髪にとってどちらがいいの?自然乾燥とドライヤー

beauty-354565_640
Pocket

あなたは自然乾燥派ですか、それともドライヤー派ですか?

髪を洗ってドライヤーをかけずに髪を乾かす自然乾燥。その自然乾燥を支持する人の多くが挙げる理由が、ドライヤーをかける手間とドライヤーの熱によって髪が傷むのではないかという不安です。でも逆に自然乾燥は髪を傷めるとか薄毛になるとも聞いたことがありますし、それだけでなくどちらにもメリット・デメリットがありそうです。

今日は髪や頭皮にとってどちらが良いのか、それとも悪いのかを考え、おすすめのケア方法や乾かし方をご紹介しようと思います。

 

1 自然乾燥のメリットとデメリット

まずは自然乾燥のメリット・デメリットについて それぞれ挙げてみましょう。

メリット

出典:https://pixabay.com

 

1-1 メリット

1-1-1 時間がかからず手間がない

忙しい中で特にロングヘアーをドライヤーで乾かそうとすると、時間もかかりますし手間なので、ドライヤーがなければ その分 、自由に時間を有意義に使えます。

手間

出典:https://pixabay.com

 

1-1-2 熱によるダメージがない

髪は熱に弱いのでドライヤーによるダメージを懸念される方もいると思います。

確かに熱に弱く、長時間 熱にさらされると髪が傷んでハリ、コシ、艶、がなくなってしまいます。

髪の限界温度は154度。 それ以上の熱を与えてしまうとパサつきや、キューティクルがダメージを受けてしまいます。

ダメージ

出典:https://pixabay.com

 

1-1-3 電気代がかからず経済的な上、環境にやさしい

これだけ省エネが叫ばれるご時世であるにも関わらず、ドライヤーは未だに消費電力が少なくありません。自然乾燥であれば、電力を使用しないのでエコな上に経済的といえます。

環境

出典:https://pixabay.com

 

1-2 デメリット

1-2-1 ダメージ

髪の保護膜であるキューティクルは、濡れた状態になると開いてしまって剥がれやすくなります。自然乾燥をする場合、髪が濡れている状況が長い時間続いてしまうので、髪がダメージを受けやすくなってしまいます。このデリケートな間にキューティクルが剥がれてしまうと、髪からたんぱく質や水分が抜けてしまい、パサパサに乾燥したダメージヘアになってしまうことがあります。

ダメージ

出典:https://pixabay.com

 

1-2-2 パーマやカラーが持ちにくくなる

自然乾燥ではキューティクルが無防備になる時間が長く、その間にキューティクルが剥がれ、カラーやパーマの持続力が悪くなってしまう原因になります。

キューティクル

出典:https://pixabay.com

 

1-2-3 臭い

頭皮や髪を半乾きのまま放っておくと、蒸れて雑菌が繁殖しやすくなります。雑菌が繁殖すると、臭いだけでなく、フケや痒み、肌荒れなどの頭皮のトラブルやそれが原因で薄毛を引き起こす原因にもなってしまいます。

臭い

出典:https://pixabay.com

 

1-2-4 頭皮の血行が悪くなる

頭皮が濡れた時間が長いと、濡れた部分が空気によって冷やされ、頭皮の温度が低下します。

頭皮の体温が下がると血行の循環が悪くなり、血行が悪くなると毛根への栄養の供給が滞り、健康な髪を生成できなくなってしまう事もあります。

血行

出典:https://pixabay.com

 

1-2-5 寝癖がつきやすくなる

髪は、濡れた状態から乾いていく時に癖づきやすく、乾かさない状態で寝てしまうと、翌朝 寝癖がくっきりついてしまうのです。

寝癖

出典:https://pixabay.com

 

2 ドライヤーによるメリットとデメリット

続いてドライヤーによるメリットとデメリットについて挙げてみましょう。

 

