【パサパサの髪の毛は卒業】原因を知って乾燥にも負けないしっとりツヤ髪に

Pocket

2-3 正しい流れでヘアケアをしよう

私は大丈夫!と思われるかもしれませんが、意外と毎日間違ったヘアケアをしてしまっていることも少なくないのです。

シャンプー後のリンスやコンディショナー、トリートメントなどは使うものによってその方法が異なるので、今回はシャンプーとドライヤー、その前後について正しいヘアケア方法の手順をお教えします。

2-3-1 シャンプー前にブラッシングをする

ブラッシング出典:PIXTA

髪に付着したホコリや汚れなどを浮き上がらせます。

2-3-2 予洗い

予洗い出典:PIXTA

40℃弱のぬるま湯で、ブラッシングにより浮き上がらせた汚れなどを指の腹で揉むようにマッサージをしながら洗い流します。セミロングで2~3分を目安に行いましょう。

2-3-3 効果的なシャンプー方法

シャンプー出典:PIXTA

手で軽く水気をきったら、シャンプーを手にとり、両手に広げて泡立てます。誤解している方も多いのですが、シャンプーは髪を洗うものではなく、頭皮を洗うものです。指の腹で頭皮をマッサージするように洗っていきましょう。

2-3-4 ぬるま湯ですすぐ

すすぐ出典:PIXTA

シャンプーをすすぐ時のポイントは40℃弱のぬるま湯ですすぐことと、シャンプーの2倍の時間をかけるつもりで入念に行うことです。すすぎ残しは頭皮、髪にとって悪影響を及ぼします。襟足やこめかみなどの生え際はすすぎ残しやすいので注意しましょう。

2-3-5 水気をきる

水気をきる出典:PIXTA

十分にすすいだら、手のひらで押さえたり、毛先を軽く絞ったりして、余計な水気をきりましょう。

2-3-6 タオルドライ

タオルドライ出典:PIXTA

しっかり水分を拭き取ろうとして、ついゴシゴシ拭いてしまいがちですが、濡れた髪はキューティクルが開いた状態なので、ゴシゴシ拭いてしまうと摩擦により、髪表面が傷ついてしまいます。

タオルで髪を包み、髪の水分をタオルに移していくイメージでタオルの上から手のひらで押しながら水分をとり、その後、優しく手揉みするように頭皮の水分を拭いていきましょう。

2-3-7 ヘアオイル

ヘアオイル出典:PIXTA

水分をタオルに移したら、ヘアオイルをつけましょう。少量のオイルを手のひらにとり、両手で伸ばし、馴染ませていきます。そして、そのまま両手で髪の内側から毛先にかけて優しく揉み込むように馴染ませます。ムラづけしたり、過剰につけるとベタっとしてしまうので、少しずつ様子を見ながらつけていきましょう。

2-3-8 ドライヤー

ドライヤー出典:PIXTA

2-3-8-1 ドライヤーは離して使おう

吹き出し口から放出されるドライヤーの熱風は110℃にもなります。髪は100℃を越えるとダメージを受けます。吹き出し口から離せば離すほど風の温度も低くなるため、約15~20cmほど離すと、約70~90℃まで温度が下がり、ダメージを受けにくくなります。

2-3-8-2 かける時間を短縮しよう

距離もですが、ドライヤーをかける時間もダメージを受ける要因になります。セミロングで6~7分が目安なのですが、かといって生乾きは雑菌の繁殖やキューティクルを傷める原因になるので、タオルドライを十分に行ったり、片手で髪をかき分けて温風の通り道を作ったりして、ドライヤーをかける時間を短縮させて乾かすことを意識しましょう。

2-3-8-3 乾かす時は根元から一方通行

髪表面のキューティクルは根元から毛先にかけてうろこ状になっているため、ドライヤーも根元から毛先にかけて風が一方通行になるように意識しながら、風をあてましょう。そうすると濡れている時に開いたキューティクルが同方向に綺麗に閉じ、水分も閉じ込められるため、うるおいを保つことが出来るほか、艶も良くなります

2-3-8-4 深刻な時は自宅でスペシャルケアしよう

スペシャルケア出典:PIXTA

パサつきや広がりが特に深刻な時は、スペシャルケアをしましょう。スペシャルケアといっても簡単なケアです。お風呂に入る30分ほど前にオイルを頭皮にたっぷりとつけ、指の腹を使いながら頭皮や髪全体に馴染ませながらマッサージをします。オイルが馴染んだところで頭にラップを巻き、その上から蒸しタオルをグルっと巻いて、熱を加えていきます。そのまま20分ほど放置したら、すすいでいつも通り入浴するだけ。

たったこれだけですが、いつもとは異なるしっとり感を実感することができます。

2-4 生活習慣を見直そう

生活習慣出典:PIXTA

一時的ではなく、長期的にしっとりとしたうるおいのある髪を手に入れるためには、外側からのケアと同時に、これから生えてくる髪や頭皮を健康にさせるべく、生活習慣の改善といった内側からのケアも行う必要があります。

