食中毒に注意!夏のお弁当づくりのポイント11個

温度差を無くしましょう
Pocket

早くも夏モードの日が続いていますね。暑い季節になると気になるのが毎日のお弁当。要注意の食中毒ですが、日々の心がけ1つで、目に見えない細菌からお弁当を守ることができます。パパや子供のお弁当箱のふたを開けた時の嬉しそうな顔を思い描きながら、ちょっとのひと手間かけて、美味しく安全なお弁当を作って持たせてあげましょう。

 

Contents

1 夏に注意したい!食中毒を引き起こす細菌

数ある細菌の中でも特に知っておいた方が良いものをご紹介します。

1-1 加熱が不足すると生き残る細菌

細菌

出典:Pixta

加熱をすれば対処できる細菌です。お弁当を作るときはしっかり加熱をし、下記の細菌の対策をしましょう。

1-1-1 カンピロバクター

鶏肉

出典:Pixta

加熱不足の鶏肉などから感染します。

 

1-1-2 サルモネラ菌

たまご

出典:Pixta

鶏の卵や牛乳などにひそみます。

 

1-1-3 腸炎ビブリオ

『腸炎ビブリオ』は、アジやイカなどの魚介類の生食や調理器具などからの2次汚染で感染します。

 

1-1-4 アニサキス

最近注目の『アニサキス』は、魚の内臓などにいる寄生虫です。一度冷凍する、もしくは過熱すると死滅するのですが、生の魚の輸送技術が進んで冷凍しない魚が多くなったために増えてきているとも言えます。

 

1-1-5 ノロウィルス

ノロウイルスは夏には少なくなります。しかし二枚貝などの過熱不足により食中毒になりやすく、感染しやすい細菌です。

 

1-2 調理道具や方法によって繁殖する細菌

食中毒

出典:Pixta

1-2-1 黄色ブドウ球菌

手作り食品が危険な落とし穴になる『黄色ブドウ球菌』は、手の傷などにひそんでいます。傷がある場合、ゴム手袋などを使い、調理することをおすすめします。

 

1-2-2 ウエルシュ菌

カレーも危険

出典:Pixta

カレーの食中毒で有名になった『ウエルシュ菌』。100℃で6時間加熱し続けても死滅せず、また加熱後に常温で放置することで細菌がさらに増殖する、とても怖い菌です。

 

2 お弁当のおかずをつくる際に注意したいポイント11個

食中毒を心配する時、最初に「傷みにくい料理は何?」と考えてしまいがちですが、料理の種類よりもまず先に、キッチンや調理する人の衛生状態の管理をすることが大切です。

2-1 夏のお弁当には不向きなメニューは外しましょう

2-1-1 肉じゃがなど水分が多い煮物は注意が必要です

水分や糖分があると細菌が繁殖しやすくなるため、肉じゃがなどの煮物には注意が必要です。しっかり煮込み、水分を飛ばすと傷みにくくなります。

 

2-1-2 半熟たまごはNG!たまご料理を入れる場合はしっかり加熱しましょう

サルモネラ菌が気になるたまご料理。半熟のゆで卵などは、入れることをおすすめしません。しかし、厚焼き玉子のように完全に火が通っていれば問題ありません。

 

2-1-3 生の野菜はおすすめしません

生野菜はおすすめしません

出典:Pixta

彩りのために入れることも多いレタスなどの生野菜は注意が必要です。水分を多く持った生野菜は細菌が繁殖しやすくなります。また、彩りや隙間を埋めるのに便利なプチトマトもヘタと実の間の隙間に細菌が残りやすく、注意が必要です。お弁当に入れる際にはヘタを外して洗うようにしましょう。

 

2-1-4 肉・魚類・魚卵もしっかり加熱をしましょう

肉・魚類・魚卵などは、十分すぎるくらいに加熱をしましょう。ハムやソーセージ、かまぼこなどの加工食品も火を通した方が無難です。

 

2-2 手を清潔にしましょう

手を洗いましょう

出典:Pixta

手洗いはもちろん必須です。爪や指の間から手首までを、しっかりと洗いましょう。手を拭くときは清潔なタオルで、使い捨てのキッチンペーパーならばさらに安心です。

2-2-1 手に傷がある場合は注意が必要です

傷があっても、お弁当をつくらないわけにはいかないのがママです。そんな時は、傷を絆創膏などで保護して、その上からゴム手袋をはめて調理しましょう。それでも気になる場合は、アルコール除菌のスプレーをゴム手袋にかけて使用してください。

 

2-3 キッチンも清潔にしましょう

キッチンを清潔にしましょう

出典:Pixta

調理器具やシンクなどに残ったわずかな食品カスや汚れが、細菌の栄養源になってしまいます。洗った後の食器や調理器具をしっかり乾燥させることは重要なポイントです。

 

