白髪染めの色持ちが悪いと思ったらすぐ実践すべき7つの対策

Pocket

白髪染めをしてもすぐに色が抜けてしまったり、根元の白い部分がキラキラと浮き出てしまったりして困っていませんか?しっかり染めたはずなのに色持ちが悪いとがっかりしてしまいますよね。

今回は、白髪染めの色持ちが悪くなる原因と、長持ちさせるにはどのような対策をしたら良いのかなどをご紹介します。

◆ 最終更新日:2020年7月16日

1 白髪染めの色持ち期間はどれくらい?

白髪染めの持ちの悪さに悩んでいる女性はとても多く、なかにはまだ1週間ほどしか経っていないのに白髪が浮き出てしまって困っている人もいるようです。しかし、どのくらい色味をキープできたら長持ちと呼べるのか、その目安が曖昧ですよね。

そこでまずは白髪染めが色持ちする期間について一緒に見ていきましょう。

1-1 トーンにより異なる

トーン出典:123RF

カラーリングをする際によく耳にするトーンとは染め上がりの明るさのことです。1~10の数字で表現され、数が大きいほど明るい色に仕上がります。白髪染めは、日本人の地毛と同じ5~6トーンほどで染めれば、基本的には何ヶ月経っても色が落ちてしまうことはありません。

一方で、8~9トーンの明るい色だと、1ヶ月半~2ヶ月ほどで染料が徐々に抜けてしまうと言われています。

1-2 髪のコンディションによる

髪出典:123RF

ただし、毛髪の状態によっては、5~6トーンほどの暗めの色でもすぐに色落ちする可能性があります。同様に明るく染めてからまだ1~2週間程度しか経っていないのに、白髪が浮き出たり色褪せてしまうこともあります。

髪がどのようなコンディションだと、白髪染めの色持ちが悪くなってしまうのでしょうか?

 

2 髪のコンディションにより色持ちが変わる

髪のコンディション出典:123RF

私たちの毛髪を保護する役目を担っているキューティクルは、内部に浸透させた白髪染めの染料が抜けないようにするために欠かせないものです。しかし、さまざまな原因により髪がダメージを受けることで、剥がれ落ちたり、めくれたりしてしまいます。その結果、そのすき間から染料が抜け出ていってしまうのです。

そのため、白髪染めの色持ちを良くするためにはまず、キューティクルを引き締まった健やかな状態にすることが重要です。

 

3 色持ちが悪くなる原因

ここからは、キューティクルにダメージを与えて、白髪染めの持ちを悪くしてしまう具体的な原因について見ていきましょう。

3-1 紫外線

紫外線出典:123RF

髪は体の中で一番太陽に近い位置にあるため、紫外線の影響を多く受けているパーツです。顔と比べると、およそ5倍ものダメージを受けていると言われています。さらに、皮膚と違って再生することもないため、その損傷を修復することなく、どんどん蓄積してしまいます

3-2 ドライヤー

ドライヤー出典:123RF

髪を乾かすとき、15~20cm以上離れたところからドライヤーの温風を当てるよう心がけていますか?温風の温度はドライヤーから出た時は100℃前後。髪は55℃以上の熱に当たると乾燥し、ダメージを受けてしまうと言われています。

また、ヘアアイロンも同様で、使いすぎや温度設定が高すぎる場合にも注意が必要です。

3-3 シャンプーによる刺激

シャンプー出典:123RF

ドラッグストアなどで売られている一般的なシャンプーには、刺激の強い石油系洗浄成分が使われています。洗浄力や脱脂力が強いため、使い続けているとキューティクルに大きなダメージを与えるだけでなく、髪内部に定着していたはずの白髪染めの成分をごっそり取り除いてしまいます。

3-4 整髪料の使い過ぎ

整髪料出典:123RF

染めた直後から整髪料をたくさん使ってしまうと、その成分によって白髪染めの染料を落としてしまうことがあります。また、整髪料を洗い落とそうとシャンプーに時間をかけすぎることも色が抜ける原因になります。

3-5 パーマや白髪染めで使うアルカリ剤

アルカリ剤出典:123RF

パーマや白髪染めをするときに使うアルカリ剤には、キューティクルを強引に開く効果があります。これにより薬液や染料が髪内部に浸透しやすくなり、しっかりパーマをかけたり、きれいに色づけたりすることができるのです。

しかし、アフターケアをしっかり行わないと、キューティクルが開いたままの状態になってしまいます。

3-6 摩擦

タオルドライ出典:123RF

私たちの髪は、思っている以上にもろいものです。洗髪後にタオルドライをしすぎたり、ヘアアレンジをするときに逆毛を立てたりする機会が多いと摩擦によって切れ毛や枝毛が増え、毛先から染料が抜け出ていってしまいます。

3-7 水で濡れた状態でいること

水で濡れた状態出典:123RF

キューティクルは濡れると膨張して開く性質があります。そのため、汗や雨で髪が濡れてしまったり、入浴時に長時間お湯に浸したりすると、その隙間から白髪染めの染料が抜けていく場合があります。

 

次ページ > 今日からできる白髪染めを長持ちさせる方法

 

Pocket

おすすめ記事

関連する記事

2020年版市販の白髪染めおすすめランキング22選【美容師解説】

2020年版市販の白髪染めおすすめランキング22選【美容師解説】

1,378,702ビュー

【美容師に聞く】白髪を明るい色に染める方法&市販の明るい白髪染めおすすめ10選

【美容師に聞く】白髪を明るい色に染める方法&市販の明るい白髪染めおすすめ10選

242,476ビュー

【2020年最新】人気の白髪染めシャンプーランキングTOP7

【2020年最新】人気の白髪染めシャンプーランキングTOP7

195,330ビュー

黒髪も染まる!カラートリートメント人気ランキングTOP15

黒髪も染まる!カラートリートメント人気ランキングTOP15

189,145ビュー

「あえて」白髪を染めないカッコイイ女性になるために知りたい6つのこと

「あえて」白髪を染めないカッコイイ女性になるために知りたい6つのこと

180,182ビュー

白髪染めシャンプーは本当に染まるの?口コミ全部教えます!

白髪染めシャンプーは本当に染まるの?口コミ全部教えます!

136,224ビュー

【2020年】白髪隠しおすすめ18選!スティックやマスカラなど使いやすさを比較

【2020年】白髪隠しおすすめ18選!スティックやマスカラなど使いやすさを比較

128,749ビュー

カラートリートメントおすすめランキング5選!髪をケアしながら白髪染め

カラートリートメントおすすめランキング5選!髪をケアしながら白髪染め

111,237ビュー

【永久保存版】白髪染めの頻度でお困りのすべての人へ

【永久保存版】白髪染めの頻度でお困りのすべての人へ

68,764ビュー