少しキシキシするくらいがちょうど良いです。

予洗い・シャンプー・すすぎで約10分が目安です。

3-5 ドライヤー

ae955cf6796fc4390c7c77dae8b2e9de_s

頭皮は髪の毛で覆われているため、他の皮膚に比べて乾きにくい場所です。

ゆえに、乾かしたつもりになっていることがよくあります。

生乾きのまま放置していると、雑菌が繁殖し、炎症やニオイの元となります。

髪の毛も大切ですが、頭皮をしっかり乾かすようにドライヤーをしましょう。

ドライヤーの使用上の注意点は、「近づけ過ぎない」ことです。

頭皮は、他の部位に比べて熱に弱いので、火傷に注意です。

 

4 白髪が染まるシャンプー

どんなに頭皮環境を整える努力をしても、いつかは生えてくる白髪。

白髪の染め方は様々ですが、ここではシャンプーをいくつか紹介します。

白髪ケアと頭皮ケアが一度に出来てしまう、一石二鳥な商品です。

4-1 黒染シャンプー

黒染シャンプー

出典:https://www.amazon.co.jp/

200ml ¥934(税抜)
500ml ¥2,000(税抜)
送料 ¥5,000(税抜)以上購入で無料
定期販売 なし
その他特典 500mlリフィルあり

植物由来エキスと毛髪に優しいイオン性の色素を配合してます。

白髪を傷めずに汚れを落とし、髪を染めやすい状態に整えるヘアシャンプーです。

継続のご使用で、少しずつ自然な黒髪に染まっていきます。

当方40代前半の男です。勤務先で写真撮影が有り、出来上がった自分の写真を見て白髪の多さに愕然として購入を決意。これのヘアパック黒染ヘアパック500mlを一緒に購入して使い始めると1週間くらいで目に見えて効果が現れました。染まり方も普通の白髪染めのようにいかにも「染めました」って感じでは無く自然に白髪が少なくなっていくような感じで良いです。ですからもみあげ付近やその他の場所に少し染まりきっていない毛が確認できますがそれもまた自然な感じです。職場の人に確認してみたところ全員が私の頭を見て効果絶大と太鼓判を押してくれました。毎日シャンプーとヘアパックをして1ヶ月プラス何日かで1本使い切りますので1ヶ月の経費で4千円台です。それに毎日やるので髪が伸びてきても生え際が気になることも無いので本当に自然な黒髪となります。行きつけの床屋さんも「良い感じだね!」と言っていました。  出典:https://www.amazon.co.jp/

購入はこちら ⇒ http://www.kurobara.co.jp/shop/products/list?category_id=36

4-2 螺髪輝シャンプー

螺髪輝シャンプー

出典:https://www.amazon.co.jp/

350ml ¥2,000(税抜)
送料 要問合せ
定期販売 なし
その他特典

天然色素ヘマテイン&ヘナを配合し、より着実に白髪にアプローチしていきます。

頭皮と髪をいたわりながら清潔にし、徐々に違和感なく色づきます。

天然色素ですので、頭皮の敏感な方も気にせずご使用頂けます。

某有名メーカーのカラーシャンプー(ブラック)を同じメーカーのカラートリートメントと併用しながら使用していましたが、いかんせん値段が高すぎるので、シャンプーだけでも毎日使うものなのでとこちらの商品を試してみることにし購入しました。某メーカーのシャンプーを使っているよりも黒色が増して、特に染まりにくい生え際など、満足のいく仕上がりです。当分カラートリートメントには気を遣わなくていいかも。洗った後は濡れている状態で髪はサラサラ、乾かすとふんわりとしたボリューム感があり、某メーカーのシャンプーは使った後、例えて言えば髪の毛に「塗装」がされたような感覚がありましたが、こちらのシャンプーは全くそういう違和感はありません。  出典:https://www.amazon.co.jp/

購入はこちら ⇒ http://www.nearm.com/nearm/hair_care/goods001.html

4-3 利尻 カラーシャンプー

利尻カラーシャンプー

出典:https://www.amazon.co.jp/

200ml ¥3,500(税抜)
2本セット ¥5,000(税抜)
送料 初回限定無料
定期販売 なし
その他特典 初回限定¥1,000(税抜)割引/2本セット購入でプレゼント付

北海道・利尻の昆布を原材料に使った、無添加の白髪染めです。

原材料だけでなく、水にもこだわって作られた、髪と頭皮に優しい白髪染めシャンプーです。

ブラック・ダークブラウン・ライトブラウンの3色展開で、自分の髪色に合わせることが可能です。

レビューを熟読して、、購入しました。過去市販の一般のものを数回使いましたが、肌荒れなどを警戒して、乗り換えです。現在2本目です。染まり具合は多くの方が書かれているように、それなりと思います。また、根本までは難しいのでカットに行って短くなると白さが際立ちますので、トリートメントを併用する方がよいかも知れません。ただ、日常ずっとトリートメントを使っている時間もあまりないので、そういった意味では助かります。爪が黒くなることについては手袋を使っていましたが、手袋をやめてみると、そんなに気を使う程度でもなかったのかもと感じました。シャンプーとしては悪くないと思いますし、使い心地も満足しています。今後も使ってゆこうと思います。  出典:https://www.amazon.co.jp/

購入はこちら ⇒ http://www.sastty.com/lp/hcs_s_c2/

5 まとめ

白髪と頭皮の関係、ご理解いただけましたか?

「白髪を予防するためのシャンプー」 「白髪を染めるためのシャンプー」

どちらも魅力的です。

自分の生活スタイルに合ったものを、長く使い続けてくださいね。

Pocket

関連する記事

いまさら聞けない「モロッカンオイル」を徹底解説

いまさら聞けない「モロッカンオイル」を徹底解説

1,039 views

市販のトリートメントでプロも驚きのツヤ!ランキング25選

市販のトリートメントでプロも驚きのツヤ!ランキング25選

915 views

今人気のヘアクリームでツヤツヤヘアケアを始めませんか!?

今人気のヘアクリームでツヤツヤヘアケアを始めませんか!?

815 views

彼のくせ毛はヘアスタイルとワックスでここまで見違える!

彼のくせ毛はヘアスタイルとワックスでここまで見違える!

604 views

【必見!】洗い流さないトリートメント種類別人気商品

【必見!】洗い流さないトリートメント種類別人気商品

432 views

SNSでもご購読できます。