【要注意】紫外線が与える、髪と頭皮のダメージとケア方法

Pocket

毎日、外出するたびに気になるのが紫外線。

でも気にしているのは、顔、腕、足などの肌だけ…という方、多くありませんか?

外で一番、紫外線を浴びているのは頭です!髪や頭皮が受けるダメージを知って、しっかりと対策をとりましょう。

 

Contents

1 紫外線が髪に与えるダメージ

日焼けは要注意

出典:Pixta

常に太陽にさらされている頭は、顔に比べて2倍から3倍の量の紫外線を浴びていると言われています。髪が紫外線にさらされると、どのようなダメージを受けるのでしょうか。

1-1 髪が変色してしまう場合もあります

髪の色が変色します

出典:Pixta

紫外線が髪のメラニン色素を分解すると、髪の色が赤茶色のようになります。よく髪の表面と内側の髪の色が違ってくることがあるのは、このためです。ヘアカラーをしている髪はより髪の色が変わりやすくなります。綺麗な髪の色を保つために、ヘアカラーをしている人は特に注意が必要になります。

 

1-2 切れ毛・抜け毛が増えます

髪はタンパク質が結びついて出来ています。紫外線はタンパク質内のアミノ酸成分を酸化させる働きがあるため、髪が切れやすくなったり、抜けやすくなるという影響が出てきます。

 

1-3 パサつきが気になるようになります

パサつきが気になります

出典:Pixta

髪の毛のパサつきも紫外線の影響です。髪の水分が抜け、キューティクルが剥がれ落ちやすくなると髪の毛がパサつきます。

 

2 頭皮に与えるダメージ

髪と同じように、頭皮も紫外線の影響を受けます。つむじ部分だけ、頭皮の色が違う…なんて経験ありませんか?当然、顔などの他の肌と同じように紫外線の影響を受けます。

2-1 日焼けをして、頭皮が炎症を起こす場合があります

日焼けは炎症を起こす場合があります

出典:Pixta 

頭皮は他の肌と同じように日焼けをします。

日焼けをして黒くもなりますし、赤く炎症を起こすこともあります。

この炎症とは、やけどした状態と言えるので、毛根がかなりのダメージを受けています。そしてその影響は抜け毛や薄毛、白髪などの原因に繋がっていきます。

2-1-1 抜け毛を増やします

髪はタンパク質によって出来ています。紫外線を受けることでそのタンパク質が壊され、キューティクルが傷つき、髪は弱ってしまいます。その結果、髪が細くなり抜けやすくなります。

 

2-1-2 薄毛の原因に繋がります

薄毛の原因になります

出典:Pixta

紫外線によって毛乳頭細胞という髪に栄養を送る細胞がダメージを受けると、この細胞が上手く働かなくなり健康な髪を作ることが出来なくなります。すると髪が生えにくく、薄毛の原因となってしまうのです。

また頭皮は毛根から出てくる皮脂の量が多い場所です。紫外線を受けるとより多くの皮脂が分泌し、毛根を詰まらせてしまうため髪が育ちにくくなり、これも薄毛の原因に繋がります。

 

2-1-3 色素幹細胞にダメージを与え、白髪が生えやすくなります

紫外線を受けると、髪の色素を作る色素幹細胞にダメージを与えます。すると黒髪を作れなくなり、白髪が増える原因となるのです。

 

2-2 かゆみが出る場合があります

かゆい

出典:Pixta

頭皮についている皮脂が紫外線によって酸化し、かゆみを発生させます。紫外線が頭皮のかゆみの原因になるということは意外に知られていません。頭皮のトラブルに悩まされないよう、頭もしっかりと紫外線対策をとりましょう。

 

2-3 顔のハリ・弾力の低下

肌のたるみが気になります

出典:Pixta

頭皮の影響で一番恐ろしいのが、たるみです。紫外線が肌のコラーゲンやエラスチンを破壊すると、肌の弾力やハリが失われていきます。そして頭皮のたるみは、顔にまで影響してきます。頭皮と顔は繋がっているので、頭皮のケアは顔のケアと同じぐらい大切にしたい場所です。

 

3 頭皮・髪の紫外線対策

紫外線対策

出典:Pixta

では具体的にどのような対策をとれば、紫外線のダメージを少なくすることができるのでしょうか。しっかりと紫外線対策をして、若々しい髪を保ちましょう。

3-1 紫外線の予防方法

まずは紫外線から頭皮と髪を守りましょう。なんと老化の80%は、紫外線が影響していると言われています!日々の老化を止めることは出来ませんが、その老化が加速しないよう努力しましょう。

3-1-1 外出の際、帽子をかぶりましょう

帽子もおすすめ

出典:Pixta

簡単にできる予防対策としては、帽子をかぶることです。

帽子をかぶった後は、汗で蒸れたままにせずに、きちんと清潔に保つようにしてください。汗をかいたままにしておくと雑菌が繁殖し、かゆみなどのトラブルを引き起こしてしまいます。

