薄毛に悩む女性必見!育毛を活性化させる驚きの魔法

薄毛を防ぐ
Pocket

最近薄毛に悩んでいて、うまく髪のスタイリングが出来ない。

周りからの目が気になるから、育毛のことについて知りたい。

そんなお悩みをお持ちのあなたに今回は女性の育毛に関する情報をご紹介します。

薄毛のメカニズムを知り、対処を行うための情報が満載です。

これを見て内面からの自信をつけ、今以上に綺麗な自分に会いに行きましょう。

 

1 薄毛の実情

薄毛

出典:http://blog.livedoor.jp/shimuraskinclinic/archives/cat_50048496.html

「薄毛」という言葉を聞くと男性をイメージする方が圧倒的に多いような気がします。

しかし、薄毛で悩んでいる女性は多くいらっしゃいます。

 

1-1 薄毛で悩んでいる女性の割合は驚くほど多い

薄毛の悩みを抱える女性は約600万人とも言われています。

日本人女性は約6400万人いるため、約10%の女性が薄毛に悩んでいるということになります。

特に高年齢層になるともっと割合が増えることは言うまでもないですね。

この結果も併せて見てみてください。

薄毛の実情

出典:http://www.w-ikumou.com/chapter/worry.html

実は約53%の割合で女性が薄毛の相談に来ているという結果が出ています。

 

1-2 女性の薄毛は男性とは若干異なる

薄毛は男性だけの悩みではありません。多くの女性が共感できる悩みなのです。

特に女性の場合は「頭頂部が薄くなり、ヘアスタイルが決まらない」というような美容目的で検診に来る方が多いそうです。

女性と男性では薄毛になるメカニズムが若干異なる、とも言われています。

それにより育毛へのアプローチも異なってきます。

次の章からは薄毛になるメカニズムを見ていきましょう。

 

2 薄毛のメカニズムを知る

 

2-1 女性と男性の違い

薄毛のメカニズム

出典:http://news.goo.ne.jp/picture/life/mamatenna-23152.html

前章で軽く触れた「女性と男性の薄毛の原因の違い」。

根本には加齢という避けては通れない原因がありますが、

・髪の毛が細くなる

・髪の毛が抜ける

という上記のような違いがあります。

 

2-1-1 女性の特徴

女性の薄毛の特徴としては「生活習慣」の影響を受けやすいという点があります。

また女性の場合は、髪の毛が”細く”なっていくことで全体的に薄く見えてしまいます。

 

2-1-2 男性の特徴

男性の薄毛の特徴としては「遺伝的要因」が強く影響します。

また男性の場合は、髪の毛が”抜ける”ことで薄毛が目立つようになります。

 

2-2 ホルモンによる違いがある

ホルモン違い

出典:http://xn--no1-5p2e477ite0a.net/danjyo/

女性は男性ホルモンが少ないので、脱毛遺伝子があっても影響はそれほど強くありません。

頭皮ケアを適切に行うことで十分に薄毛を防ぐことが出来ます。

逆に男性は男性ホルモンが多いので遺伝的な影響を強く受けるのです。

 

2-3 大きな原因を占める生活習慣について考えよう

生活習慣

出典:http://vitaminef.jp/lifestyle/16095/

では影響する生活習慣とはどんなことでしょうか?

 

2-3-1 ストレス

生活を送るにあたっては避けては通れないストレス。

何をするにしても、特に意識せずともストレスというのは必ず発生しています。

常にストレスを意識して、可能な限り軽減するという考え方を持っておきたいですね。

 

2-3-2 過度なダイエット

多くの女性の方は経験があるのではないでしょうか?

夏のシーズンに入るから、、、好きな人が出来たから、、、

色々な理由がありダイエットを行うとは思いますが、”過度な”ダイエットは生活習慣に悪影響を及ぼすだけです。

無理な食事制限やこれまでの生活を一変させるようなダイエットは非常に危険です。

 

2-3-3 過度なヘアケア

オシャレを追及したくて、髪へのダメージを考えずに負担をかけてしまう。

技術が進化したり、選択肢が増えたりして便利になった現代だからこそ起こり得る過度なヘアケア。

髪のダメージを無視したヘアケアは髪に悪影響しか与えません。

 

2-3-4 加齢

年齢を重ねることは誰しもに平等に訪れるものです。

実は、若い頃に比べて歳を重ねることで、約25%以上も髪が細くなってしまうのです。

ですが男性とは違い、女性は年齢を重ねても薄毛を改善しやすいので、早めの対策を取りましょう。

 

2-4 髪の毛が細くなるのは、髪のヘアサイクルや抜け毛が原因!?

