現役美容師が教える!ヘアカラーの色落ちを防ぐ5つの対策方法

Pocket

「美容室できれいな髪色に染めてもらったのにすぐに色落ちしてしまった…。」というお悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか?せっかく染めたその髪色、少しでも長く保ちたいですよね。

そこで今回はヘアカラーの色落ちを防ぐ方法を現役の美容師さんに教えてもらいました。毎日のケアで髪色を長持ちさせましょう!

1 ヘアカラーが色落ちする原因

色落ち出典:https://unsplash.com/

ヘアカラーの色落ちは、髪を覆っているキューティクルが剥がれ、内部の染料が流れ出てしまうことで起こります。まずはその原因として挙げられるものをご紹介します。

1-1 洗浄力の強いシャンプー

洗浄力の強いシャンプーを使うことでキューティクルにダメージを与え、色落ちしてしまいます。
商品裏の配合成分欄に「ラウレス硫酸ナトリウム」や「ラウリル硫酸ナトリウム」という洗浄成分の記載があるものは洗浄力が強いシャンプーと言えます。

1-2 ドライヤーやヘアアイロンなどの熱ダメージ

ドライヤーの風は吹き出し口付近だと120℃以上の高温になっていることがあります。高温の風を髪に当て続けることで熱ダメージと乾燥でキューティクルが開き、ヘアカラーが色落ちしてしまいます。
また、ヘアアイロンやコテも同様です。100℃以上の高温で髪をスタイリングするため、ダメージの原因になります。

1-3 濡れた髪を自然乾燥させる

濡れている髪はキューティクルが開いていて、とてもデリケートな状態になっています。その状態のまま自然乾燥させてしまうと、キューティクルが開いたまま髪が乾くため、染料が流れ出やすくなったり、ダメージを受けやすくなってしまいます。そのため、自然乾燥をさせることは絶対にやめましょう

1-4 紫外線ダメージ

紫外線は髪のアミノ酸の結合を壊し、それによってキューティクルが剥がれてしまうことで内部のたんぱく質を流出させてしまいます。そのとき、染料も一緒に流れ出てしまうため、色落ちしてしまいます。肌だけでなく、髪も紫外線対策が必要なのです。

 

2 色落ちしやすい色、しにくい色がある?

ヘアカラーには色落ちしやすい色としにくい色があります。その色の違いを、現役の美容師さんに教えていただきました。

教えてくれたのは…
学芸大学 BRITS 店長/スタイリスト 小山さとこさん

小山さとこ

2-1 「アッシュ系」や「明るいカラー」は色落ちしやすい

日本人の髪には、赤色や黄色の色素が多く入っています。
アッシュ系のカラーにするためにブリーチをすると、黄色が出やすくなります。黄色はアッシュ系のカラーの正反対の色のため、アッシュ系の寒色カラーが入りづらく、色落ちしやすいという特徴があります。

また、明るい髪色も色落ちしやすいです。
ヘアカラーは薬剤でキューティクルを開いてメラニン色素を抜き、その後に髪に染料を入れてその入れた染料の分子が髪の内部で大きくなって中に留まることで染まるという仕組みです。しかし、明るい髪色(髪)は、抜くメラニン色素の量が多く、さらに入れる染料の色素が薄く、中に留まりにくいため色を入れても維持する力が少なく、色落ちが早い傾向があります。そして、大抵の明るいカラーは明るくするためにブラウン味を抑えているので、色が深く入りにくく、すぐに落ちてしまいます

2-2 「赤系」や「暗いカラー」は色落ちしにくい

上でもお伝えしたように日本人の髪は赤みが強いので、赤系のカラーは比較的色が残りやすいです。
また、色味をしっかり入れて暗めのカラーにすることで色落ちしにくくなります。希望の明るさよりも1~2レベルほど下げて(暗くして)染めることによって染料がしっかりと入り、褐色も楽しめるカラーになります。

 

3 ヘアカラーの色落ちを防ぐ対策方法5選

3-1 ヘアカラーをした当日はシャンプーをしない

シャンプー出典:https://pixta.jp/

ヘアカラーの染料が髪に定着するまでには、約24時間以上かかります。つまり、色落ちを防ぐためにその間はシャンプーをしない方が良いです。ただ、皮脂やほこりなどの汚れも蓄積するため、ヘアカラーをした当日だけはシャンプーを控えるようにしましょう
また、その後のシャンプー時はぬるま湯を使うことで色落ちを防ぐことができます

3-2 洗浄力の優しいものやカラーケアに特化したものを使う

シャンプー出典:https://pixta.jp/

洗浄力の優しいシャンプーを使うことで髪に与えるダメージが少なくなり、色落ちを防ぐことができます。
洗浄力の優しいシャンプーとしておすすめなのが「アミノ酸シャンプー」。髪と同じアミノ酸を由来とした洗浄成分で保湿効果やダメージケア効果もあります

