気になりだした白髪、みんないつからケアしているの?

Pocket

朝、鏡の前で「あれ・・・白髪?」。

白髪を見つけると、なんだか一気に自分が年老いたような気がしてしまい、憂鬱な気持ちになりますよね。家族ですらあまり気になるほどでない白髪であっても、当の本人はとても気になってしまうものでしょう。

「私もいよいよ白髪染めをしなきゃいけないの?」なんて思う反面、あまり白髪の本数が多くないうちから白髪染めをしてしまうと、髪の毛や頭皮を傷めてしまいそうな気もします。

今回は、白髪がどれくらいになったら白髪染めをすればよいか、そのタイミング、また白髪が少ない時におすすめのケア方法をご紹介しましょう。

1 白髪が生え始めるタイミング

何歳から白髪が生え始めるのでしょうか?

一般的には35歳前半、とよく言われていますが、実際は40代半ばを過ぎても白髪がないという人もいます。

年齢というより遺伝や体質、ストレス、食事や睡眠時間など生活習慣の影響が大きいと言われています。

ストレス

出典:Pixta

【白髪の原因、気になるあなたにおすすめ記事】

「若白髪」に本気で悩んでいる方だけ、読んでください。

【ちらほら白髪発見】自分に当てはまる白髪の原因と対策を探る

 

2 白髪染めをすべき段階ってあるの?

白髪が生え始めたときに悩むのが、白髪染めを始めるタイミングですが、いざ自分で白髪染めを使うとなると決心が必要ですよね。

特に受け入れがたい年齢で見つけてしまった白髪ですから、白髪染めに抵抗がある方も多いのではないでしょうか?白髪染めをすべき段階というのはありませんが、美容室では一般的に髪全体に占める白髪の割合が3割を超えると、お客様に白髪染めを勧めることが多いようです。

男性、女性によっても深刻度合いは異なるのかもしれませんが実際に見つけてしまった以上は、その白髪をそのままにしておく訳にはいかないですよね。憂鬱な白髪は早急にケアをしましょう。

憂鬱

出典:Pixta

 

3 白髪染めにも方法がある?

白髪を染めようと思うと美容室で染める方法と、スーパーやドラッグストアなどで市販の白髪染めを買ってきて自宅のお風呂場で染めるセルフカラーと呼ばれる方法の2種類があります。

それぞれの特徴をメリット、デメリットを含めて詳しくご紹介しましょう。

詳しく

出典:Pixta

3-1 美容室

美容室で白髪を染める仕組みは市販の白髪染めと変わりませんが、美容師さんがあなたの髪の細さや色、コンディションを見た上で薬剤を調合し、施術してくれるのでダメージが最小限で済みます。

ただし、メリットだけとは言い切れませんので、美容室で白髪染めをするメリット、デメリットを整理しましょう。

美容室

出典:Pixta

3-1-1 美容室で白髪染めをするメリット

・自分の髪質に合った薬剤を使うので髪や頭皮へのダメージが少ない
・仕上がりがムラなく綺麗に染まる
・自分が染めたい色に仕上がる
・購入や準備、後片付け不要
・色持ちが良い

3-1-2 美容室で白髪染めをするデメリット

・コストがかかる
・(予約や施術など)時間的な拘束を要す
・美容室に出向かなければならない

3-2 市販の白髪染めで染める(セルフカラー)

美容室に比べて大きく異なるのは時間と費用、この2大負担の軽減です。

準備は多少面倒くさいですが、自宅の浴室でできてしまうので予約も必要なく、自分の都合に合わせて行うことができますし、染毛剤を塗って浸透を待つ時間もシャワーキャップをすれば、その間に簡単な家事をすることもできます。白髪染めもスーパーマーケットやドラッグストアで容易に入手できますし、1,000円未満で売られているものもあります。

ただし市販の白髪染めは、どんな髪質の人でも失敗なく、きちんと染まるように強めの薬剤を使用しているものが多い上に、染め残しやムラを気にするあまり、薬剤を多くつけてしまうので、受けるダメージはとても大きいです。

白髪染めを自分でするメリットとデメリットも整理してみましょう。

カラー

出典:Pixta

3-2-1 セルフカラーによる白髪染めのメリット

・施術時間が自分の都合に合わせられる、染めたいときに染めることができる
・自宅でできるので移動の手間や時間が不要
・プロ仕様と異なり、経済的な価格

3-2-2 セルフカラーによる白髪染めのデメリット

・強い薬剤による髪の毛や頭皮へのダメージが小さくない
・手の届きにくい部分など色ムラができやすい
・色持ちが悪い
・トラブルが起こっても自己責任になる

 

