頭皮や経済的にやさしい白髪染めの間隔が知りたい!

Dollarphotoclub_89417146-750x501
Pocket

いつになったら終わるのか?と思う白髪染め。

次から次へと「キラキラ」生えてくる白髪。

白髪を染める間隔は人それぞれですが、白髪を染めるということは髪の毛のキューティクルを開いて色を入れ、白髪を黒く見せるということなので間隔が短すぎるとかなりのダメージがあります。

また、それと同時に髪の毛の水分が出てしまうため、いや~な枝毛や切れ毛の原因になってしまいます。

そこで何か良い方法はないのでしょうか?調べてみましょう!

 

1 白髪染めの間隔は2ヶ月に1度がおすすめです

白髪染めの間隔

出展:http://www.haircare-info.com

なぜ2ヶ月に1度が良いかというと、頭皮の痛みや髪へのダメージを防ぐためです。

これから皆さんが知りたいと思っている各周期のご紹介をしますので、参考にしてみてくださいね♪

1-1 2週間

2週間に1度、白髪染めをすると頭皮を痛め、年齢が増すにつれて髪の毛が細くなっていきます。

髪へのダメージを考えて、ここは少し我慢が必要です。

染める間隔が短いと頭皮へのダメージがあり、

抜け毛やフケというトラブルの原因にもなりかねません!

1-2 1ヶ月

個人差はありますが、髪の毛は1ヶ月に約1cm伸びると言われています。

生え際などは特にこの1ヶ月を過ぎた頃からすごく気になり出しますね。

その場合は毎月の美容室でのカラー代を考えると少し経済的にも厳しい状況なので、

市販のカラー剤を自宅でリタッチ(根元の部分染め)することをおすすめします。

1-3 2ヶ月

2ヶ月にもなると、かなり白髪が伸びてしまうので途中で一度、自宅で染める方も多いでしょう。

頭皮や髪のことを考えると、2ヶ月に1度が1番理想的な間隔と言えます。

気になって仕方がない方は、ヘアマニキュアやカラートリートメントを使うなど方法を考えましょう!

 

2 白髪染めをする間隔のメリット&デメリット

白髪染めをする間隔 美容室

毎回美容室で染めたいけど…経済的にも厳しい状況…

そんなあなたに役立つ!美容室と自宅、それぞれで白髪染めを行うメリット&デメリットを見ていきましょう!

2-1 美容室で行う白髪染めのメリット

美容室で白髪を染めると、髪へのダメージをなるべく与えないようにしてくれる上に、色ムラがないキレイな仕上がりになります。また、自宅で染める時とは違い、準備や片付けの必要が無く、手間がはぶけます。

衣類が汚れる心配がないのもメリットの1つです!

2-2 美容室で行う白髪染めのデメリット

美容室で白髪を染めるデメリットは、やはり経済的なことです。

今は年間でお得なチケット制のお店もありますが、白髪染めだけではなく

カットをしたりやパーマをかけたりすると、経済的にも厳しい状況になります。

2-3 自宅で行う白髪染めのメリット

2-2でご紹介の美容室で白髪を染めるデメリットが、ここでは逆に自宅でのメリットになります。

市販の白髪染めを購入して使用すれば、費用をかなり抑えることが出来ます。

また、忙しくてなかなか美容室に行けない方は、時間を気にせずに白髪染めが出来るというメリットもあります。

2-4 自宅で行う白髪染めのデメリット

美容室で白髪染めをするのとは違い、色ムラが出来る可能性があります。

特に美容室に行く間の間隔で行うリタッチ(根元の部分染め)は慣れるまで染め方が難しく、特に後頭部が納得のいく染まりに仕上がるのか不安になります。

また準備や片付けの必要がある上に、衣服が汚れることもあるので注意して行いましょう。

3 頭皮を痛めず、白髪染めの間隔の気を紛らわす3つの方法

染めずに白髪を隠す? 必見です!

