ストレートパーマと縮毛矯正って何が違うの?ギモンにお答えします!

gsayaimg_4697_tp_v
Pocket

1 ストレートパーマと縮毛矯正、違いはあるの?

 

「ストレートパーマ」と「縮毛矯正」、なんとなく使い分けられているような、そうでもないような、、、、

ネットで調べてみると、「パーマ落とし」くらいの弱いものが「ストレートパーマ」で、クセ毛を伸ばすのが「縮毛矯正」と書いてあるサイトもあるけど、それって本当?

そんな疑問にお答えします!

 

さらに、サロンでやるのとセルフ(市販)でやるのは何が違うのか?メリットとデメリットを比較してみました。

 

1‐1 法律による薬剤の分類

%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%9e%e5%89%a4%e3%81%ae%e8%96%ac%e4%ba%8b%e5%88%86%e9%a1%9e

厚生労働省が定めるパーマ剤の品質規格表です。

A~F ⇒ ウェーブ用のパーマ剤の規格

G~J ⇒ ストレート用のパーマ剤の規格

 

この分類においては、「パーマネントウェーブ」と「縮毛矯正」という分類になっていますね。

この「縮毛矯正」の中で、さらに薬剤の使用方法の違いとして4パターンの登録に分類されています。

①薬剤(第1剤)を塗布した後、常温(加温しない)で使うタイプ *表中G

②薬剤(第1剤)を塗布した後、加温して薬剤を使うタイプ *表中H

③薬剤(第1剤)を塗布した後、常温(加温しない)で使う+第1剤のプロセス後にストレートアイロンを使ってクセを伸ばすタイプ *表中I

④薬剤(第1剤)を塗布した後、加温して使う+第1剤のプロセス後にストレートアイロンを使ってクセを伸ばすタイプ *表中J

 

この分類によると、ストレートパーマ用の薬剤は「加温(薬剤塗布後)するorしない」か、「ストレートアイロン等を使うor使わない」の違いがあるのみで、分類の中の規格で定められた範囲のなかで薬剤のpH(ペーハー)やアルカリ度、還元剤の配合量などを設定することで薬剤の強弱が決定しますが、そこにはストレートパーマと縮毛矯正の線引きはありません。

 

つまり、薬剤の分類においては「ストレートパーマ」と「縮毛矯正」の違いは存在しない、という事になります。

効果の強い/弱い薬剤でも、アイロンを使っても/使わなくても、それはストレートパーマ=縮毛矯正用の薬剤である、といえます。

 

1‐2 美容室での分類

使っている薬剤の分類上ではストレートパーマと縮毛矯正は同じものであることがわかりましたが、美容室によっては別々のメニューになっていて価格も違う場合があるようです。

これは「アイロン施術をする/しない」など、技術的なプロセスで価格を変えてある場合に、便宜的に「ストレートパーマ」と「縮毛矯正」を別々のものとしている、などの理由によるもののようです。

 

1‐3 結論 ~ お店でストレートパーマをオーダーする場合のポイント

 

サロンでの料金設定が変動する要因は、おおまかに分類すると以下の4つがあります。

①髪の長さで段階的に違う(ショート/ミディアム/ロング など)

②技術的なプロセス(ストレートアイロン施術など)の有無・違い

③使用する薬剤の種類

③その他 (前処理・後処理=ダメージからの保護など)

これらの要素が組み合わさることで、価格設定は変動します。

 

「自分の髪の長さ」「髪質」には、「どんな薬剤」で「どのような施術プロセス」が必要なのか?

サロンでスタイリストさんに相談し、必要なプロセスと価格を教えてもらいましょう!

 

*髪の長さやダメージ度合いで変わってくるので、電話やメールなどの問い合わせではサロンも明確に答えられません。よくサロンの価格表に〇円~と書いてあるのはそのためです。

 

2 サロンでやる?セルフでやる?それぞれのメリット&デメリットを比較!