4 白髪染めによるダメージについて

美容室、自宅ともにダメージがあると聞くと、気になるところですよね。

そこで白髪染めによるダメージについてお話ししましょう。

ダメージ

出典:Pixta

4-1 白髪染めの仕組み

白髪染めの髪を染める仕組みは通常のヘアカラーと同じです。

多くの白髪染めは2種の薬剤で染めていく2剤式と呼ばれるもので、1剤で髪の毛のキューティクルを開き、染料が入りやすくなったところで、その開いたキューティクルから間接染料、直接染料、カプラーという3つの成分を髪の内部に浸透させます。

その状態でもう1つの薬剤である過酸化水素をつけることで髪の内部で化学反応を起こし、髪本来の色を漂白、脱色してそれと同時に発色します。この2つが髪内部で結合することによりサイズが大きくなることでキューティクルのすき間より大きくなり、それにより色が定着します。

簡単に言うと、髪を漂白させて無色の状態にし、そこに染毛剤を浸透させて、色を入れ、染めるのです。

髪

出典:Pixta

4-2 髪の毛と頭皮へのダメージ

染料を入れるにあたってキューティクルを強引に開かせるわけですから、ダメージは当然あり、枝毛や切れ毛の原因にもなります。

また、これらに含まれる刺激の強い薬剤により、頭皮もダメージを受けます。

体質によってはアレルギーを引き起こすこともあります。

ダメージ

出典:Pixta

4-3 白髪染め以外の方法もある

まだ、ちらほら白髪であれば、いきなりダメージのある白髪染めをするのには抵抗もあるでしょうし、わずかな白髪のために他の髪の毛や頭皮にダメージを与えるのは嫌だなと思いますよね。

そんな方におすすめなのが、ダメージのない白髪ケア方法として人気のヘアカラートリートメントと呼ばれるものです。

※ヘアカラートリートメントは「染毛料/化粧品」に分類されています。使用時の髪質や体調などもあり、全ての方にダメージがないわけではありません。

 

5 ヘアカラートリートメント

ヘアカラートリートメントはトリートメントの中に染料を混ぜたもので、入浴時、シャンプー後に通常のトリートメントのように使用します。ダメージを与えるどころかトリートメント効果で髪を補修し、白髪も目立たないようにケアするという、初期のちらほら白髪には是非おすすめしたいヘアケアアイテムです。

ケア

出典:Pixta

5-1 使い方

一般的にはシャンプーをした後、トリートメントをするのと同じようなステップで髪にヘアカラートリートメントを伸ばしながら塗り、染料が浸透するよう5~10分程度放置してから洗い流すだけです。

しっかりと色を入れたいという場合は、乾いた髪にカラートリートメントを伸ばしながら塗っていきます。色ムラにならないよう、目の細かいクシを使って丁寧に伸ばしていきましょう。

使い方

出典:Pixta

5-2 デメリットも知っておこう

ダメージなしに気になる白髪がケアできるので、初期のちらほら白髪には白髪染めよりもおすすめとお伝えしましたが、どんなものにもデメリットはあります。

どうせならば「想像と違った」とならないよう、使用する前にカラートリートメントのデメリット部分も知っておきましょう。

5-2-1 染まり方が弱い

脱色せずに染めるので、1回使用しただけでは実感するほど染まりません。特に白髪でない部分だと感じにくいと思います。

1度で実感しなくともトリートメントですから、毎晩入浴時に使用することで3回目くらいから気になる白髪が徐々に染まり、1週間くらい集中的に使用することで、白髪でないその他の髪と同化してきます。

1回の使用で実感するほど染まらないのがデメリットでもありますが、その反面で職場や友人、周囲に白髪を染めたことが気づかれにくいというメリットとして使用する方も少なくありません。

5-2-2 退色

カラートリートメントの染料は弱く、シャンプーをする度に退色するので色持ちは10日前後と言われており、半永久的ではありません。

ただしトリートメントなので、継続的に毎晩使用していれば、そのようなことも起こりませんし、退色速度をゆっくり遅らせる効果のある専用シャンプーもあるので、それらと併用することでデメリットを解消することができます。

5-3 ヘアカラートリートメントをおすすめする2つの理由

まとまった白髪が出てしまったのなら、多少のダメージがあったとしても白髪染めによるケアをおすすめするかもしれません。

しかし、ちょっと生えてきた程度の白髪初期状態であるあなたにヘアカラートリートメントをおすすめするのには大きく2つの理由があります。

ダメージ

出典:Pixta

5-3-1 髪や頭皮に優しい

白髪をケアする代償が大きい白髪染めと違い、髪の毛や頭皮に優しいことが理由の1つです。

ダメージがないどころか、白髪を染めるのと同時に髪の傷んだ箇所の補修もし、さらさらにしてくれます。

5-3-2 導入が手軽

生活習慣への取り込みやすさ、手軽さもポイントでしょう。

大掛かりな準備やケアをした後の片付けも必要なく、シャンプー後のトリートメントをヘアカラートリートメントに変えるだけ。また施術だって髪全体に塗って10分ほど放置し、シャワーで洗い流すだけという手軽さがあります。