ヘアサイクル

出典:http://www.aga-news.jp/secure/about_hair/index.xhtml

お風呂に入っているとより分かると思いますが、髪の毛は思った以上に抜けています。

通常、健康な人でも50本以上は抜けています。

ヘアサイクルというのは、髪が生え変わる周期のことを指します。

髪の毛は時間をかけて(3~6年)生まれ変わることを繰り返しています。

この周期が乱れると髪の寿命自体も短くなり、髪が細くなったり抜け毛が増えていきます。

 

2-5 季節によって毛髪量が違う?

毛髪量

出典:http://confetti2008.blog67.fc2.com/blog-category-59.html

季節により髪の生える量と抜ける量が変わるという説もあります。

 

2-5-1 抜け毛が多くなる時期

9月~11月の秋には通常の4倍近い抜け毛が発生します。

これは夏バテなどの影響が秋になって表れるからです。

 

2-5-2 毛髪量が多くなる時期

2月~8月の間は毛髪量が増え、髪がフサフサになりやすいと言われています。

 

3 薄毛を防ぐ

薄毛を防ぐ

出典:http://kirei.woman.excite.co.jp/news/detail/20131021080035_brn20131021_82826

 

3-1 育毛にはシャンプーが重要!その理由と方法

皮脂や汗などの汚れが髪の根元に溜まると皮脂膜を作ってしまい、その皮脂膜と空気の汚れが混じり、細菌が繁殖することでフケや脱毛症の原因となってしまいます。また頭皮に炎症やかゆみが出る場合もあります。それを防ぐのがシャンプーなのです。

 

3-1-1 効果的なシャンプーの方法

頭皮をほぐすようにシャンプーをしていきましょう。

<シャンプー前>

  • 絡んだ髪をほぐし、根元から毛先にかけてブラッシングを行い、ほこりやフケを取りましょう。
  • シャワーをあて、指の腹を使って頭皮を丁寧に揉み洗いしていきます。

※髪の毛を濡らすでは汚れは落ちません。この行程を行うことでほこりなどを取ることが出来ます。

<シャンプーについて>

  • シャンプーをお湯で薄め、手のひらで泡立てます。
  • 1か所だけでなく、2,3か所に分けて髪の毛に置きます。

<実際にシャンプーをする>

  • シャンプーを髪全体に馴染ませます。
  • 汚れや皮脂などを指の腹で揉み出すために、生え際からつむじにかけて頭皮を洗う。

※このときにブラシを使うことは頭皮が傷付く原因となるため避けましょう。

※頭皮マッサージを丁寧にすることで血行が良くなり、毛穴に詰まっている汚れが取れやすくなります。

<すすぎ>

  • 頭皮マッサージをするように丁寧にすすぎます。
  • シャンプーよりも時間をかけて行いましょう。

※すすぎ不足は頭皮のかゆみにつながるので注意しましょう。

 

3-1-2 シャンプーについて知っておきたいこと

○実はシャンプーは3日に1回でも十分なのです。脂症でも2日に1回で十分です。毎日のシャンプーは多いかもしれません。

○シャンプーをしない時にはお湯だけで洗いましょう。お湯であれば毎日でも大丈夫です。

○朝にシャンプーをするよりも夜に行う方が効果的です。

 

3-1-3 コンディショナー+ブラッシングを併用すると100点

先ほどのシャンプーのご紹介に、コンディショナーを併用することでより薄毛防止効果が発揮されます。

<コンディショナーの使用方法>

  • タオルで水分を軽くふき取り、コンディショナーをつける。
  • 髪の毛につける。頭皮につける必要はない。(頭皮につけるとにおいやフケの原因につながります。)

 

3-1-4 ドライヤーを適切に使う

ドライヤーをする際は、再度タオルで髪の水分をふき取ります。これは少しでもドライヤーの時間を短くするためです。

この時には「1ヶ所」に集中させず、また頭皮から約15~20cmほど離して乾かすようにしましょう。

 