特にすぐに取り掛かるべきは、この3つです。

1.栄養バランスの良い食事を規則正しい時間に摂ること
2.適度な運動を行って代謝や血行を促すこと
3.夜22時から午前2時の髪にとってのゴールデンタイム内にできるだけ質の良い睡眠をとること

これらを見直し、内側からの美しさを手に入れ、根本的な改善を行いましょう。

 

3 パサつきや広がりを隠すヘアアレンジ

今までご紹介したヘアケアで、しっとり髪を手に入れることができるのですが、髪質やうるおいが改善するまでの間、パサつきや広がりを隠すことができる簡単ヘアアレンジを6つご紹介します。

3-1 バナナクリップで留めるだけ

ワンレン、アップ、ハーフアップなど好みのスタイルでまとめて、バナナクリップで留めるだけ。時間がない時に助かる簡単ヘアアレンジです。

バナナクリップ出典:https://matome.naver.jp/

3-2 くるくるお団子アレンジ

簡単なのにスマートな印象に仕上がるお団子アレンジ。髪を後ろでまとめたら、そのままくるっとねじりながらお団子を作り、ピンで留めるだけ。お団子の位置を少し低めにすると今っぽく仕上がり、高めの位置にすると若々しさが出せるヘアアレンジです。

くるくるお団子アレンジ出典:http://www.actitudfem.com/

3-3 ねじり上げて留めるだけ

オフィスにぴったりのねじり上げてまとめるヘアアレンジ。髪を後ろでひとつにまとめ、トップから髪の毛を引っ張り出します。それをねじりながら後頭部に沿って巻き上げるようにし、つむじ周辺でくるっとまとめ、最後にピンで留めるだけ。とても簡単なのにきちんとした感じが出せるのもポイントです。

ねじり上げて留めるだけ出典:http://cutesimplehairstyles.com/

3-4 くるっと一回転アレンジ

こちらもビジネスシーンでも使えそうなアレンジ。まずはポニーテールを作り、ゴムで留めます。ゴムで留めたらその少し手前にスペースを空け、結んだ髪を下からくるっと通したら、毛束を左右に分けて、きつめに結び目をつけるだけ。それでも広がりが気になる場合は、くるっと通した髪の毛先を三つ編みにしたりしてみましょう。

くるっと一回転アレンジ出典:https://matome.naver.jp/

3-5 ギブソンタックスタイル

ポニーテールにし、それをもう1回毛束に入れ込むようにまとめて、ピンで留めるだけ。どこか洗練された気品漂うエレガントスタイルになります。

ギブソンタックスタイル出典:http://hair-style-tips.jp/

 

4 まとめ

パサパサした髪も広がる髪も、ご紹介したような簡単な対策方法で改善することができます。原因と対策方法がわかったら、あとは実行あるのみです。毎日の生活に取り入れられそうなものから実践し、周囲から羨ましがられるしっとりうるおいのある髪を手に入れましょう。

 

Pocket

おすすめ記事

関連する記事

市販のトリートメントで驚きのツヤ!2019年おすすめランキング40選【美容師が解説】

市販のトリートメントで驚きのツヤ!2019年おすすめランキング40選【美容師が解説】

2,062,299ビュー

【価格別】口コミで人気のおすすめヘアクリーム22選

【価格別】口コミで人気のおすすめヘアクリーム22選

262,319ビュー

美容院・サロン御用達!人気ヘアトリートメントおすすめランキング12選

美容院・サロン御用達!人気ヘアトリートメントおすすめランキング12選

211,226ビュー

憧れの艶髪へ!パサパサ対策におすすめの市販トリートメント26選

憧れの艶髪へ!パサパサ対策におすすめの市販トリートメント26選

198,461ビュー

【パサパサの髪の毛は卒業】原因を知って乾燥にも負けないしっとりツヤ髪に

【パサパサの髪の毛は卒業】原因を知って乾燥にも負けないしっとりツヤ髪に

111,103ビュー

髪の毛を艶ツヤにする8つの方法!シャンプーやヘアケアでツヤ髪に!

髪の毛を艶ツヤにする8つの方法!シャンプーやヘアケアでツヤ髪に!

65,043ビュー

髪の毛が絡まる8つの原因と4つの対処法&絡まらないヘアケア対策

髪の毛が絡まる8つの原因と4つの対処法&絡まらないヘアケア対策

54,023ビュー

市販のヘアパック15選とおすすめの手作りヘアパックレシピ6選【徹底調査】

市販のヘアパック15選とおすすめの手作りヘアパックレシピ6選【徹底調査】

41,791ビュー

ひどい切れ毛の原因はなに?おすすめの対策方法11選も伝授

ひどい切れ毛の原因はなに?おすすめの対策方法11選も伝授

34,528ビュー