3-1 髪型を変える

白髪をなるべく目立たせないように髪形を変えるのも1つの方法です。

例えば前髪の白髪は生え際を見せないように、分け目をつけないヘアスタイルにしてみると良いでしょう。

少し髪が伸びても白髪が見える箇所は、つむじ部分だけになります。

3-2 カラートリートメントを使う

カラートリートメント

出展:https://www.amazon.co.jp/

白髪が生える場所や量には個人差があります。

白髪は1~2ヶ月の間で目立ってきますので、お風呂でカラートリートメントを使うのもおすすめです。

コツを掴むまでは、思うような色が入らないなどあると思いますが、コツさえ掴めば

1週間に2~3回の頻度で、しかもシャンプー後のトリートメント感覚で使用することができます。

ですがもっと確実に色を入れたい方は、シャンプー前の乾いた髪の毛にカラートリートメントを塗ります。

そして少し時間を置いてから流し、シャンプーをするという方法もあります。

3-3 マスカラタイプを使う

ヘアマスカラは、髪の毛の生え際や数本の白髪が目立つ!なんて時に、パパッっと手軽に使用できるので、気持ち的にも安心な必需品です。

商品自体が大きいものではないので、お出かけするときにバックの中へ入れて行けるのも便利です。

ヘアマスカラ

出展:https://www.amazon.co.jp/

4 白髪染めの間隔を長くする4つの有効法

外側からではなく、身体の内側から改善していきましょう!

4-1 生活習慣

 

生活習慣

白髪が生えるのには、生活習慣も関係しています。

睡眠不足や不規則な食生活(偏った食生活)が原因で、栄養が行き届かなくなり、白髪が増えていきます。

また、白髪になりにくくするためにはたっぷりの睡眠をとることはもちろん、抗酸化作用のある食品を取り入れたり、暴飲暴食やタバコ、アルコールを控えると良いでしょう。

4-2 ストレス

ストレス

ストレスフリーの生活を目標に!

ご存知でしょうか?人間はストレスを感じると、頭皮の血管が収縮してしまい、髪の毛に黒色をつけてくれているメラノサイトの動きが悪くなって、結果白髪になってしまいます。

4-3 喫煙・紫外線

喫煙紫外線

喫煙は、身体に害があるのと同様に髪の毛にもよくありません。

また紫外線も髪には悪影響を及ぼします。

現在は紫外線から髪を守るスプレーが発売されているのでそういったものを利用すると良いでしょう。

4-4 老化を防ぐ

白髪予防

白髪予防として、抗酸化作用のある栄養分、例えばニンニク・ショウガ・ネギ・セロリなどの香味野菜も活性酸素と協力に結びつき、老化を防いでくれるので白髪の発生を遅らせたり、量を減らしたりすることに期待を持つことが出来ます。

食べ物の中で最も抗酸化作用が高いのはバナナです。食物繊維も豊富に含まれており、またアミノ酸やビタミンの宝庫でもあるため、白髪の予防を期待することができます。

 

5 まとめ

白髪は根元部分にあるメラノサイトという色素細胞の減少や活動が鈍くなることで、メラニン色素が無くなり、白髪になってしまうということがわかりました。

今回色々と調査をしましたが、2ヶ月に1度の間隔で美容室で白髪染めを行い、その間は市販カラーを自宅でリタッチ(根元の部分染め)をしたり、また痛みが気になる方はカラートリートメントを使用するなどをして頭皮にも経済的にもやさしい白髪染めの間隔を見つけましょう!

Pocket

関連する記事

白髪染めでも明るい色に染められる?その方法はこちらです!

白髪染めでも明るい色に染められる?その方法はこちらです!

2,411 views

市販で買える白髪染めオススメランキングTOP10

市販で買える白髪染めオススメランキングTOP10

2,165 views

もう迷わない!カラートリートメントおすすめランキング

もう迷わない!カラートリートメントおすすめランキング

1,352 views

白髪染めシャンプー本当のことが知りたい口コミ全部教えます

白髪染めシャンプー本当のことが知りたい口コミ全部教えます

1,074 views

【最新白髪染めランキング】女性が納得、最強の市販商品一覧

【最新白髪染めランキング】女性が納得、最強の市販商品一覧

1,009 views

SNSでもご購読できます。