ヘアカラーの色落ち防止にアミノ酸シャンプーをおすすめする理由!

Pocket

ヘアカラーできれいな髪色に染まったのに、日ごとに色落ちして1ヶ月も持たない…と悩む人は多いのではないでしょうか。せっかくのヘアカラーを色落ちさせてしまう原因のひとつに、実は毎日使っているシャンプーが関係していたのです!

そこで、今回はヘアカラーが色落ちする原因から長持ちさせる方法、おすすめのシャンプーまで、すぐに実践できる色落ち防止対策をまとめました。これを機に自分の使っているシャンプーやヘアケア方法が間違っていないか、改めて確認してみてください。

Contents

1 ヘアカラーが色落ちする主な原因

色落ち出典:PIXTA

おしゃれ染めや白髪染めのヘアカラーは、髪の表面のキューティクルを開かせて薬剤を髪内部に浸透させ染毛しています。このキューティクルが何らかの原因で開いたままになっていたり、傷んで剥がれてしまうと、せっかく着色した色素が外に流れ出てしまいやすくなり、早く色落ちしてしまうのです。

では、どんなことでキューティクルが開いたりダメージを受けてしまうのか、その主な原因を見ていきましょう。

1-1 髪が既にダメージを受けている

ダメージ出典:PIXTA

もともと髪のダメージが激しくキューティクルが傷んでいる場合、ヘアカラーをしても色落ちが早くなってしまいます。

髪はキューティクルで覆われており、それが閉じることで色素の流出を防いでくれるのですが、ダメージが激しい場合はキューティクルが開いたままになっているため、色素が流れ出やすくなります。そのため、ダメージの少ない髪よりも色落ちが早くなってしまいます

1-2 洗浄力の強いシャンプーを使用している

洗浄力の強いシャンプー出典:PIXTA

洗浄力が強いシャンプーは頭皮や髪への刺激が強く、キューティクルが剥がれやすくなってしまいます。健康的な髪でも、毎日使い続けているとキューティクルがもろくなり、髪の栄養成分や色素が流出しやすくなってしまいます。

特に高級アルコール系の洗浄成分でラウリル硫酸など、●●硫酸と書かれている洗浄成分は刺激が強く、ヘアカラーをした髪には不向きです。

1-3 間違ったシャンプー方法

シャンプーは正しい方法で行えているでしょうか?基本のヘアケアだからこそ、間違った方法で髪に負担を与え続けていると大きなダメージになってしまいます。

例えば、シャンプーを直接頭皮につけてから泡立てていると摩擦でキューティクルにダメージを与えることになります。爪を立ててシャンプーをしていると、頭皮自体が傷ついて乾燥に繋がります。

また、シャンプーやトリートメントのすすぎが十分でない場合も頭皮と髪に悪影響を与えます。さらに、濡れている状態の髪は特にデリケートですので、キューティクルがダメージを受けやすくなっていることを覚えておいてください。

1-4 ヘアケアが不十分である

毎日生活をする中で、シャンプーやドライヤー、ヘアセット、紫外線など、髪はさまざまな場面で少しずつダメージを受けています

トリートメントやヘアオイルなどを使い、ヘアケアをしておくとダメージを最小限に留めることができますが、それらのケアを怠った場合は徐々にダメージが進行していきます。そうすると手触りや見た目が悪くなるだけでなく、ヘアカラーの色落ちにもつながっていきます。

 

2 アミノ酸シャンプーでヘアカラーの色落ちを防ぐ

アミノ酸シャンプー出典:PIXTA

色落ちの原因にも挙げたように、毎日使っているシャンプーによって、ヘアカラーの色持ちの良し悪しは大きく影響してきます。そこでおすすめしたいのが、アミノ酸シャンプーです。

ここでいうアミノ酸シャンプーとは、洗浄成分の主成分にアミノ酸系洗浄成分を使っているもので、少しだけアミノ酸系成分を含んでいて大半にラウレス硫酸などの高級アルコール系洗浄成分を使っているようなものは対象としません。

2-1 アミノ酸シャンプーの特徴

アミノ酸シャンプーがヘアカラー後の髪にどうして良いのか、その特徴に沿ってさらに詳しく説明していきます。

2-1-1 洗浄力

洗浄力は比較的穏やかです。必要な皮脂を奪うことなく、不要な汚れはしっかり落としてくれます。頭皮や髪を乾燥させることがなく、負担が少ないシャンプーです。

穏やかな洗浄力でキューティクルを傷つけることがなく色落ちの防止にもつながります。

2-1-2 泡立ち

泡立ちは穏やかで、モコモコと泡立つものは少ないようです。今までのシャンプーと比べると泡立ちが悪いと感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、そのせいで汚れが落ちないということはありません。