2-1 メリット

2-1-1 キューティクルを素早く復元できる

濡れている時は、うろこ状の保護膜が開き、とてもデリケートな状態となるキューティクル。

ドライヤーを使って素早く乾かす事により、開いてしまった保護膜が塞がり、髪内部の栄養を流出させることなく、正常な状態に復元する事ができます。

素早く

出典:https://pixabay.com

 

2-1-2 寝癖がつきにくい

髪は、完全に乾いた状態で形が決まります。逆をいえば、ドライヤーでしっかり乾かしておけば翌朝の寝癖の心配も必要ありません

寝癖

出典:https://pixabay.com

2-1-3 健やかな頭皮に

頭皮をしっかりと乾かすことにより、臭いの原因を作る雑菌の繁殖とそれによる皮膚トラブルやダメージなどを防ぐことができます。

頭皮

出典:https://pixabay.com

 

2-1-4 血行が悪化せず促進する

入浴後は血行も良くなっていますが、そこに加えてドライヤーを使って、髪を乾かすと頭皮が温められるので、より血行が良くなります。

頭皮や毛根への栄養の供給は血流によってもたらされるものなので、血行がよくなると栄養の供給もされ、頭皮がより健やかな状態になるのです。

 

2-2 デメリット

2-2-1 熱による髪のダメージ

髪は、熱や摩擦、静電気に弱いので、ゴシゴシと擦りながらドライヤーでかけてしまうと、髪を傷める原因になりますし、熱をあて過ぎてしまったり、ドライヤーを近づけて使用してしまうと髪は傷みます。

熱

出典:https://pixabay.com

2-2-2 頭皮へのダメージ

やはり頭皮だって通常の皮膚となんら変わりませんから、ドライヤーを頭皮に近づけてしまうと当然やけどします。

また、ドライヤーを長時間かけることで、髪や頭皮を過剰に乾かし過ぎてしまうとパサつきや頭皮のトラブルに繋がること考えられます。

頭皮

出典:https://pixabay.com

 

2-2-3 消費電力が高い

ドライヤーのような熱を発生させる家電は消費電力が高いものが多いので、電気代も高いです。

単身者向けのアパートなどではドライヤーによってブレーカーが落ちてしまうこともあるので、エアコンなどとの併用時には注意も必要です。

消費電力

出典:https://pixabay.com

 

3 総論

どちらも一長一短ですね。

これまで自然乾燥とドライヤー 両者のメリット・デメリットを整理して挙げてきましたが、それら検討していただき、みなさんの優先順位でベストな方法を選んでください。

どちらが良いか、悩んでいて決めかねているというのであれば、ドライヤーの使用による乾燥をおすすめします。

頭皮や髪

出典:https://pixabay.com

 

3-1 自然乾燥でなくドライヤーを推奨する理由

もちろん、ここで挙げたものが全てではないでしょうが、自然乾燥させることによるデメリットの多さ、逆にドライヤーを使用することによる メリットが多いからです。

また、ドライヤーの使用によって危惧される熱によるダメージも、正しいケアをしたり、ドライヤーを使用すれば解決できるからです。

ドライヤー

出典:https://pixabay.com

 

4 正しいケア方法

それでは、具体的に正しいケア方法やドライヤー方法について考えてみましょう。

 

4-1 水切りする

シャンプーをすすいだら、親指と人差し指を伸ばしてL字状にした指で、おでこから後頭部に向かい ギュッと押し付けながら何度も繰り返して、余剰な水気を切っておきます。

水切り

出典:https://pixabay.com

 

4-2 タオルドライ

残りの水分を拭くのですが、絶対にゴシゴシと拭きあげず、水分をタオルに移すイメージでタオルドライしていきましょう。

 

  1. まずはバスタオルを広げて頭全体を包み、タオルの外側から頭を押し付けます。
  2. タオルの上からポンポンと優しく叩いて大方の水分を取ります。
  3. 仕上げは指を広げ、指の腹でタオルの上から揉み込むように頭皮に残った水分を拭きます。