帽子の素材についても、蒸れにくい通気性の良い素材にしたり、ゆとりのあるものを選ぶのもいいでしょう。最近は折りたためるもの、髪を結んでいてもかぶりやすいよう作られたもの、サイズ調節が可能なもの、様々な機能を持った帽子があります。あなたの用途に合わせた帽子を選ぶことが出来るので、おすすめです。

 

麦わら帽子 

ストローハット

出典:Amazon

折りたたみも出来て、サイズ、カラーバリエーションの豊富なストローハット。夏の暑い季節におすすめの帽子です。

販売価格:2,700円(税抜) ※2017年5月24日 Amazon調べ

詳しくはこちら>>Amazon

 

●つばの広い帽子

つばの広い帽子

出典:Amazon

つばが広いため、首辺りまでガードしてくれます。手洗いで洗濯できるのも、心強いですね。

販売価格:2,738円(税抜) ※2017年5月24日 Amazon調べ

詳しくはこちら>>Amazon

 

3-1-2 日傘を差して、紫外線を防ぎましょう

日傘で紫外線対策

出典:Pixta

帽子が苦手・・・というあなたには、日傘も日焼け対策に有効なアイテムです。

どちらにも抵抗がなければ帽子と日傘、両方を使うとより紫外線を受けにくくなります。

また日傘の色味は、白のような薄い色のものは紫外線を通しやすいので、黒・紺といった色の濃いものを選びましょう。もちろんUVカット効果のあるものを選ぶことが大事です。

 

ショートパラソル 日傘

 

日傘

出典:Amazon

シンプルなデザインの日傘です。遮光率100%の生地ですが、雨にも対応できる優れものです。

販売価格:1,980円(税抜) ※2017年5月24日 Amazon調べ

詳しくはこちら>>Amazon

 

3-1-3 日焼け止めを活用しましょう

スプレーもおすすめ

出典:Pixta

顔、腕などに塗る日焼け止めだけでなく、頭皮や髪用の日焼け止めも販売されています。多くはスプレータイプで、後頭部まで簡単に塗ることが出来ます。

種類によっては美容液成分が含まれているものもあり、紫外線対策プラス美髪ケアまで出来る優れものもあります。

 

ロレッタ おひさまなかよし UVケアシュー SPF50+ PA+++ 80g

ロレッタスプレー

出典:Amazon

可愛いパッケージのUVスプレー。髪にも身体にも使用できます。

販売価格:1,406円(税抜) ※2017年5月24日 Amazon調べ

詳しくはこちら>>Amazon

 

ママバター UV ケアミスト アロマイン 90ml

ママバターUVスプレー

出典:Amazon

ミストタイプのUVスプレー。普段使いに向いているスプレーです。

販売価格:1,623円(税抜) ※2017年5月24日 Amazon調べ

詳しくはこちら>>Amazon

 

3-1-4 髪の分け目を変えてみましょう

いつも同じ分け目でいる場合、そこに受ける紫外線のダメージは大きくなります。少しずつ分け目を変えていくと、上手に紫外線のダメージを分散させることが出来ます。

しかし、癖になっている分け目を変えるのは難しいですよね。そんな時は、

・シャンプー後などの髪を乾かすとき、ドライヤーを使って分け目を変える。

・新しく作った分け目の上にホットタオルを乗せて、跡をつける。

・ピンで留めて、しばらく置いておく。

というようなちょっとした手間で分け目が癖づきます。頭皮の紫外線対策になるので、ぜひやってみてください。

 

3-1-5 場所や時間を調節する

時間を選びましょう

出典:Pixta

紫外線の多い時間帯は、朝10時から昼14時頃までです。この時間帯を避けて外出するといいでしょう。

また出来るだけ日陰にいるようにするのも対策の一つです。日陰は日向と比べて紫外線の量は約半分になります。信号待ちなど、日陰で待つよう意識してみましょう。

子供との外遊びでは、日陰を確保するのは難しい・・・。

そんな時は、テントを組み立てて日陰で休める場所を作るのもおすすめです。

 

4 髪や頭皮が日焼けをした後のケア

すでに日焼けをしてしまった・・・。そんな時は日焼けをした後のケアが重要になります。きちんとケアをすることで、紫外線のダメージを減らすことが出来ます。

4-1 頭皮が日焼けをした場合は、冷やしましょう

シャワーで冷やしましょう

出典:Pixta

頭皮が日焼けをしてしまった場合、冷水シャワー・冷やしタオルなどで頭皮を冷やしましょう。かゆみを引き起こしている場合も炎症を落ち着かせることで、かゆみを鎮めることが出来ます。

 

4-2 正しい洗髪方法で髪を洗いましょう

日焼けをした頭皮や髪には、負担のかからない洗髪を心がけることも大事です。

ここでは頭皮がかゆくならない、正しいシャンプー方法を紹介していきます。

4-2-1 爪をチェック

シャンプーをする際、頭皮に爪が当たり傷をつけないように、爪にやすりをかけてなめらかにしておくことを心掛けましょう。ネイルアートなどで爪が常に長い場合は、シャンプーブラシの使用もおすすめです。