どうしても泡立ちが欲しいという方は、アミノ酸系の成分に泡立ちや洗浄力をサポートする成分(グルタミン酸、ラウリルベタインなど)が配合されているものを選びましょう。最近では、アミノ酸シャンプーでも泡立ちの良い商品も出ています。手でしっかりと泡立てて髪を包み込むようにして洗うと、よりキューティクルに優しく洗い上げることができます。

2-1-3 色落ちへの効果

アミノ酸シャンプーは洗浄力が穏やかだとお伝えしましたが、これがヘアカラー後の髪にはとても重要なことです。髪にダメージを与えることがないので、カラー剤の流出を防いでくれます

キューティクルを引き締めるといった効果もありますので、髪にツヤが出るだけでなく、ヘアカラーが長持ちするといった特徴があります。

2-1-4 頭皮を健やかに保つ

洗浄力が穏やかで、頭皮を乾燥させることがないアミノ酸シャンプーは、頭皮を清潔に保ちながら必要な皮脂は残してくれるので、フケや毛穴詰まりが起こりにくくなります

トラブルが起こりにくいため、頭皮のかゆみや赤みが気になる方にもおすすめできます。頭皮が健やかになるということは、髪が健康に育つことにつながり、色落ちが緩やかになることにもつながってくるのです。

2-1-5 しっとりまとまりやすい髪に

保湿効果が高く、髪がパサつきにくくなります。毎日使うことでまとまりの良いしっとりした髪に仕上がります。また、キューティクルを引き締める効果があるので手触りも良くなります。キューティクルが整えば、褪色も進まなくなります

 

3 色落ち防止におすすめアミノ酸シャンプー6選

アミノ酸シャンプーといっても、さまざまなメーカーから販売されすぎていて違いが分からないという方も多いのではないでしょうか。今回は、サロン専売品とドラッグストアでも手に入る商品、それぞれのおすすめをご紹介していきます。

3-1 サロン専売品のアミノ酸シャンプー

より高品質なものを求める方、定期的にサロンへ通うという方にはこちらがおすすめです。近くのサロンで取り扱いがない!という場合は通販でも手に入りますので、併せてご覧ください。

3-1-1 チャップアップ / CUシャンプー

チャップアップ出典:Amazon

公式サイトはこちらamazonはこちら

頭皮の悪影響になる成分は無配合。シャンプーをしながらスキンケアができ、髪にツヤと潤いをしっかり補給します。

販売価格:¥4,180(税込) ※2018年4月 公式サイト調べ
内容量 :300ml
香り  :フルーティーローズ

3-1-2 モーガンズ / ノンシリコン アミノ酸 ヘアシャンプー

モーガンズ出典:Amazon

公式サイトはこちらamazonはこちら

天然植物由来成分を96%以上配合。20種類の天然アミノ酸と天然植物由来成分が内側からしっかり補修。19種類のアミノ酸成分と5種のエモリエントオイルを配合し、なめらかな泡立ちでドライヤーやパーマ、ヘアカラーなどで傷んだ髪と頭皮を包み込み、正常な状態へ導いてくれます。ノンシリコン・ノンケミカルとは思えないほど、ボリューム感のあるサラサラな髪が実感できます。

販売価格:¥3,348(税込) ※2018年4月 Amazon調べ
内容量 :300ml
香り  :オリエンタルな香り

3-1-3 フラガールシャンプー

フラガールシャンプー出典:フラコスメ

公式サイトはこちら

アミノ酸由来の洗浄成分100%にこだわり、髪と頭皮をモチモチふわふわな泡で洗浄するシャンプーです。髪にボリュームを与えるパンテノールとグリチルレチン酸2K配合で、髪の根元からふわっと立ち上げハリとコシを与えてくれます。

販売価格:¥2,160(税込) ※2018年4月 公式サイト調べ
内容量 :250ml
香り  :ハイビスカスの香り

3-2 ドラッグストアで買えるアミノ酸シャンプー

最近は市販でもアミノ酸シャンプーが増えています。ただし、中にはアミノ酸洗浄成分がごくわずかしか配合されていないものもあるので、成分表をしっかり確認してから購入するようにしてください。

3-2-1 いち髪 / 濃厚W保湿

いち髪出典:Amazon

amazonはこちら

髪のしなやかさをアップさせ、芯から美しい健康な髪に導きます。

販売価格:¥924(税込) ※2018年4月 Amazon調べ
内容量 :480ml
香り  :杏と桜の香り

3-2-2 ジュレームアミノ / ダメージリペア

ジュレームアミノ出典:Amazon

amazonはこちら

18種類のアミノ酸配合。ダメージを受けた髪もしなやかでみずみずしい髪に導きます。

販売価格:¥964(税込) ※2018年4月 Amazon調べ
内容量 :500ml
香り  :果実の香り

3-2-3 HIMAWARI / ひまわりオイルインシャンプー

HIMAWARI 出典:Amazon

amazonはこちら

髪のダメージ補修はもちろん、うねりや歪みも同時にケアして素直で扱いやすい髪に導きます。

販売価格:¥883(税込) ※2018年4月 Amazon調べ
内容量 :500ml
香り  :エレガントフローラル

 