3-1-5 ブラッシングを行う

ブラッシングで髪のほつれを梳きます。髪の根元から毛先に向かって梳きましょう。

ブラッシングを行うことでマッサージ効果を期待することができます。

 

3-2 バランスの良い食事

バランスの良い食事

出典:http://health-to-you.jp/dietary/syokujinobarannsu8631/

薄毛を防ぐには、良質な食事と適度な運動が必要です。

 

3-2-1 髪に良い食べ物

特に髪に良いと呼ばれているのが『タンパク質』です。

<タンパク質が豊富に含まれる髪に良い食べ物>

○チーズ

○卵

○しじみ

○さんま

○豆腐

○大豆

○豚肉

ここまでは髪の毛が細くなることを避けるためのものですが、パサついた髪を防ぐには鉄分やビタミンCが必要です。

<鉄分やビタミンCなどが豊富に含まれる髪に良い食べ物>

○ゴマ

○かぼちゃ

○レバー

○ブロッコリー

○ナッツ類

 

3-3 適度な運動

適度な運動

出典:http://papimami.jp/101

健康を保つためには適度な運動が必要です。

良質な食事をとることももちろんですが、日々の生活に運動を取り入れることで薄毛を防ぐことが出来ます。

ですが無理は厳禁です。毎日継続的に続けられるペースで行いましょう。

 

3-3-1 散歩

元気良く、腕を大きく振りながら歩くことを心掛けましょう。

膝は伸ばし、歩幅も大きく歩きましょう。

20分以上の運動で初めて脂肪燃焼が始まる、という説が有名ですが、最近の研究では20分以下でも効果があると言われています。

自分の生活習慣や体調に合わせて無理をしない程度に行いましょう。

 

3-3-2 ストレッチ・体操

本格的に行う必要はありません。

テレビを見ながらでも構いませんので、じっくりと丁寧に体を癒してあげましょう。

例)首を伸ばす、横に伸びる、肩の上げ下げ、肩や首を曲げるなど

 

4 育毛を活性化させるために

育毛

出典:http://ikumousaku.info/

薄毛のメカニズムと対処法を理解したあとは、育毛を活性化させるためにどうすればよいかを考えてみましょう。

 

4-1 育毛剤を利用する

「生活習慣を改善すること」と「育毛剤を毎日使用すること」、これが薄毛対策と育毛活性化につながる最強の掛け合わせです。

育毛剤は毎日朝晩2回をベースに利用しましょう。

血液の循環が一番活発になる就寝時に、より効果を発揮すると言われています。

 

4-2 頭皮のマッサージ

マッサージをすることで頭皮が柔らかくなり、育毛効果がより高まります。

<適切なマッサージの方法>

  • 側頭部の皮膚を指の腹で押し上げます。
  • 前頭部・後頭部の皮膚を同じように押し上げます。

※髪が薄い部分を直接マッサージすると、逆に悪化させる場合があるため注意しましょう。

 

5 まとめ

薄毛のメカニズムの解説や対処法、また育毛を活性化させる方法もご紹介しました。

薄毛の原因には男性と女性に違いがあり、それによって育毛につながるアプローチも変わります。

今一度内容を理解し、悩んでいる薄毛問題の改善に向かって動き始めましょう。

きっと美しい姿に変貌することが出来ますよ。

Pocket

関連する記事

ハゲ旦那はイヤ!植毛で運気を上げた芸能人ビフォーアフター

ハゲ旦那はイヤ!植毛で運気を上げた芸能人ビフォーアフター

297 views

潤艶な髪はナノケアドライヤーで手に入れる!!

潤艶な髪はナノケアドライヤーで手に入れる!!

257 views

育毛に期待!プラズマクラスター、搭載ドライヤーおすすめ4選

育毛に期待!プラズマクラスター、搭載ドライヤーおすすめ4選

230 views

自宅でできる頭皮エステで抜け毛を撃退!マイナス10歳の髪に

自宅でできる頭皮エステで抜け毛を撃退!マイナス10歳の髪に

168 views

髪のボリュームアップ!即効でぺたんこ髪に別れをつげる3つの方法

髪のボリュームアップ!即効でぺたんこ髪に別れをつげる3つの方法

152 views

SNSでもご購読できます。