【PEEK-A-BOO 川島文夫 Part2】ショートは日本人の魅力を引き出す!Undoneショートヘアのすすめ

peekaboo
Pocket



▼施術動画▼



▼インタビュー動画▼



PEEK-A-BOO / 代表 川島文夫さん

 

・PROFILE

1971年ロンドンのヴィダルサスーンに参加し、フランスやイタリアなどで活躍する中、1975年に帰国。1977年東京・表参道に「PEEK-A-BOO」をオープン。以後、確かな技術と洗練されたスタイル提案で、第一線に立ち続けている。カリスマと呼ばれる美容師からもリスペクトされる、日本の美容師界の開祖とも言われる人物。


前回、「WASH & GO」「WASH & AIR」という、忙しい現代女性のライフスタイルに沿った提案をしてくれた、美容業界のカリスマ中のカリスマである川島さん。今回は、その提案を実現したヘアスタイルを作ってもらった。

前回の記事はコチラ>>【PEEK-A-BOO 川島文夫 Part1】働く女性に提案するヘアスタイルは「WASH & GO」「WASH & AIR」

 

――今回提案してくださったヘアスタイルは、思い切ったショートですね。

僕が1970年代初頭、初めてロンドンに行ったときは、逆毛を立てたスタイルや斬新に切られたAラインボブなど、“ライン”の強いスタイルが多かった。僕はショートヘアの髪の動きは、日本人の魅力を引き出すと思っているので、それを土台にしたショートヘアを提案したいと思っています。

最近、「抜け感」という言葉を耳にしますが、僕はその言葉はあまり好きじゃない。僕が提案するのは「Undone(=未完成。この場合“無造作”など)」。きちんとした髪型なんだけど、作り過ぎない。風が吹いているわけじゃないけど、揺れ動いている感じがする。ヘアカットは建築と同じで、ベースがしっかりしていれば絶対に壊れない。漠然と切るのではなく、髪の1本1本がどの方向に落ちるか、しっかり見極めた上でカットをしなければいけないのです。

peekaboo

peekaboo

 

――モデルさんのスタイルの、カットのポイントを教えてください。

骨格に合わせてレイヤーを入れた、グラデーションカットがベースです。襟足とサイドは自然に短くして、トップと後頭部は長めに残して高低をつけます。この“奥行き”が知的な印象を与えます。“知的”じゃないショートヘアは、おしゃれではない。ショートヘアは常に“知的に見せること”。そこに向かってデザインしなければならないのです。

 

――ヘアアイロンやカーラーを使わずに、ブローだけでこんなにボリュームが出ることに驚きです。

先ほど後頭部にボリュームをつけると言いましたが、膨らみすぎはNG。そのあたりを見極めながら、根元からブラシを入れ、ドライヤーの熱を与えながらしっかり立ち上げる。指で前髪を自然にサイドに流して、動きをつければできあがり。道具をいろいろ揃えなくても、10本の指があればどんな髪型だってできるんです。

 

peekaboo

――カラーリングについて、ご説明をお願いいたします。

表面に明るい色と暗い色をすじ状に入れて、立体感や動きを出す「ウィービング」を取り入れています。こうすることで髪の傷みを軽減することが可能になります。さらに、根元にはハイライト、毛先にはローライトを入れ、さらに深みや奥行きを出しています。ヘアカラーは地毛の髪色より2レベル上げて、華やかさを出すことがアンチエイジングの基本です。

 

peekaboo

――モデルさんのアレンジヘアについてのご説明もお願いいたします。

トップと中間をヘアアイロンで巻いて、パーティー仕様の華やかアレンジに仕上げました。長い髪は25mm、短い髪は19mmとヘアアイロンを使い分けています。仕上げは手で無造作にかきあげて、ニュアンスをプラス。こんな思いきったゴージャス感が出せるのが、ショートヘアのいいところだと思います。

 

――最後にBeauty Airをご覧のみなさんにメッセージをお願いいたします。

ヘアスタイルもヘアケア剤も、自分にどんなものが合うのか、試してみなくちゃわからない。自分に合うものを探し求める、その“旅”が美しさを加速させます。何もしないでキレイにはなれません!思い切って挑戦してみてください。すべてのヘアカットはデザインから始まります。そのデザインを生み出すのは、我々PEEK-A-BOOです。スタッフ一同、日々気合いを入れて笑顔でお待ちしております!

 

 

PEEK-A-BOOでは肌、髪、頭皮に合わせて開発されたサロンコスメティックス「エステシモ」を使い、髪、頭皮、心の3つをケアし、健康でストレスのない髪の状態に整える「エステシモ ヘッドスパ」(¥6、000~)など、オリジナルのヘッドスパメニューも充実しています。

【PEEK-A-BOO 青山】

東京都港区北青山3-6-16表参道サンケイビル2F

TEL:03-5466-6311

10:00~21:30(火~金曜)

10:00~20:00(土曜・祝日)

10:00~19:00(日曜)

定休日:月曜日

www.peek-a-boo.co.jp

 

カメラ(スチール、動画)/大根大和

取材・文/山西裕美(T.V.エディターズ)

 

Pocket

関連する記事

【artifata CHIKA Part1】ハリウッドのレッドカーペットより、サロンワークを。原点回帰を選んだ世界のCHIKA、その理由とは?

【artifata CHIKA Part1】ハリウッドのレッドカーペットより、サロンワークを。原点回帰を選んだ世界のCHIKA、その理由とは?

5,563 views

【PEEK-A-BOO 川島文夫 Part1】働く女性に提案するヘアスタイルは「WASH & GO」「WASH & AIR」

【PEEK-A-BOO 川島文夫 Part1】働く女性に提案するヘアスタイルは「WASH & GO」「WASH & AIR」

2,958 views

【artifata CHIKA Part2】魅力を引き出し、女性の美を目覚めさせる。 変身企画でライフワークを貫く情熱の源とは?

【artifata CHIKA Part2】魅力を引き出し、女性の美を目覚めさせる。 変身企画でライフワークを貫く情熱の源とは?

2,762 views

【BEAUTRIUM 川畑タケル】芸能界指名No.1のレジェンド 唯一無二の天才と呼ばれる秘密

【BEAUTRIUM 川畑タケル】芸能界指名No.1のレジェンド 唯一無二の天才と呼ばれる秘密

2,435 views

【LOVEST青山 by air 木村直人 Part2】「サロン」の既成概念を壊す――新しいビジネスの在り方を求めて

【LOVEST青山 by air 木村直人 Part2】「サロン」の既成概念を壊す――新しいビジネスの在り方を求めて

1,561 views

SNSでもご購読できます。