「白髪染め」を考える前に!生活習慣で白髪を改善する方法

腹筋のストレッチ
Pocket

「いよいよ、白髪染めが必要なのかな…」「気が付くと、白髪が増えている気がするな…」

鏡を前に、毎日こんな事を考えていませんか?

確かに、「白髪染め」で、見た目をごまかすことは簡単です。でも、ちょっと待ってください!!

「染める」以外にも、白髪の改善方法があるんです!!

いつもの生活習慣を、少し変えるだけで。

いつもの生活習慣に、少しの努力を加えるだけで。

「日々の生活から白髪改善」目指しましょう☆

 

1 白髪の原因となる4つの生活習慣

「食事」「運動」「洗髪」「睡眠」どれも、毎日の生活に欠かすことのできない事柄です。

この記事では、髪の毛の色素をもたらす「メラノサイトの働き」にフォーカスします。

日々の生活で、当たり前のことをどのくらい当たり前に出来ていますか?

今一度、自分の生活を振り返ってみましょう。

1-1 食事

食事

炭水化物」「脂質」「タンパク質」「ビタミン」「ミネラル」5大栄養素は、バランスよく摂取することが第一です。

3食しっかり摂ること。決まった時間に摂取すること。腹8分目で終えること。も大切です。

メラノサイトがよく働き、活性化させるための食材選びが、白髪の改善に繋がります。

逆に、偏った食事栄養不足は、メラノサイトの働きを弱め、白髪を促進させてしまいます。

1-2 運動

運動

運動というと、何かスポーツをやらなければいけないようなイメージですが、そこまでの必要はありません。

体を動かし筋肉量が増えると、代謝量が上がり血流が良くなります。

血流が良くなることが、メラノサイトの働きを活性化させることに繋がるのです。

有酸素運動で心拍を上げることも、血行促進に繋がります。

逆に、激しい運動を連続的に行うことは、心身にとって大きなストレスとなり、メラノサイトの働きに影響を及ぼすこともあるので、注意しましょう。

1-3 洗髪

洗髪

白髪の進行を少しでも抑えるためには、頭皮環境を整えることが必須です。

頭皮が凝り固まったり、傷ついたり、汚れていると、頭皮の血流が悪くなります。

頭皮の血流が悪くなるという事は、つまりメラノサイトの働きが弱まるということです。

頭皮の血行を促進させるコツは、ずばり洗髪の「方法」にあります。

シャンプーだけでなく、洗髪の前後にも、頭皮ケアのコツがたくさんあるんです。

フケが気になっている人、いつも頭を掻いている人、要チェックですよ!

1-4 睡眠

睡眠

メラノサイトはいつ働いているのか。それは、身体が眠っている間です。

よく言われている「お肌のゴールデンタイム」。これはメラノサイトの働きにおいても同じくゴールデンタイムです。

体内時計でいえば、22時~2時は、メラノサイト活動が最も活発化する時間帯なのです。

加えて、このゴールデンタイムを、いかに「快眠」するかも、重要です。

また、睡眠不足も、頭皮環境においては重大な問題です。

日中頭がぼーっとすることはありませんか?これは、頭皮の血行が悪くなっている証拠です。

何度も述べますが、血行不良は、メラノサイトの働きを弱めてしまいます。

睡眠時間の確保と、質の良い睡眠を心がけましょう。

 

