パーマの仕組み ②薬剤のはたらき

Pocket

1 「パーマをかける」とは?

出典:pixta

「パーマをかける」ことを化学的に説明すると‟毛髪のシスチン結合を「還元」して「酸化」する”ということになります。

パーマ液は1剤と2剤に分かれており、1剤で「還元」作用を、2剤で「酸化」作用を行います。

「還元」とは毛髪のシスチン結合を切断することで、「酸化」とは切断したシスチン結合を再結合することです。

この「切断」と「再結合」のはたらきを利用して、毛髪のロッドを巻き付けた状態で結合を切断し、再結合することで髪にウェーブを作っていきます。

 

2 1剤のはたらき

出典:pixta

1剤の成分は以下の3つに大別されます。

➀還元剤

⇒ 毛髪のシスチン結合を切断(還元)します。

⇒ 還元剤の種類はチオ系/シス系/システアミン/その他、さまざまな種類があり、それぞれに違った仕上がりや質感となります。

 

②アルカリ剤

⇒ 毛髪を膨潤させ、キューティクルを開き、還元剤の毛髪内部への浸透を促します。

⇒ 一般的に、pHがアルカリ性に傾くほどパーマがかかりやすくなりますが、毛髪への負担も大きくなります。

 

③その他(添加剤)

⇒ 感触の向上、毛髪補修、頭皮への刺激緩和、などの効果成分です。

 

このように、3つの要素を組み合わせることで2剤は構成されています。

 

3 2剤のはたらき

出典:pixta

➀酸化剤

⇒ 1剤で切断(還元)したシスチン結合を再結合(酸化)します。

⇒ 酸化剤の種類はブロム酸系/オキシ(過酸化水素)系などがあり、それぞれに仕上がりの質感の違いがあります。

 

②その他(添加剤)

⇒ 感触の向上、毛髪補修、頭皮への刺激緩和、などの効果成分です。

 

サロンでは、何タイプかの薬剤をストックしてあり、お客様の髪質やダメージレベル、目指す仕上がりのイメージに併せて最適な薬剤を選択し、使用しています。

 

前回の記事はこちら ⇒ パーマの仕組み ①毛髪の結合とは?

続きはこちら ⇒ パーマの仕組み ③薬剤の種類

Pocket

おすすめ記事

関連する記事

市販のトリートメントでプロも驚きのツヤ!ランキング37選

市販のトリートメントでプロも驚きのツヤ!ランキング37選

566,850ビュー

くせ毛に効果!おすすめシャンプー口コミランキング25選

くせ毛に効果!おすすめシャンプー口コミランキング25選

213,788ビュー

人気のヘアクリーム20選!今日からヘアケア始めましょう!

人気のヘアクリーム20選!今日からヘアケア始めましょう!

101,887ビュー

サロン御用達!人気ヘアトリートメントランキング

サロン御用達!人気ヘアトリートメントランキング

72,375ビュー

いまさら聞けない「モロッカンオイル」を徹底解説

いまさら聞けない「モロッカンオイル」を徹底解説

63,847ビュー