2-4 泥つき野菜はまな板や調理台に乗せないようにしましょう

泥付き野菜

出典:Pixta

家庭菜園などの採れたて食材で調理するとき、泥の処理も大切です。キッチンに持ち込む前に大体の泥を落とし、シンクの中に新聞紙を敷いた上で、乾いた状態で皮をむきましょう。

ゴミは新聞ごとまとめて捨てられますし、濡れていない生ゴミは匂いも発生しにくいです。

皮をむいた野菜をさっと水で洗ってからまな板や調理台に乗せることで、泥からの雑菌を防ぐことができます。

 

2-5 肉用・魚用・野菜用とまな板を使い分けましょう

まな板を分けましょう

出典:Pixta

肉や魚から出た水分などには細菌が繁殖しやすいので、まな板の使い方には特に気を配りましょう。肉・魚・野菜と、それぞれ使い分けることで安全に調理ができます。

特に、火を通さないサラダの野菜や果物は、肉魚(なまもの)用とはしっかり分けるようにしましょう。肉や魚と同じまな板で野菜や果物を切ると、まな板に残っていた細菌が野菜についてしまい、そのまま火を通さずに食べることで食中毒につながる場合もあるのです。

 

2-6 食材をしっかり加熱しましょう

火を通しましょう

出典:PhotoAC

お弁当づくりで大切なのは、しっかり加熱をすること。熱の通っていない状態の食材をお弁当に詰めることは危険です。しっかりと食材を洗い、お弁当の詰め方を工夫しても、食材が細菌を持っていたら、せっかくの苦労も台無しです。毎朝忙しいと思いますが食材の中心まで、熱を通すことを心掛けましょう。

 

2-7 お弁当箱をお酢またはアルコール除菌スプレーで拭いてから詰めましょう

除菌しましょう

出典:Pixta

2-7-1 お酢でお弁当箱を除菌

殺菌作用もあるお酢でお弁当箱をさっと拭いてから詰めることで、細菌からお弁当を守ります。お酢の匂いはすぐに消えるので気になりません。

 

2-7-2 アルコールスプレーでお弁当箱を除菌

最近はアルコール除菌スプレーを家庭に置いている人も多いのではないでしょうか。お弁当を詰める前にさっと吹きかけ、キッチンペーパーでふき取りましょう。

 

ジェームズマーティン JAMES MARTIN 除菌用アルコール スプレーボトル 500ml

除菌スプレー

出典:Amazon

販売価格:¥1,640 ※2017年7月8日 Amazon調べ

詳しくはこちら>>Amazon

 

フマキラー キッチン用 アルコール除菌スプレー 400ml

アルコールスプレー

出典:Amazon

販売価格:¥322 ※2017年7月8日 Amazon調べ

詳しくはこちら>>Amazon

 

2-8 おにぎりはラップを使用して握りましょう

ラップを使用しておにぎりを作りましょう

出典:Pixta

おにぎりを作るときはラップを使って握りましょう。手についている細菌がうつる危険を回避できます。

 

2-9 おかずの温度差を無くしてから詰めましょう

温度差を無くしましょう

出典:Pixta

おかずとご飯は、同じくらいの温度に冷ましてから詰めましょう。微妙な温度差がお弁当箱の中で生じると、湯気などから水分が発生して、傷みの元となる場合があります。

 

2-10 出来上がったお弁当は保冷バックや保冷袋に入れて持たせましょう

忙しい朝、作ったお弁当を完全に冷やすのはなかなか手間ですよね。そんなときは、蓋が保冷剤になっているお弁当箱や凍らせたペットボトルのドリンクなどを一緒に保冷バッグに入れたりして、お弁当を冷たく保存しましょう。

 

2-11 夏の間はキャラ弁も注意して作りましょう

キャラ弁に注意しましょう

出典:Pixta

子供が大好きなキャラ弁ですが、食材を手に持って細工する時間が長くなると細菌の発生につながる場合もあるので、夏場は少し控えて、手早く作れるものにチェンジしましょう。その分、カラフルな野菜など、色で楽しませるような工夫をしてみるといいですね。

2-11-1 お手頃なのに使える100均お弁当グッズ

抗菌シートは銀イオンが練り込まれたフィルムを冷ました食品の上にのせて、雑菌の繁殖を抑えます。保冷バッグや保冷剤、抗菌アルミホイルなども夏のお弁当にはあると便利な商品です。

保冷剤には、輪切りのフルーツ柄やアイスクリーム柄、大人向けにはペイズリー柄などもあって、ただ冷やすだけではない商品もたくさんありますよ。

 

3 暑い季節にもおすすめ!夏のお弁当メニュー7選

3-1 殺菌効果のある『クエン酸』を使ったメニューを考えてみましょう

昔懐かしい『日の丸弁当』を知っていますか?白いご飯の上に、赤くていかにも酸っぱそうな梅干しがひとつ乗ったお弁当を昔はそう呼びました。この酸っぱさこそ、細菌からお弁当を守ってくれる大切なアイテムなのです。

