育毛に必要な食事って?絶対に知っておきたいマル得情報

血液を綺麗にする
Pocket

歳を重ねてくると気になり始める薄毛。

あまり意識してこなかったけど、実は自分の髪でも進行してることに最近気が付いてしまっているあなた!

育毛で美しさを手に入れてみませんか?

その美しさは今からご紹介する日々の食事から始まります。是非ご覧ください。

 

1 薄毛の原因ってなに?

薄毛の原因

出典:http://www.6balace.com/chiebukuro-jyoseinousuge

育毛に有効な食事を知る前に、薄毛になるメカニズムも把握しておきましょう。

 

1-1 性別で異なる

性別で異なる

出典:http://faretech.jp/

女性と男性では薄毛になる原因が異なります。

女性は生活習慣や日々の生活、男性は遺伝的要素が非常に大きいと言われています。

 

1-2 見え方が違う

見え方が違う

出典:http://usuge-woman.com/female-thinning-hair/194/

女性は全体的に髪が細くなって薄く見え、男性は抜け毛によって薄く見えてしまいます。

 

1-3 女性の薄毛の大きな原因である生活習慣とは

生活習慣

出典:https://www.ishamachi.com/?p=10240

女性特有の過度なダイエットやヘアケアなどから起因します。

この生活習慣の見直しという点おいて食事は非常に重要な役割を果たします。

 

1-4 血行不良

血行不良

出典:http://konatoki.com/%E5%81%A5%E5%BA%B7/%E3%81%97%E3%81%B3%E3%82%8C-%E5%81%A5%E5%BA%B7/4190/

血流が悪くなることで髪全体に栄養が行き渡らなくなり、髪の成長が鈍化し抜け落ちてしまいます。

 

1-5 頭皮の緊張

頭皮の緊張

出典:http://sd-beaute.angfa-store.jp/column/usuge-syoujou/2383.html

ストレスなどにより頭皮が固くなることがあります。

この状態だと前述した通り、髪に栄養素が行き渡りにくいので頭皮マッサージなどでケアをしてあげましょう。

 

2 育毛と食事の関係

育毛と食事

出典:http://www.goodteachingstuff.com/life_for_hair/meal_for_hair.html

育毛と食事には密接な関係性あります。

栄養バランスを意識しないまま毎日食事を行うことは育毛を促すどころか、薄毛をさらに悪化させる要因となります。

1章でも述べましたが、過度なダイエットや食事制限などはもちろん厳禁です。

ストレスと栄養不足という薄毛を引き起こす2大原因を引き寄せることになりますよ。

次の章からは、実際にどんな成分が有効でどんな食材が適しているのか、確認していきましょう。

 

3 タンパク質は必須の栄養素

そもそも髪の毛がどんな成分で出来ているかご存じですか?

髪の毛は「ケラチン」という18種類のアミノ酸の結合によって出来るタンパク質で形成されています。

ですのでタンパク質を摂取する、ということが一番重要であると考えられています。

目安の量は「体重1kgに対して1g」です。

つまり体重が45kgの方であれば45gがタンパク質の目安摂取量になります。

タンパク質は大きく2種類に分けることが出来るので理解しておきましょう。

 

3-1 動物性タンパク質

動物性タンパク質

出典:http://slism.jp/related_terms/protein.html

<食材>

肉、魚、チーズ、卵、牛乳など

<特徴>

○植物性に比べると吸収力が高い。

○コレステロールが多く含まれている。」

 

3-2 植物性タンパク質

植物性タンパク質

出典:http://bui.jp/wp-content/uploads/2014/12/shutterstock_188146451.jpg

<食材>

ピーナッツなどの豆類、豆腐など

<特徴>

○動物性に比べると吸収率が低い。

○大豆タンパク質は血中のコレステロールを下げる働きを持つ。

 

4 効果を倍にするためにビタミンを摂取する

一番重要なタンパク質を摂取した後、その効果を倍増させるためにはビタミンが必要不可欠です。

ビタミンはタンパク質を分解して合成する働きを持っています。

 

4-1 ビタミンA

ビタミンA

出典:http://www.misaki.rdy.jp/illust/child/gakkou/kyusyoku/sozai/1603.jpg

ビタミンAは「髪の毛や皮膚の健康に欠かせないもの」です。

<食材>

ほうれん草、ブロッコリー、ニンジン、カボチャ、ウナギ、魚の肝など

<特徴>

○熱に弱いため、火を通さなくても食べられるものは生のまま食べると良い。

 