また、ヘアカラーの色落ちを防ぐことに特化したカラーケアシャンプーやカラートリートメントを使うこともおすすめです。ヘアカラーの色味によって使用するシャンプーが異なるので(紫やピンクなど)、より髪色の色持ちが良くなります。

【関連記事】
>>ヘアカラーの色落ち防止にアミノ酸シャンプーをおすすめする理由!
>>アミノ酸シャンプーおすすめランキング20選!髪や頭皮に優しい人気商品
>>カラーシャンプーで髪色長持ち!使い方とおすすめ商品7選

3-3 ドライヤーやヘアアイロンの使い方を見直す

ドライヤー出典:https://pixta.jp/

ドライヤーを当てる際は、吹き出し口を髪から約15~20cmほど離し根元から毛先に向かって風を当てていきます。このとき、一箇所に風を当て続けないようにしましょう
また、ヘアアイロンやコテを使う際は設定温度と当てる時間に気をつけましょう。

3-4 紫外線対策を行う

紫外線対策出典:https://pixta.jp/

髪の紫外線対策には、帽子や日傘の使用がおすすめです。
また、髪や頭皮にも使えるUVスプレーもあり、シューっとスプレーするだけで紫外線ダメージを防いでくれる優れものです。

【関連記事】
>>髪や頭皮の紫外線ケアにおすすめの対策8選!髪や頭皮を日焼けから守る
>>紫外線から髪を守る!日焼け止めスプレーおすすめランキング12選

3-5 アウトバストリートメントを使用する

アウトバストリートメント出典:https://pixta.jp/

お風呂上がり、ドライヤーで髪を乾かす前にアウトバストリートメント(洗い流さないトリートメント)をつけることでドライヤーの熱ダメージを軽減することができ、色落ちを防ぐ対策になります。
このときおすすめなのが、オイルタイプとミルクタイプのアウトバストリートメントです。この2タイプは髪をコーティングするため、髪内部にトリートメント成分を浸透させつつ、染料や水分を外に流れ出ることを防ぐ効果があります。

【関連記事】
>>市販ヘアオイル人気ランキング14選!ダメージケアとスタイリングにおすすめ
>>ヘアミルクおすすめ15選!選び方や効果的な使い方も教えます

 

4 まとめ

ヘアカラーが色落ちする原因や対策方法を美容師さんにお聞きしました。
ヘアカラーの色落ちに悩んでいた方は、今回ご紹介した対策方法を是非実践してみてください!いつもと比べて色持ちの良さに驚くはずです。

 


今回ご協力いただいたのは…
『BRITS(ブリッツ)』

ブリッツ

ブリッツ

ブリッツ

学芸大学駅西口を出て、スターバックスとファミリーマートのある交差点を右に曲がります。曲がって80mほどいった所の左手がお店です。緑色のドアが目印となっています。

◆ 住所 ◆
〒152-0004
東京都目黒区鷹番3-14-2 ディアコート鷹番1F

◆ 電話番号 ◆
03-6451-0553

◆ 営業時間 ◆
【平日/土曜】10:00~20:00(最終受付)
【日曜/祝日】10:00~19:00(最終受付)

◆ 定休日 ◆
毎週火曜日/第3月曜日
(第3月曜日は祝日の場合を除く)

◆ HP ◆
http://brits-tokyo.com/sunhair_top.html

 


 

Pocket

おすすめ記事

関連する記事

ヘアカラーの色見本って?自分に似合う髪の色【パーソナルカラー】を知ろう

ヘアカラーの色見本って?自分に似合う髪の色【パーソナルカラー】を知ろう

507,645ビュー

市販のヘアカラーで髪を傷めない方法!おすすめのヘアカラー7選

市販のヘアカラーで髪を傷めない方法!おすすめのヘアカラー7選

167,322ビュー

黒髪にも染まる!人気カラートリートメント15選!

黒髪にも染まる!人気カラートリートメント15選!

103,018ビュー

市販のヘアカラーおすすめ6選!セルフでキレイに染まる使い方とケア方法も!

市販のヘアカラーおすすめ6選!セルフでキレイに染まる使い方とケア方法も!

58,723ビュー

人気のヘアカラーを大調査!「あなたに似合う」カラーとは?

人気のヘアカラーを大調査!「あなたに似合う」カラーとは?

38,525ビュー

白髪をアッシュに染める市販のカラートリートメントおすすめ5選!

白髪をアッシュに染める市販のカラートリートメントおすすめ5選!

26,635ビュー

40代女性におすすめのシャンプー人気10選!髪もエイジングケアを!

40代女性におすすめのシャンプー人気10選!髪もエイジングケアを!

14,444ビュー

カラーシャンプーで髪色長持ち!使い方とおすすめ商品7選

カラーシャンプーで髪色長持ち!使い方とおすすめ商品7選

14,367ビュー

カラートリートメントで色持ちUP!アッシュ系カラーには青色がおすすめ

カラートリートメントで色持ちUP!アッシュ系カラーには青色がおすすめ

8,033ビュー