3-1-1 梅干し炊き込みご飯

梅干し炊き込みごはん

出典:Pixta

お米を梅干しと一緒に炊くと、傷みやすいお米を酸が守って美味しいご飯が出来上がります。炊くときから梅干しを入れることで、強い酸味はまろやかに、ほんのり甘酸っぱい美味しいご飯に炊き上がります。

 

3-1-2 野菜のピクルス

ピクルスもおすすめ

出典:Pixta

ニンジンやセロリ、パプリカなどをさっと火を通して(レンジでチンでもOK)温めたピクルス液に漬け込みます。味は温度が冷めるときに染み込むため、ピクルス液も温めます。

子供向きには、ピクルス液を一度沸かすと酸味が飛んで甘さも出てくるので食べやすくなります。彩りも加わるので、お弁当が華やかになりますよ。

また、お弁当に詰めるときは汁気をよく切って、シリコンカップなどで小分けにすると味移りもなく良いでしょう。

 

3-2 しっかりと火を通して美味しいきんぴらを

きんぴら

出典:Pixta

細菌は水分を介して増殖しやすいので、煮物などのおかずはよく煮含めて汁気を飛ばして仕上げましょう。煮物の中でもきんぴらは、野菜を炒めてしょうゆとお砂糖で味を付けて炒め煮にする料理なので、様々な食材で作ることが出来ます。

3-2-1 きのこのきんぴら

きのこのきんぴら

出典:Pixta

数種類のきのこを使ってきんぴらを作っても美味しくいただけます。

 

3-2-2 こんにゃくのきんぴら

こんにゃくのきんぴら

出典:Pixta

こんにゃくのきんぴらは、お腹まわりが気になってきたパパのお弁当にもぴったりです。

 

3-3 味が染み込みやすい揚げ物は夏におすすめ

揚げ物は中までしっかりと火が通るので、お弁当に向いています。冷ました揚げ物は、味がよく染みて美味しくいただけますよ。ケチャップやソースは容器に入れて、別添えにしましょう。

ただし、傷みやすいジャガイモやかぼちゃを使ったコロッケは避けた方が良いでしょう。

3-3-1 ソーセージやちくわも揚げるとさらに美味しくなります

ちくわ

出典:Pixta

ハム・ソーセージ・かまぼこ・ちくわなどは、そのまま使えて便利な食材ですが、食中毒を引き起こす細菌がついている場合も少なくありません。パン粉や衣をつけて揚げ調理すると美味しくいただけます。

 

3-3-2 お弁当の定番からあげもおすすめ

からあげもおすすめ

出典:Pixta

お弁当の定番であるからあげも夏のお弁当におすすめです。揚げムラがないよう中心まで火が通っているか、調理の際に確認しましょう。

 

3-4 冷凍商品を利用して保冷効果を高めましょう

3-4-1 自然解凍OKの冷凍食品は便利です

冷凍食品も活用しましょう

出典:Pixta

時間のないときは、凍ったまま詰めるだけでお昼には食べ頃に解凍される、お弁当用の冷凍食品がとても便利です。自分で作ったおかずを冷凍したものとは違って業務用の急速冷凍の商品は解けたときにも水分が出過ぎないようにできているので傷みにくいのです。

 

3-4-2 子供も喜ぶ、一口ゼリーを凍らせて入れるのもおすすめ

ゼリーを凍らせてもおすすめ

出典:Pixta

一口サイズのゼリーやフルーツなどを凍らせたものは、保冷剤の役目も果たして、お子さんにも喜ばれる美味しいデザートになります。

 

4 まとめ

いかがでしたか?食中毒は甘く見ると本当に怖いものですが、きちんと守ることを把握していれば、難しくなく回避できることです。しかし、ちょっとした油断で起きてしまうことでもあるので、食べる人のことを思って丁寧なお弁当を作りましょう!

Pocket

おすすめ記事

関連する記事

「ボタニスト」のショップが表参道に7月15日オープン!

「ボタニスト」のショップが表参道に7月15日オープン!

1,597ビュー

あの天才も使っていた!知育玩具&知育本16選【幼児編】

あの天才も使っていた!知育玩具&知育本16選【幼児編】

961ビュー

【最新】おしゃれキッチン家電18選~便利で優秀だから人気!

【最新】おしゃれキッチン家電18選~便利で優秀だから人気!

650ビュー

全国クリスマスイルミネーション2016

全国クリスマスイルミネーション2016

430ビュー

ショップ限定商品も!ボタニスト トウキョウ1Fをレポート

ショップ限定商品も!ボタニスト トウキョウ1Fをレポート

232ビュー