2 食事

髪の毛は、タンパク質で生成されていて、皮膚の一部が変化したものです。

つまり、体内で生成されるものであり、身体の健康状態が如実に出る部位であるということです。

また髪の毛は、血液から一番最後に栄養素が回ってくる部位なので、絶対的に栄養が足りてない場合、確実に影響を受けます。

メラノサイトの活性化において必要不可欠なのが、チロシナーゼという酵素です。

チロシナーゼの働きが、メラノサイトの活動を左右します。

この章では、チロシナーゼやメラノサイトの働きに関わる栄養素について、どのような食事内容が影響を与えているのかを見ていきます。

2-1 白髪に悪い食事

白髪に悪い食事白髪に悪い食事白髪に悪い食事白髪に悪い食事

2-1-1 偏った食事

身体の良し悪しに関わらず、偏った食事は、何かしらの栄養素の不足を招きます。

「お肉大好き!」「コンビニ大好き!」なんて方は、要注意です。

また盲点なのは、ダイエットです。カロリーを気にするあまり、野菜中心の食生活になりがちです。

髪の毛に栄養が行き渡らないと、白髪だけでなく、ハリコシのない細い毛になってしまったり、脱毛の恐れもあります。

2-1-2 塩分の過剰摂取

塩分の摂り過ぎが、なぜ白髪に影響するかというと、肝臓の働きが悪くなってしまうからです。

肝臓は、たんぱく質の生成を担う部位であるため、この機能に不具合が生じることは、髪の毛にとっては死活問題です。

また、肝臓は、体内の栄養配分の配分を担っている臓器でもあります。

他の部位に栄養が足りていなければ、髪の毛は後回しになりますし、司令塔である肝臓自体が機能しなければ、メラノサイトの機能も低下していきます。

「週の半分は外食で済ませている…」「味の濃い食べ物が好き!」なんて方は、要注意です。

2-1-3 糖分の過剰摂取

糖分の過剰摂取は、血液の流れを阻害します。

血液は、体内に栄養素を届けるため働きをしているため、血流が悪くなると、当然髪の毛にも栄養が行き届かなくなります。

血行不良はメラノサイトの働きを鈍らせます。つまり白髪に繋がります。

また、盲点なのが飲み物です。

何気なく飲んでいるジュースや缶コーヒーには、想像以上に砂糖が入ってます。

「スイーツは別腹!」「炭酸ジュース大好き!」なんて方は、要注意です。

2-1-4 アルコールの過剰摂取

アルコールは肝臓で分解・吸収されます。アルコールを取るほどに、肝臓の疲労は増します

肝臓に大きな負担がかかり、肝機能の低下を起こしてしまいます。

「酒は百薬の長」なんて言葉がありますが、これは適量な場合を指しますので、ご注意を!

2-2 白髪に良い栄養素

2-2-1 チロシン

メラノサイトがどんなに頑張ってはたらいても、メラニン色素がなければ髪は黒くなりません。

そのメラニン色素の原料となるのが、チロシンです。

チロシンをチロシナーゼ酵素の働きで酸化させることで、黒いメラニンが生成されます。

◆チロシンが多く含まれている食材◆

チーズ バナナ 青魚

◇チーズ◇       ◇バナナ◇       ◇青魚◇

2-2-2 カルシウム

メラノサイトの働きを助けてくれます。

◆カルシウムが多く含まれている食材◆

海藻 大豆 モロヘイヤ

◇海藻類◇       ◇大豆製品◇      ◇モロヘイヤ◇

2-2-3 銅

銅は、チロシナーゼを活発に活動させることが出来ます。

また、体内で生成することが出来ないので、食事などで摂取するしか、方法はありません。

◆銅が多く含まれている食材◆

玄米 エビ・カニ プルーン

◇玄米◇        ◇エビ・カニ◇      ◇プルーン◇

2-2-4 ビタミンE

ビタミンEは、血流を良くする働きがあります。別名「若返りビタミン」とも言われ、美肌効果も期待できます。

◆ビタミンEが多く含まれている食材◆

アーモンド オリーブオイル アンコウの肝

◇アーモンド◇     ◇オリーブオイル◇   ◇アンコウの肝◇

2-3 自宅で簡単☆おすすめレシピ

◆モロヘイヤとプルーンのスムージー◆

スムージー

出典:http://cookpad.com/

モロヘイヤ ひとつかみ
ブルーン  3,4個
冷凍バナナ 1本
パセリ 1枝
豆乳 適量
◆いわしのオニオン包み焼き◆
いわしのオニオン包み焼き
出典:http://cookpad.com/
いわし(下ろしてあるもの) 5匹
玉ねぎ 1/2個
にんにく 1片
ミディトマト 3個
ハーブソルト 適量
パン粉・粉チーズ 適量
オリーブオイル ソテー用 大さじ1
ブラックペッパー 少々