4 その他のヘアカラーの色落ちを防ぐ対策法

4-1 退色をケアするカラーケアシャンプーを使う

ヘアカラー後の髪の特徴を捉えて作られているカラーケア用のシャンプーもおすすめです。キューティクル保護成分や色素流出を防ぐ成分が配合されており、ヘアカラーが定着しやすい状態を作ってくれます。

配合成分や配合量が少ない場合もありますので、パッケージの成分表示を確認するようにしましょう。また、カラーケア用として販売されていても、洗浄力の強い界面活性剤が使用されている場合はおすすめできません

4-1-1 ナンバースリー / PROACTION for C.シャンプー

ナンバースリー出典:Amazon

公式サイトはこちらamazonはこちら

定着したカラーはそのままに、髪表面の汚れだけを洗い流してくれるカラーヘアーのためのシャンプーで、マイルドな洗浄力でヘアカラーによるダメージを抑えてくれます。
髪のpHを健康な状態に戻す成分やコルテックス層を強化して髪にツヤと弾力を与える毛髪保護成分を配合し、カラーリング後の髪をいたわりながらカラーの褪色を遅らせてくれます。

販売価格:¥2,050(税込) ※2018年4月 Amazon調べ
内容量 :1000ml

4-1-2 ビューティーエクスペリエンス / THROW HAIR COLOR CARE シャンプー モイスト

THROW出典:THROW公式サイト

公式サイトはこちら

こだわりのニュアンスヘアカラーブランド「THROW」から、初のヘアケアラインが4月4日にデビューしました。
ヘアカラーの色落ちの要因である洗浄効果に注目し、独自の処方設計により褪色抑制とカラーダメージケアの両方を叶えてくれます。アミノ酸系を主体とした洗浄成分のマイナスイオンと、毛髪保護成分のプラスインがシャンプー中に反応してイオン結合することで、毛髪表面にプロテクトフィルムを形成。それが染料の流出を防ぐポイントになるようです。

販売価格:¥3,024(税込) ※2018年4月 公式サイト調べ
内容量 :300ml

4-1-3 MINERAL FUSION / カラーキープ シャンプー

MINERAL FUSION 出典:インターナショナルコスメティックス株式会社

amazonはこちら

アメリカで人気のナチュラルコスメブランド「ミネラルフュージョン」が昨年11月に日本に上陸。その中のヘアケアラインは、頭皮や髪の健康のために必要なミネラルを補ってくれます。
カラーキープシャンプーは、ミネラル豊富なクレイ成分が頭皮を優しく洗浄し、カラーリングをはがすことなく汚れだけを洗い流します。アルガンオイルやモンゴンゴシードオイルが、カラーで傷んだ髪に潤いを与え、ツヤのある髪へと導きます。

販売価格:¥1,944(税込) ※2018年4月 Amazon調べ
内容量 :250ml

4-2 正しいシャンプー方法を実践する

正しいシャンプー出典:PIXTA

間違ったシャンプー方法は髪のダメージ、色素の流出に繋がります。毎日のことですから、しっかりと正しい手順でシャンプーをするようにしましょう。

4-2-1 シャンプー前のブラッシング

シャンプーをする前は、髪をブラッシングしましょう。このとき、根元からではなく毛先から梳かすようにしましょう。そうすることで汚れが浮き、しっかり落としやすくなります。

4-2-2 予洗いする

まずはぬるま湯で頭皮を洗っていきます。指の腹でマッサージをするように洗いましょう。ここでほこりなどの大体の汚れが落ちます。

4-2-3 泡で洗う

シャンプーを手に取り泡立てます。先に手のひらで泡立てておくことで、髪を摩擦から守る効果があります。そのまま頭皮を中心に洗い、髪は上から下へ流すように洗います。

4-2-4 十分にすすぐ

すすぎは念入りに行いましょう。シャンプーよりも時間をかけるイメージで、しっかりすすいでいきます。最後は毛先を中心にトリートメントを塗り、しっかり洗い流します。頭皮につくとべたつきや毛穴詰まりの原因になりますので注意してください。

>>現役美容師も自宅で実践!正しいシャンプーの方法とは?

4-3 トリートメントでヘアケアをする

トリートメント出典:PIXTA

基本のヘアケアですが、ヘアカラー後の一週間はぜひ毎日取り入れましょう。この一週間でしっかりケアをしておくと、後々の色落ちに差が出てきます。特に、カラーケア用のトリートメントは補習効果が高く、色素流出を防ぐ成分や毛髪保護成分なども含まれているのでおすすめです。

>>【美容師が解説】市販のトリートメントでプロも驚きのツヤ!おすすめランキング37選
>>トリートメントの頻度と正しいやり方!美容室でする場合と効果は違うのか?

