髪色のもと『メラニン色素』とは

Pocket

1 髪色が違う理由とメラニン色素の種類

ブロンドやブルネット、栗色に黒髪、白髪、、、人種の違いや年代など、毛髪の‟色”は十人十色です。

なぜ、このように髪色には違いがあるのでしょうか?

毛髪には‟メラニン”という色素が含まれていて、このメラニンの「種類」と「有無」によって、髪の色が違ったものとなります。

メラニン色素には「ユーメラニン」と「フェオメラニン」の2種類があり、この組み合わせの比率やそれぞれの顆粒の大きさや量によって、黒・茶・赤・ブロンド・白などの髪色の違いになります。

「ユーメラニン」は‟真正メラニン”ともいわれ、この比率が多いと黒色や茶色の髪になります。日本人の髪が黒色掛かっているのはユーメラニンが大量に含まれるためです。

また、歳を重ねるとともに髪の色が灰~白色に変化するのは髪に含まれるユーメラニンが減少するためです。

「フェオメラニン」は‟亜メラニン”ともいわれ、この比率が多いと黄色やオレンジ色の髪になります。欧米人の髪にブロンドが多いのはフェオメラニンの比率が多いためです。

Beautiful young woman with natural makeup and silky blond hair. Beauty shot isolated on white background. Copy space.

出典:pixta.jp

2 メラニン色素がつくられるまで

メラニンは「メラノサイト」といわれる色素細胞で作り出されます。

メラノサイトは毛根の最深部の器官「毛乳頭」部分に、細胞分裂して毛髪を造り出す「毛母細胞」とともに存在します。

メラニンはアミノ酸の一種である「チロシン」が酸化酵素「チロシナーゼ」の働きによって酸化重合して合成され、ユーメラニンとフェオメラニンの複合体がメラニン色素と呼ばれます。

pixta_25260731_M

出典:pixta.jp

 

髪が白髪になる理由

このメラノサイトが加齢などの原因により働きを止めてしまうと、メラニン色素の無い髪=白髪になります。

もとがブロンドでも赤毛でも黒髪でも、高齢の方が白髪になっていくのはこのためです。

Portrait of beautiful senior woman

出典:pixta.jp

Pocket

おすすめ記事

関連する記事

市販のトリートメントでプロも驚きのツヤ!ランキング37選

市販のトリートメントでプロも驚きのツヤ!ランキング37選

566,850ビュー

くせ毛に効果!おすすめシャンプー口コミランキング25選

くせ毛に効果!おすすめシャンプー口コミランキング25選

213,788ビュー

人気のヘアクリーム20選!今日からヘアケア始めましょう!

人気のヘアクリーム20選!今日からヘアケア始めましょう!

101,887ビュー

サロン御用達!人気ヘアトリートメントランキング

サロン御用達!人気ヘアトリートメントランキング

72,375ビュー

いまさら聞けない「モロッカンオイル」を徹底解説

いまさら聞けない「モロッカンオイル」を徹底解説

63,847ビュー