3 運動

運動と言っても、何かの競技を目いっぱい行うことではありません。

要は、体内の血液を循環させ、血流を良くすることが、白髪を抑制させるうえで必要なのです。

メラノサイトの働きにおいては、日常の行動でも十分効果を発揮します。

食事によって作られた、きれいな血液を、運動によってしっかり頭皮に行き渡らせる事が、メラノサイトの働きを良くすると言えるでしょう。

3-1 白髪に悪い生活スタイル

白髪に悪い生活スタイル

・休みの日は、ほとんど家から出ない。
・移動手段は、車か電車がほとんどだ。
・階段ではなく、必ずエスカレーターやエレベーターを使う。
・猫背
・デスクワーク

この中で1つでも思い当たる節がある方、メラノサイトの働きを妨げている可能性大です。

体を動かし筋肉を使うことで代謝量が上がり、血流が良くなります。

この血流が、メラノサイトの働きを活性化させることに繋がるのです。

姿勢が悪いだけで、消費エネルギーが3割減少するとも言われています。

正しい姿勢をとるだけでも、代謝は上がります。

3-2 白髪に良い生活スタイル

白髪に良い生活スタイル

・週に2回~3回、適度な運動を30分行う。
・1日中なるべく体を動きを止めない生活をする。
・少し強度のある運動を入れると、なお良い。

適度な運動は少し息が荒くなる程度の運動をさし、会話ができる程度です。

30分とは、断続的でもかまいません。

例えば、移動を自転車にするとか、大股で歩く等でも、十分「適度な運動」です。

時間に余裕があるときに、最寄り駅の1つ手前から歩くのも、良いですね。

強度のある運動といっても、家で出来る簡単なトレーニングで十分です。

「ながらダイエット」が流行しましたが、そのような感覚で出来る内容が継続しやすそうですね。

3-3 毎日5分☆おすすめエクササイズ

◆かかとの上げ下げ◆

かかとの上げ下げ    かかとの上げ下げ

◇動作方法◇

かかとを上げたり下げたりする。

◇効果◇

ふくらはぎや足首が引き締まる。むくみ、冷えが改善する。代謝量が上がる。

◇ステップアップメニュー◇

・床ではなく、階段の淵など段差を使って、かかとを深く下げる。

・「上げる」「止める」「下げる」それぞれの動作を3秒かけてゆっくり行う。

◆腹筋のストレッチ◆

腹筋のストレッチ    腹筋のストレッチ

◇動作方法◇

うつぶせになり、両腕を立てて上半身を起こす。深呼吸をする。

◇効果◇

早期の疲労回復、全身の血行促進や便秘の解消

◇ステップアップメニュー◇

・両肘とつま先の3点で体を支える。

・腕を使わずに、腹筋の力だけで上半身を起こす。

 

4 洗髪

頭皮を健康に保つことこそが、健やかな髪の毛への第一歩です。

食事や運動によって、どんなにメラノサイトが良い働きをしても、頭皮という土壌が整っていなければ、黒髪は育ちません。

毎日の洗髪を、今一度見直してみてください。

4-1 白髪に悪い洗髪方法

白髪に悪い洗髪方法

・シャンプーの原液を直接頭皮に付ける。
・爪をたてて、頭をかくように洗う。
・髪の毛を重点的に洗う。
・予洗い~すすぎまで3分以内で終了する。
・ドライヤーをしない。

思い当たる点は、いくつありましたか?

シャンプーの原液は刺激が強いので、頭皮には負担が大き過ぎます。

爪を立てると、頭皮が傷つき、炎症を起こすきっかけになる危険があります。

髪の毛の汚れは、予洗いで十分に落とすことが出来ます。頭皮を念入りに洗いましょう。

予洗いとすすぎで、それぞれ2分~3分が目安です。トータルで10分程度を目指しましょう。

頭皮が濡れたままという事は、生乾きの洗濯物を放置しているのと同じと心得ましょう。

4-2 白髪に良い洗髪方法

白髪に良い洗髪方法

・髪を濡らす前に、丁寧にブラッシングする。
・シャンプーは、泡立ててから塗布する。
・指の腹を使って、頭皮を動かすようにマッサージする。
・洗い残しがないように、髪がキシキシするくらいまで洗い流す。
・頭皮をかわかすようにドライヤーする。

