枝毛の原因と今日からできる対策方法

傷み
Pocket

原因はよく分からないけど、なんだか最近枝毛が増えてきた、、、実は枝毛になってしまう原因は日常生活のいたるところに潜んでいるのです。そこで今回は、枝毛や髪ダメージの原因となる日常生活の行動を知り、その上で枝毛を減らすための方法をご紹介します。この機会に枝毛の原因を改善して、髪に美しさを戻してみませんか。

1 日常生活に潜む枝毛の原因行動

どんな行動によって枝毛を引き起こしてしまうのでしょうか?今すぐやめたい原因を見てましょう。

1-1 誤ったシャンプーをしていませんか?

原因の1つはシャンプーです。髪を洗う際にシャンプーを手に取りますが、泡立てずに頭髪に直で塗り、髪を洗うことで髪同士が擦れ、髪表面のキューティクルを剥がしてしまい傷つけてしまいます。また表面が傷つくと髪から水分や栄養が抜けてしまうため乾燥し、枝毛のもととなってしまいます。シャンプーを手に取ったら少しお湯を加えながらしっかり泡立て、それから髪を洗うようにしましょう

枝毛

出典:https://pixta.jp/

 

1-2 つい強くタオルで拭いていませんか?

髪は濡れると表面のキューティクルが剥がれやすくデリケートな状態になってしまいます。そんな状態の髪をタオルで拭きあげるのも大変危険です。タオルで軽めに包んだら、ポンポンと押さえながら水気を取っていきましょう。

 

1-3 ドライヤーに時間をかけ過ぎていませんか?

キューティクルは熱にとても弱いです。ドライヤーをかけないとその他のデメリットもあるので、ドライヤーは必ずしなげればいけませんが、あまり長時間熱をあててしまうとキューティクルが剥がれ、それにより水分が抜けてしまい、乾燥による枝毛を作りやすくなってしまいます。ドライヤーによるリスクを軽減する意味でも入念なタオリングが重要なのです。

時間

出典:https://pixta.jp/

 

1-4 うっかり自然乾燥しちゃっていませんか?

キューティクルのことだけを考えるとドライヤーをしない方が…と考えてしまいますが、実は自然乾燥はもっと危険なのです。地肌が湿った状態だと非常に雑菌が繁殖しやすくなります。また、髪が濡れたまま寝てしまうと枕と髪が擦れ、枝毛の原因になります。

 

1-5 もしかして…いじめていませんか?

髪を染めたりパーマをかけたり、2ヶ月に1回程度であれば、髪はその間に補修・回復するので大きな問題ではないのですが、美への意識が高すぎるがあまり、間隔をあまり空けずに髪染めなどを繰り返していると髪が傷み、枝毛や切れ毛を引き起こす原因となってしまいます。せっかくのオシャレも髪が傷んでいては意味がありませんからダメージの状態を見ながら行うようにしましょう。

傷み

出典:https://pixta.jp/

 

1-6 バランスの良い食事、してますか?

栄養バランスを無視した無茶なダイエットや偏食、またインスタント食品や外食、脂っこいジャンクフードばかりの食生活になっていませんか?バランスの悪い食生活は健康な髪や頭皮環境が生成出来なくなってしまう事もあります。髪に良い食品やタンパク質、ミネラルのように意識的に摂った方が良い栄養もありますが、まずはバランスの良い食事を意識し、食生活を見直してみましょう。

バランスの良い食事

出典:https://pixta.jp/

 

1-7 睡眠不足が影響している?

睡眠も大きく影響しています。健康な髪を手に入れるためには髪にとってのゴールデンタイムを意識するようにしましょう。髪にとってのゴールデンタイムというのが夜の22時から日をまたいだ翌2時までの4時間です。この4時間が髪に栄養を取り入れる毛母細胞が活発になる&成長ホルモンの分泌が一番活発になる時間なのです。夜の22時に就寝するのは無理かもしれませんが、髪だけでなく翌朝の肌にも大きく影響するのでなるべくゴールデンタイムに多くの睡眠がとれるように心掛けましょう。

睡眠不足

出典:https://pixta.jp/

 

2 今すぐ取り入れられる対策法

ここまで枝毛の原因を見てきましたが、思い当たる要素は見つかりましたか?そんな原因を解消すべく、今日から取り入れられる対策法をみていきましょう。

対策法

出典:https://pixta.jp/

まずはシャンプーの方法から改善しましょう!

2-1 ブラッシング

髪を濡らす前のブラッシングは、頭皮の汚れや髪の間に入り込んだ抜け毛、ホコリなどを浮かして取り除きやすくすることが目的です。

 

2-2 予洗い

お湯の温度は頭皮を傷めない38℃くらいのややぬるめが理想です。まずぬるま湯で頭皮や髪全体を濡らし、ブラッシングで浮かした汚れを流したら約3分間、指の腹を使って頭皮をマッサージするような感覚で洗います。予洗いは濡らすだけではありません。この工程でかなりの割合の汚れを落とすことが出来、またシャンプーの泡立ちが良くなります。

予洗い

出典:https://pixta.jp/

 

2-3 シャンプー

予洗いの余分な水分を切り、シャンプーによる本洗いに入りますが、シャンプーを手に取ったらしっかりと手の平で泡立ててから頭髪につけていきましょう。あまり泡立たない時はお湯をちょっと足したり、泡立てネットの使用をおすすめします。また毛量が多いからとシャンプーをたっぷり使用される方もいますが、ポンプ式ならワンプッシュ、そうでないものでも100円玉大で十分です。あまり大量のシャンプーを使用すると逆に髪を痛める事がありますので適量を守りましょう。

 