4-2 ビタミンB6

ビタミンB6

出典:http://mikakukyokai.net/2015/07/27/vitaminb1b2b6/

ビタミンBにも色々な種類がありますが、その中でも特にビタミンB6を摂取して頂きたいです。

ビタミンB6はアミノ酸の代謝に必要で、血液を作ってくれる重要な栄養素です。

<食材>

マグロ、カツオ、アジ、サバなどの青魚など

<特徴>

○大豆などにも劣らない高タンパク質で消化が良い。

 

4-3 ビタミンD

ビタミンD

出典:http://plaza.rakuten.co.jp/wellness21jp/diary/201212130000/

ビタミンDはカルシウムの吸収が倍になるという効果があります。

ちなみにカルシウムは黒い色素を生成するのにも必要なので、白髪対策にも有効です。

<食材>

アジ、サバ、イワシ、サンマ、鮭などの魚など

<特徴>

○ビタミンDは排便・排尿で外に排出してしまうため、毎日の摂取が理想的。

○白髪対策としても有効。

 

5 ミネラルの摂取も必要

ミネラル

出典:http://www.wakasa.jp/shopping/mineral/

ミネラルという栄養素も育毛においては必要な栄養素になります。

具体的にミネラルとは「塩分、カリウム、ナトリウム、亜鉛、銅など」といった成分のことを指します。

 

5-1 特に亜鉛は絶対に外せない

亜鉛

出典:http://www.xn--8drze33lcy3bf7h.net/%E6%88%90%E5%88%86%E3%83%BB%E7%B4%A0%E6%9D%90/%E4%BA%9C%E9%89%9B/

亜鉛不足は髪の毛の成長を止めてしまいます!

亜鉛が不足することでの髪への影響は、抜け毛や白髪増加、髪の毛が細くなるなど多くあります。

<食材>

牡蠣、かずのこ、豚レバー、牛もも肉、ワカメ、昆布など

 

5-2 サプリメントで亜鉛を補う!?

亜鉛

出典:https://www.amazon.co.jp/

実は1日に必要な亜鉛の量は思った以上に多いのです。

先ほどおすすめした食材で表すと、

牡蠣:5個

かずのこ:6本

豚レバー:200g

牛もも肉:300g

これだけの量を毎日食事で摂取し続けるのは非常に難しいです。

そういう場合に便利なのがサプリメントです。

サプリメントの摂取に抵抗がある方もいるかもしれませんが、使用方法や容量をきちんと守ればサプリメントが悪い影響を及ぼすことはありません。

今では亜鉛サプリメントは多く販売されているので、是非ドラッグストアなどで1度見てみてください。

(例)DHCの健康食品 亜鉛

販売価格:600円

内容量:60粒(60日分)

販売サイトはこちらです。

 

6 血液を綺麗にする

血液を綺麗にする

出典:http://macaro-ni.jp/28134#heading-132157

血液を綺麗にすることで髪全体に栄養素を行き渡らせる、という効果があります。

毛細血管はとても細いです。

この細い血管の中を通り、細部にまで広げるためには、少しでも綺麗な状態の血液の方が有効です。

<食材>

ニンニク、タマネギ、ニラなどネギ科など

<特徴>

○アリシンという物質が血栓を分解して血流を良くしてくれます。

 

7 まとめ

育毛に有効な食事の情報、いかがでしたでしょうか?

薄毛の予防や髪の成長には食事に気を遣う必要があることが分かりましたね。

科学的にも有効だとされる食材が多いので、毎日の食事に取り入れていきましょう。

そうすることで何年後、何十年後に大きな差となって表れますよ。

Pocket

関連する記事

ハゲ旦那はイヤ!植毛で運気を上げた芸能人ビフォーアフター

ハゲ旦那はイヤ!植毛で運気を上げた芸能人ビフォーアフター

297 views

潤艶な髪はナノケアドライヤーで手に入れる!!

潤艶な髪はナノケアドライヤーで手に入れる!!

257 views

育毛に期待!プラズマクラスター、搭載ドライヤーおすすめ4選

育毛に期待!プラズマクラスター、搭載ドライヤーおすすめ4選

230 views

自宅でできる頭皮エステで抜け毛を撃退!マイナス10歳の髪に

自宅でできる頭皮エステで抜け毛を撃退!マイナス10歳の髪に

168 views

髪のボリュームアップ!即効でぺたんこ髪に別れをつげる3つの方法

髪のボリュームアップ!即効でぺたんこ髪に別れをつげる3つの方法

152 views

SNSでもご購読できます。