きちんとタオルドライしておくと、ドライヤーの時間も短くなり、熱によるダメージを軽減できるのです。

ゴシゴシ

出典:https://pixabay.com

 

4-3 ドライヤー方法

ドライヤーによるデメリットに挙げられる熱によるダメージですが、下記のことを守れば防ぐことができます。

 

  1. 髪とドライヤーの間は20cmキープする
  2. 吹き出し口をスイングさせて風を分散する
  3. 大方(8割くらい)温風で乾かし、仕上げは冷風モードで行う

髪から20cmくらい離した位置で、ドライヤーをスイングさせることにより、熱ダメージの影響が少なく、且つ 髪を乾かせる効率の良い風を髪に供給できます。

また、艶をより良くする工夫としてキューティクルのうろこ状の保護膜の方向に合わせ、根元から毛先に向かって風をあてると、同一方向に保護膜が閉じるので乾いた後の毛艶が良くなります

乾かしていく順番は、頭頂部、後頭部、襟足、両サイド、前髪の順番で行うとスムーズです。

また、仕上げを冷風で乾かすことにより、熱ダメージを抑えることができます。

うろこ

出典:https://pixta.jp

 

5 さらにケアするなら

これらドライヤー前に行っておきたいケアと正しくドライヤーを使用することによって、ドライヤーの最大の懸念事項である熱によるダメージは解消されることでしょうが、これらのケアを追加する事によって、1つ上のケアを行うことができます。

ダメージ

出典:https://pixabay.com

 

5-1 アウトバストリートメント

ヘアオイルを含めた、洗い流さないトリートメントを、ドライヤーをかける前に髪に馴染ませておくと、ドライヤーの熱から守ることができます

ヘアオイル

出典:https://pixabay.com

▼こちらの記事もチェック

【必見!】洗い流さないトリートメント種類別人気商品

 

5-2 マイナスイオンドライヤー

空気中の水分を髪に吸着しやすいマイナスイオンに変換し、温風と共に送り出すドライヤーで、髪に水分を補給する効果があります。

ドライヤーで乾かすと急激に水分を失うため、乾燥しがちですが、マイナスイオンドライヤーを使うことにより頭皮と髪の水分を守り、潤いを与えてくれるのです。

マイナスイオン

出典:https://pixabay.com

▼こちらの記事もチェック

マイナスイオンドライヤーでワンランク上のうるツヤ髪へ

 

6 まとめ

いかがでしたか?

ここではメリット・デメリットを相対的に判断し、メリットが多くてデメリットの少ない“ドライヤーによる乾燥”を推奨し、ドライヤーを使いながらもみなさんが危惧する熱によるダメージを減らしたり、ケアする方法について書かせて頂きました。

ただし、手間や電力の消費など、どうにも軽減や解消できないポイントもあるので、ご自身のそれらの要素の中で重視すべきポイント、優先順位をつけ、ご自身のベストな方法を選んでみましょう。

Pocket

関連する記事

【自宅で解決】べたつく頭皮のケアにおすすめシャンプー5選

【自宅で解決】べたつく頭皮のケアにおすすめシャンプー5選

6,081 views

頭皮ケアはオイルで決まり!おすすめオイル5選&マッサージ法

頭皮ケアはオイルで決まり!おすすめオイル5選&マッサージ法

5,075 views

頭皮に優しいシャンプーとは?話題の厳選商品5選

頭皮に優しいシャンプーとは?話題の厳選商品5選

1,435 views

白髪がかゆいのは頭皮トラブル?原因と対策を徹底解剖

白髪がかゆいのは頭皮トラブル?原因と対策を徹底解剖

1,362 views

頭皮洗浄で脱・老け顔!毛穴をキレイにして薄毛抜毛予防

頭皮洗浄で脱・老け顔!毛穴をキレイにして薄毛抜毛予防

836 views