2-4 すすぎ

意外な盲点がこのすすぎです。ここで汚れや皮脂、シャンプーを洗い流すのですが、多くの人がこのすすぎをきちんと行えていないのです。すすぎ不足によってシャンプーなどが頭皮や髪に残留したままだと、肌荒れや髪を痛める原因になってしまうので注意が必要です。特に残留しやすい襟足や生え際、耳の周辺は念入りにすすぎを行うようにしましょう。

すすぎ

出典:https://pixta.jp/

 

2-5 タオルドライ

枝毛を予防したいのであれば入浴後のケアにも細心の注意を払いましょう。早く髪を乾かそうとタオルで強く拭いてしまうとキューティクルを剥がしてしまいます。濡れた髪の水気をしっかりきった上でタオルドライを行うことをおすすめします。

生え際からタオルをあて、優しく手揉みするようなイメージでトントンと押しながら水気をタオルに移していきましょう。髪の水分を拭きとるのではなく、タオルに水気を移す意識で行うといいでしょう。

 

2-6 ドライヤーを正しく使う

キューティクルはデリケートで熱にも弱いのでドライヤーをかける際にも注意が必要です。その注意とは頭皮とドライヤーとの距離です。頭皮から約15~20cm離し、熱風が分散するようにドライヤーを細やかに動かしながら、髪の生え際から乾かしていきましょう。

熱からの負担を最低限にするためタオルドライを十分に行い、またドライヤーを左右に小刻みに揺らすようにして熱を分散させながら乾かし、ドライヤーを短時間で終わらせられるようにしましょう。

ドライヤー

出典:https://pixta.jp/

 

3 内側から変えよう!

3-1 まずは食生活を変えよう

健康な髪を生成するにあたって、食生活の見直しは必須です。栄養バランスの良い食事を心がけましょう。特に髪に良いとされるたんぱく質亜鉛ビタミンB郡を積極的に摂るようにしましょう。

栄養バランス

出典:https://pixta.jp/

 

3-1-1 たんぱく質が豊富な食品

肉、魚、卵、乳製品、大豆、大豆加工品(納豆や豆腐)など

大豆加工品

出典:https://pixta.jp/

 

3-1-2 亜鉛が豊富な食品

肉(特に赤身やレバー)、牡蠣、いわし、ナッツ類など

ナッツ

出典:https://pixta.jp/

 

3-1-3 ビタミンB郡が豊富な食品

マグロ、カツオ、バナナ、緑黄色野菜、卵、ナッツ類など

緑黄色野菜

出典:https://pixta.jp/

 

4 修復はできなので応急処置をしよう

枝毛を予防することは出来ますが、既に枝毛になってしまった髪は元に戻ることはありません。しかし枝毛をそのまま放置すると枝毛はどんどん裂け、悪化することもありますので、枝毛を見つけたら枝分かれする2~3cm上ぐらいから、カットすることをおすすめします。抜くという方もいますが毛根が傷み、毛が細くなってしまったり、生えてこなくなることもあるためおすすめしません。

 

5 アウトバストリートメントを活用しよう

正しいシャンプー、ドライヤー方法なども大切ですが、アウトバストリートメントによるケアをおすすめします。ここでは人気のアウトバストリートメントを3つご紹介しますので、これらで栄養と潤いを補い、艶やかで健康な髪を保ちましょう。

5-1 ケラスターゼNUソワン オレオ リラックス

幅広い年代に人気のケラスターゼのアウトバスオイル。べたつかないサラっとした使い心地なので初心者にも使い易いと評判です。

 

ケラスターゼNUソワン オレオ リラックス

出典:Amazon

《商品情報の詳細・ご購入はこちら》

販売価格:¥3,000(平成29年6月15日Amazon調べ)

内容量:125ml

 

5-2 モーガンズ・ディープモイストオイル

天然成分にこだわって作られたしっとり系ヘアオイル。どんな髪質にも対応してくれて浸透度が高いので瑞々しい頭皮や肌に導いてくれます。

瑞々しい頭

出典:Amazon

《商品情報の詳細・ご購入はこちら》

販売価格:¥2,700 (平成29年6月15日Amazon調べ)

内容量:122g

 

5-3 フラガールヘアオイル

ハワイアンオイルをたっぷり配合。髪に栄養を与える、修復する、守るという3拍子揃ったヘアオイルで、髪への馴染みも良いため、乾燥を防ぎ、艶やかな髪へと導いてくれます。

ハワイアン

《商品情報の詳細・ご購入はこちら》

販売価格:¥2,484 (平成29年6月15日Amazon調べ)

内容量:150ml

 

6 まとめ

枝毛や髪を傷める原因、その対策法をみていきましたが思い当たる要素はありましたか?普段の生活の中で枝毛に繋がる原因行動をとってしまっていた方も少なくないと思います。髪の乾燥やそれによるダメージにより枝毛を引き起こすことも多くあります。ここで挙げた内容を今一度読んで、枝毛を予防し、健やかな髪を取り戻していきましょう。

Pocket

関連する記事

【2017年最新】市販のトリートメントでプロも驚きのツヤ!ランキング32選

【2017年最新】市販のトリートメントでプロも驚きのツヤ!ランキング32選

234,119 views

今人気のヘアクリームでツヤツヤヘアケアを始めませんか!?

今人気のヘアクリームでツヤツヤヘアケアを始めませんか!?

61,078 views

サロン御用達!人気ヘアトリートメントランキング

サロン御用達!人気ヘアトリートメントランキング

36,931 views

【徹底調査】市販のヘアパック15選と手作りヘアパックレシピ6選

【徹底調査】市販のヘアパック15選と手作りヘアパックレシピ6選

11,791 views

必読!パサパサ髪をしっとりさせる4つの方法

必読!パサパサ髪をしっとりさせる4つの方法

9,636 views