 

4-2-2 乾いた髪をブラッシング

ブラッシングすることで、汚れが浮きます

出典:PhotoAC

髪をブラッシングすることで頭皮や髪についたほこりや汚れなどが浮き、お湯だけでも落としやすくなります。

 

4-2-3 予洗いをしっかりしましょう

髪の表面や頭皮の汚れをしっかり流しましょう。ぬるま湯で約3分、指の腹を使い、髪と頭皮を洗います。この予洗いにより、かなりの割合の汚れを落とすことが出来ます。

 

4-2-4 シャンプーは軽く泡立ててから使いましょう

シャンプーは泡立ててから使いましょう

出典:PhotoAC

シャンプーを手にとったら、手のひらで軽く泡立てましょう。泡立てず、頭皮に直接つけると毛穴の奥までシャンプーが入ってしまい、すすいだだけでは落としきれずにシャンプーが頭皮に残ってしまう可能性があります。

また爪が当たらないように、指の腹を使い、頭皮を優しくマッサージするように洗っていきます。このように洗うことで血行が良くなり、皮脂の過剰分泌を減らすことが出来ます。

 

4-2-5 すすぎは念入りに、しっかり洗い流す

シャンプーが髪や頭皮に残っていると、それだけで炎症の原因になります。お湯で洗い流す際はすすぎ残しがないように、3分以上すすぎ流してください。耳の後ろ、前髪はすすぎ残しが発生しやすくなりますので、しっかりチェックしましょう。

 

4-2-6 リンス、コンディショナー、トリートメントは毛先~髪部分に塗りましょう

ヘッドスパ効果などがない通常のリンス、コンディショナー、トリートメントは、髪のダメージを補修するものです。頭皮や毛穴に入ってしまうと流しにくいので、毛先や髪にのみつけるようにしましょう。そしてしっかりすすぎ流しましょう。

 

さらに、髪のダメージが気になる場合は以下のトリートメントも行いましょう。

 

4-3 トリートメントは念入りに行い、艶髪を目指しましょう

4-3-1 ハンドプレスして水気を切りましょう

手のひらを合わせ、その間に髪の毛先を挟むように髪をプレスしましょう。水気が多いとトリートメントが流れてしまうのでしっかりと水気をとってから行いましょう。

 

4-3-2 適量を手に取り、髪の毛の中間部分から毛先へ塗りましょう

耳のあたりからトリートメント剤を塗りましょう

出典:PhotoAC

トリートメントを適量手に取り、手のひらに広げます。指と指の間にまで広げましょう。そして手ぐしでとかすように髪の毛の中間(耳の横辺り)から毛先に向かって塗布します。根元にまでトリートメントをつけてしまうと、せっかくキレイに洗った毛穴を埋めてしまうことになりかねないので、注意しましょう。

 

4-3-3 毛先にトリートメントをもみこみ、浸透させましょう

毛先にもみこみましょう

出典:https://jp.fotolia.com

指の腹を使い、毛先へトリートメントをもみこみます。毛先のざらつきが気にならなくなれば完了です。

 

4-3-4 蒸しタオルでパック

蒸しタオルをつくり、髪を包み、パックします。髪を温めることによりキューティクルが開き、トリートメントの浸透力が高まります。

 

4-3-5 しっかりと洗い流しましょう

髪や頭皮の毛穴にトリートメントが残らないように、しっかりと洗い流してください。

 

こちらの記事もおすすめ>>市販のトリートメントでプロも驚きのツヤ!ランキング35選

 

4-4 日焼けをした頭皮には、化粧水で潤いを与えましょう

日焼けをして水分を失った頭皮には、水分補給が必要です。顔をケアするのと同じように、化粧水でしっかりと水分を与えましょう。普段使っている化粧水で構いません。

 

5 まとめ

髪や頭皮の紫外線対策が、他の肌と同様に必要なことがわかってもらえたでしょうか。

髪や頭皮が受けた紫外線のダメージを元に戻すことは難しいです。しかし今から対策することで、これから受けるダメージを最小限にすることは出来ます。

今まで対策を怠っていたあなた、今からでも遅くはありません。顔と同じように髪や頭皮にもしっかりと紫外線対策を行って、今の髪を守っていきましょう。

 

Pocket

おすすめ記事

関連する記事

市販のトリートメントでプロも驚きのツヤ!ランキング37選

市販のトリートメントでプロも驚きのツヤ!ランキング37選

566,850ビュー

人気のヘアクリーム20選!今日からヘアケア始めましょう!

人気のヘアクリーム20選!今日からヘアケア始めましょう!

101,887ビュー

サロン御用達!人気ヘアトリートメントランキング

サロン御用達!人気ヘアトリートメントランキング

72,375ビュー

あこがれの艶髪へ!パサパサ対策おすすめトリートメント20選

あこがれの艶髪へ!パサパサ対策おすすめトリートメント20選

45,490ビュー

必読!パサパサ髪をしっとりさせる4つの方法

必読!パサパサ髪をしっとりさせる4つの方法

36,742ビュー