ブラッシングと予洗いで、髪の毛の汚れを落とし、頭皮の脂を浮かせることが出来ます。

泡は皮脂汚れを絡め取ってくれます。

頭皮マッサージは、誰でも出来る血行促進の方法です。

洗い残しとは、皮脂汚れだけでなく、シャンプーも指します。

頭皮に余計な水分が残らないようにしましょう。

4-3 いつものバスタイムに☆おすすめヘアケアアイテム

◆サクセス 頭皮洗浄ブラシ◆

サクセス 頭皮洗浄ブラシ

出典:https://www.amazon.co.jp

◇使用方法◇

シャンプーを塗布した後、ブラシで頭皮をマッサージするように洗う。

◇効果◇

指では落としにくい毛穴の汚れをしっかり落とし、洗いながらのマッサージで血行促進効果もあります。

◆バサル コールドシャワーEX2◆

バサルコールドシャワーEX2

出典:https://www.amazon.co.jp

◇使用方法◇

タオルドライ後、先端を頭皮に当ててプッシュし、その後指の腹でマッサージする。

◇効果◇

-10℃の瞬間冷却で頭皮を引き締めます。

血行促進、脱毛予防、育毛効果がある頭皮の薬用スキャルプローションです。

 

5 睡眠

メラノサイトの働きが活発になるのは、身体が寝ている時です。

お肌と同じく、髪の毛のゴールデンタイムも「22時~2時」です。

この時間を確実に、睡眠に当てることが、必達です。

さらに、より質の高い睡眠をとることで、メラノサイトを効率よく働かせたいですね。

5-1 白髪に悪い睡眠

白髪に悪い睡眠

・睡眠不足
・ゴールデンタイムに起きている
・不規則な睡眠サイクル
・身体が冷えている
・睡眠前に、スマホやテレビを見る

睡眠不足で、日中頭がぼーっとする時、それは頭に血が行き届いていない証拠です。血行不良は、メラノサイトの働きが鈍くなります。

ゴールデンタイムに睡眠が取れていても、睡眠のサイクルが不規則では、その効果は見込めません。

睡眠の質においては、よりリラックスした状態で血流を良くして、睡眠に入ることが大切です。

5-2 白髪に良い睡眠

白髪に良い睡眠

・ゴールデンタイムに睡眠を確保する。
・7~8時間の睡眠時間が望ましい。
・規則正しい睡眠サイクルにする。
・湯船に浸かる。
・睡眠に入る1時間程度前から、テレビやスマホは控える。

まずは絶対的な睡眠時間の確保が先決です。

さらに、毎日同じ時間に寝て、同じ時間に起きるというサイクルを目指しましょう。

身体が冷えると血流が悪くなります。湯船に浸かり、身体を温めてから睡眠に入りましょう。

睡眠導入時にリラックスできていると、眠りの深さも圧倒的に違います。

5-3 目指せ快眠☆おすすめ睡眠アイテム

◆めぐりズム 蒸気でGood-Night◆

めぐりズム

出典:https://www.amazon.co.jp

◇使用方法◇

おやすみ前の30分、目元に装着する。

◇効果◇

約40℃のたっぷり蒸気で首もとを心地よく温めることで、深いリラックス気分に誘います。

じんわりとした温かさが30分程度持続。

◆音楽◆

◇おすすめCD◇

・おやすみなさい、心地良い眠りのための音楽

おやすみなさい、心地良い眠りのための音楽

出典:https://www.amazon.co.jp

DREAMS~快眠CD~

DREAMS~快眠CD~

出典:https://www.amazon.co.jp

6 まとめ

 

「食事」「運動」「洗髪」「睡眠」について、日々の生活から分かることがたくさんありましたね。

「染める」前に、今一度、自分の生活を見直してみてください。

いつもの生活習慣を、少し変えるだけで。

いつもの生活習慣に、少しの努力を加えるだけで。

「白髪改善」目指しましょう☆

Pocket

関連する記事

「あえて」白髪染めないカッコイイ女性になるために知りたい6つのこと

「あえて」白髪染めないカッコイイ女性になるために知りたい6つのこと

3,353 views

【最新白髪染めランキング】女性が納得、最強の市販商品一覧

【最新白髪染めランキング】女性が納得、最強の市販商品一覧

1,101 views

眉毛の白髪とは今日でお別れ!原因と対処法をご紹介!

眉毛の白髪とは今日でお別れ!原因と対処法をご紹介!

491 views

白髪を治す5つの方法 おばあちゃんの知恵から断食まで!

白髪を治す5つの方法 おばあちゃんの知恵から断食まで!

430 views

【白髪をなくす方法】5つのステップと2つの注意点

【白髪をなくす方法】5つのステップと2つの注意点

373 views

SNSでもご購読できます。