前提

たとえば、髪が長い場合。または毛先にかけて明るめのカラーリングをしている場合。同じ髪でも「生えてきたばかりの健康な根元のほう」と「カラーやパーマの履歴がある毛先のほう」ではダメージ度合いなど髪のコンディションが全く違う場合が多いです。

そういった場合、新しく伸びてきた根元部分の髪は健康ですから「傷みにくく」「かかりにくい」状態といえます。対して毛先部分は「傷みやすく」「かかりやすい」状態です。

このように、同じ髪の毛であっても部分的に全く異なる状態になっている場合が多いため、「均一」に「傷めず」にストレートを行うには「強い/弱い薬剤を使い分ける」ことや「時間差で塗布する」こと、またダメージがある場合はその箇所を薬剤から「プロテクトする処理」など、必要なプロセスが増えていきます。

 

2‐1 仕上がりのクオリティ

 

サロンでのメリット

⇒ 美容師が髪のクセの強さやダメージ度合いを見極めたうえで「薬剤は強い/弱い」、「加温する/しない」、「アイロンを使う/使わない」、などの選択肢からベストな薬剤をチョイスして施術されます。

⇒ また、アイロンでクセを伸ばす作業において最も重要なのは根元付近のクセをしっかりと伸ばすこと。とくに後頭部の根元付近はヘアスタイルのボリューム感を司る重要な部分です。

 

セルフでのデメリット

⇒ いっぽう、セルフでは自分でクセの強い部分にしっかりと薬剤を塗布し、さらにアイロン操作を行わなければなりません。これは相当に難しいため、綺麗にストレートパーマをかけるのはまず無理といえます。

 

2‐2 ダメージのリスク

 

サロンでのメリット

⇒ サロンでは薬剤を強いものと弱いもので部分的に使い分けたり、塗布時間をズラしてタイムラグを作ることで、髪の部分ごとにベストな薬剤の効果を与えることができます。こうして薬剤を使い分けることでストレートパーマの効果を最大限に発揮することができます。また、それは同時に不必要な負担を最小限に抑える結果にもなります。

 

セルフでのデメリット

⇒ セルフではかかりにくい根元から、かかりやすく毛先まで1種類の同じ薬剤を塗布することになるため、しっかりクセをのばしたい根元にはかかりにくく、かかりやすい毛先は傷んでしまうことになりやすいでしょう。

⇒ 最悪の場合、画像のように髪がチリチリになる「ビビリ毛」といわれる状態になってしまったり、薬剤で髪がボロボロになって切れてしまうことも。。。

 

2‐3 価格

%e3%81%8a%e9%87%91

http://tabi-labo.com/150059/8things-saving

 

セルフでのメリット

⇒ 価格面では市販のほうが圧倒的にリーズナブルです。市販のストレート剤であれば2千円前後くらいで購入できるようです。

⇒ いっぽう、サロンでストレートをするならカット無しでも1万円前後する場合が多いようです。

 

2-4 結論

pose_win_girl

ストレートパーマ・縮毛矯正は絶対にサロンでするのがおすすめです!

⇒ 「リーズナブルさ」という1点においてはセルフにも利点はありますが、「上手にできるか」「傷まないか」など、リスクが非常に高いです!

⇒ 一度傷んでしまった髪は元には戻りません。安く済ませるつもりが取り返しのつかないことになることも…..

⇒ しっかりした技術でかけたストレートは持ちも違いますし、仕上がりがいまいちだった場合は期間内なら無料で直してもらえますよ!

 

3 まとめ

%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81

いかがでしたか? 縮毛矯正とストレートパーマ、薬剤としての違いはないので全てを「ストレートパーマ」としているサロンもあれば、プロセスの有無で「ストレートパーマ」と「縮毛矯正」でセパレートしているサロンもあるので、ご自分の通われているサロンはどう分類しているのか聞いてみましょう!

また、市販のものを買ってセルフで行うのはかなりのリスクが伴いますのでストレートパーマや縮毛矯正はやはりプロにおまかせするのがおすすめですよ!

 

 

Pocket

関連する記事

くせ毛に効果!おすすめ対策シャンプー口コミランキング20選

くせ毛に効果!おすすめ対策シャンプー口コミランキング20選

7,413 views

【必見!】洗い流さないトリートメント種類別人気商品

【必見!】洗い流さないトリートメント種類別人気商品

1,753 views

くせ毛をシャンプーで改善!!プチプラおすすめ商品10選

くせ毛をシャンプーで改善!!プチプラおすすめ商品10選

1,518 views

もう悩まない!切れ毛改善おすすめ10選

もう悩まない!切れ毛改善おすすめ10選

1,511 views

【枝毛をなくす方法】髪のキレイな人がしているヘアケア方法

【枝毛をなくす方法】髪のキレイな人がしているヘアケア方法

1,418 views

SNSでもご購読できます。