カラー

出典:Pixta

 

6 おすすめのヘアカラートリートメント5選

白髪初期のあなたにヘアカラートリートメントがおすすめと急に言われても「どれを選べばいいか分からない」ですよね。

そこで特におすすめしたい、特徴的なカラートリートメントを5種ピックアップしてご紹介しますので、あなたの基準で是非選んでみてください。

6-1 フラガール リッチ 白髪ケアトリートメント

<品質と使いやすさが人気>

生え際にアプローチしやすい先端が細くなった独特なチューブと、初心者でも染め残しやムラになりにくく、髪に均等に馴染ませてくれる専用設計のコームが扱いやすいと人気のヘアカラートリートメント。

美容成分で頭皮環境を整え、使用後の髪もしっとり仕上がります。ハリ、コシを与えてくれるトリートメント効果が高く、ファンやリピーターが多いのも人気の証です。

フラガール リッチ

出典:フラコスメ

通常売価:¥3,456(税込) ※2017年12月 公式サイト調べ

内容量:170g

カラー展開:全5色(ブラック、ダークブラウン、ブラウン、ディープブラウン、ディープアッシュ)

6-2 レフィーネ ヘッドスパトリートメントカラー

<知名度で選びたい人におすすめ>

ドイツの増毛、ウィッグで有名なスヴェンソンのヘアカラートリートメントです。増毛メーカーらしくスカルプケア成分や頭皮・毛髪ケア成分、トリートメント成分を配合し、白髪をケアしつつも頭皮を健やかに保ち、髪を労わってくれます。

レフィーネ

出典:Amazonamazonはこちら

販売価格:¥1,944(税込) ※2017年12月 Amazon調べ

内容量:140g

カラー展開:全5色(ダークブラウン、ライトブラウン、マロンブラウン、ローズブラウン、ナチュラルブラック)

6-3 くろめヘアカラートリートメント

<こだわりのブラックが特に人気>

関アジ関サバの漁場で採れた、昆布くろめを使用したヘアカラートリートメントで、昆布成分が髪と頭皮を労わってくれます。

くろめ

出典:Amazonamazonはこちら

販売価格:¥2,980(税込) ※2017年12月 Amazon調べ

内容量:200g

カラー展開:3色展開(ライトブラウン、ダークブラウン、ブラック)

6-4 ルートヴァニッシュヘアカラートリートメント

<有名カラリスト監修>

ハリウッドで人気のカラーリストが監修したヘアカラートリートメント。

染めるというより、髪表面に付着して色づけるマニキュアタイプで、色合いへのこだわりが強い方におすすめです。

ヴァニッシュ

出典:Amazonamazonはこちら

販売価格:¥4,980(税込) ※2017年12月 Amazon調べ

内容量:150g

カラー展開:3色展開(ブラック、ダークブラウン、ライトブラウン)

6-5 50の恵 頭皮いたわりカラートリートメント

<染料の強さと安さが魅力>

1回でたっぷり使用しなければいけませんが、ヘアカラートリートメントとしては染料が強く、週1回の使用でもしっかり染まります。販売価格の安さが魅力です。

50の恵

出典:Amazonamazonはこちら

販売価格:¥1,158(税込) ※2017年12月 Amazon調べ

内容量:150g

カラー展開:3色(ダークブラウン、ライトブラウン、ブラック)

 

7 まとめ

いかがでしたか?

白髪が気になる気持ちは分かりますが、白髪がまだ少ないうちに白髪染めをし、白髪をケアする代償にまだ健康な黒髪や頭皮にダメージを与えてしまっては意味がありません。本格的に白髪染めする前にまずはヘアカラートリートメントを活用してケアしてみましょう。

使用する度に、ゆっくりと染まるので周囲に気づかれることもなく、またダメージをまったく気にせずに白髪ケアができます。

ぜひこの機会にヘアカラートリートメントを使って、憂鬱な悩みから一刻も早く解放されましょう。

 

Pocket

おすすめ記事

関連する記事

【2017年最新】市販で買える白髪染めオススメランキングTOP17

【2017年最新】市販で買える白髪染めオススメランキングTOP17

682,486ビュー

白髪染めでも明るい色に染められる?その方法はこちらです!

白髪染めでも明るい色に染められる?その方法はこちらです!

109,211ビュー

もう迷わない!カラートリートメントおすすめランキング

もう迷わない!カラートリートメントおすすめランキング

76,128ビュー

「あえて」白髪染めないカッコイイ女性になるために知りたい6つのこと

「あえて」白髪染めないカッコイイ女性になるために知りたい6つのこと

74,129ビュー

白髪染めシャンプーの本当のことが知りたい!口コミ全部教えます!

白髪染めシャンプーの本当のことが知りたい!口コミ全部教えます!

65,554ビュー