4-4 ヘアオイルで髪を保護する

髪が乾燥した状態でのブラッシングや、コテやアイロンを使うときの熱によるダメージも色落ちに繋がります。まずはヘアオイルを髪になじませ、保護することを心がけましょう。特にヘアカラー後は乾燥しやすい状態ですので、毛先を中心にしっかり保湿しましょう。

>>オーガニック表記に注目!市販で人気のヘアオイルおすすめ11選
>>【最新版】口コミあり!今女性に人気のおすすめプチプラヘアオイル5選

4-5 濡れた髪はすぐに乾かす

髪はすぐに乾かす出典:PIXTA

4-5-1 タオルドライ

ドライヤーを長く当てると熱によるダメージを受けてしまうので、あらかじめタオルドライをしておきましょう。ゴシゴシこするのはキューティクルが剥がれる原因になりますのでやめてください。ぎゅっとタオルで髪を挟むようにして、水分を拭き取ります

4-5-2 ドライヤー

髪を乾かしていきます。ドライヤーは20cm程度髪から離し、頭皮に風を送るように乾かしていきます。こまめに手を動かし、全体にまんべんなく風が届くようにしましょう。

大体乾いたところで、ヘアブラシを使ってブローしていきます。キューティクルの流れを整え、しっかり乾かします最後に冷風を当て、キューティクルを閉じましょう。

>>【2017年最新】あの有名人も愛用!?最強のドライヤー13選

4-6 髪のUVケアで色落ちを防ぐ

忘れがちなのが髪のUVケアです。紫外線は一年中降り注いでいますので、知らない間にダメージを受けることも少なくありません。帽子や日傘を使う、UVカットスプレーを使うなどして髪を守りましょう。

>>髪や頭皮の紫外線ケアにおすすめの対策8選!髪や頭皮を日焼けから守る

4-7 ヘアカラーをした日のシャンプーは控える

ヘアカラーをしてすぐは色素が髪の内部に浸透していない状態です。そのため、カラー当日、できれば染めてから24時間程度はシャンプーをしないことが色を長持ちさせるコツです。

ただ、最近は使用しているカラー剤によっては当日にシャンプーしても良いものもあるので、シャンプーをしても大丈夫かどうか美容師さんに確認するようにしましょう。当日のシャンプーを避けた方が良いと言われた場合、整髪料などをつけるとべたつきが気になりやすいので、ブローのみで仕上げてもらうのがおすすめです。

 

5 まとめ

いかがでしたでしょうか?アミノ酸シャンプーがヘアカラー後の髪にぴったりな理由がお分かりいただけたかと思います。

一口にアミノ酸シャンプーと言っても、メーカーやブランドによってこだわりや仕上がりが異なりますので、好みのものを見つけてくださいね。ヘアカラー後のケアに力を入れて、美しい髪色を保ちましょう!

 

Pocket

おすすめ記事

関連する記事

ヘアカラーの色見本って?自分に似合う髪の色【パーソナルカラー】を知ろう

ヘアカラーの色見本って?自分に似合う髪の色【パーソナルカラー】を知ろう

431,023ビュー

コスパも最強!おウチでヘアカラー市販品ランキングベスト7

コスパも最強!おウチでヘアカラー市販品ランキングベスト7

137,893ビュー

人気のヘアカラーを大調査!「あなたに似合う」カラーとは?

人気のヘアカラーを大調査!「あなたに似合う」カラーとは?

32,715ビュー

セルフヘアカラーにおすすめ!ヘアカラー市販の人気商品6選

セルフヘアカラーにおすすめ!ヘアカラー市販の人気商品6選

14,438ビュー

白髪をアッシュに染める市販のカラートリートメントおすすめ5選!

白髪をアッシュに染める市販のカラートリートメントおすすめ5選!

10,943ビュー

現役美容師が教える!カラーを長持ちさせるヘアケアのコツ

現役美容師が教える!カラーを長持ちさせるヘアケアのコツ

4,644ビュー

40代女性におすすめのシャンプー人気9選!髪もエイジングケアを!

40代女性におすすめのシャンプー人気9選!髪もエイジングケアを!

3,358ビュー

髪思いの脱色をしよう!~脱色前の心得と脱色後のケア方法~

髪思いの脱色をしよう!~脱色前の心得と脱色後のケア方法~

3,233ビュー

流行りの紫シャンプー(ムラシャン)その効果と魅力に迫る!

流行りの紫シャンプー(ムラシャン)その効果と魅力に迫る!

2,145ビュー